フォークリフトのヘルメットや安全靴に着用義務ってあるの?

フォークリフトを扱う倉庫や工場で作業員は皆んなヘルメットを被ったり安全靴を履いています。

あのヘルメットや安全靴は法律的に着用義務があるのでしょうか?

今回はフォークリフトのヘルメットや安全靴は義務なのかなのかを説明します。

スポンサーリンク

フォークリフトにヘルメットの義務はあるのか?

答えを言うと着用義務はあります。

これは労働安全衛生規則539条に記されています。

(保護帽の着用)

第五百三十九条 事業者は、船台の附近、高層建築場等の場所で、その上方において他の労働者が作業を行なつているところにおいて作業を行なうときは、物体の飛来又は落下による労働者の危険を防止するため、当該作業に従事する労働者に保護帽を着用させなければならない。
2 前項の作業に従事する労働者は、同項の保護帽を着用しなければならない。

引用:中央労働災害防止協会

フォークリフトの安全靴は義務なのか?

さて安全靴は着用義務があるのでしょうか?

実はこちらも着用が明記されています。

(安全靴等の使用)

第五百五十八条 事業者は、作業中の労働者に、通路等の構造又は当該作業の状態に応じて、安全靴その他の適当な履(はき)物を定め、当該履(はき)物を使用させなければならない。
2 前項の労働者は、同項の規定により定められた履(はき)物の使用を命じられたときは、当該履(はき)物を使用しなければならない。

引用:中央労働災害防止協会

フォークリフトに足を踏まれると超危険

フォークリフトに乗車する作業員やそこで働いている作業員は基本的に安全靴を履くことが義務づけられています。

これは荷物の落下やフォークリフトの爪、フォークリフトそのものに踏まれるなどあらゆる可能性から安全性を考慮した場合に足を守る為に非常に大切になってくるからです。

フォークリフトは小型車両に見えますが実は4トンから6トン以上にもなるのです。

軽自動車で計算するとなんと6台から9台ほどの重さに放っているするんです。

さらにこのリフトで荷物を持ち上げるわけですからとんでもない重量となります。

こんなものに足を踏まれるとひとたまりもありません。

フォークリフトが走り回っている現場を普通の靴で歩くのは危険極まりない行為といえます。

なので全ての作業員やドライバーに安全靴は必需品となっています。

こんにちは。 長距離トラック運転手のイッシーです。 今回はドライバーが気をつけないといけない交通事故以外の事故をいくつか書いてみたい...

フォークリフト専用の安全靴ってあるの?

フォークリフト専用の安全靴というものはありません。

基本的に安全靴は安全靴です。

しかし安全靴にも紐付きやマジックテープタイプ、ハイブーツタイプがあったりと種類は様々です。

ハイブーツタイプはカゴや台車を引っぱる時にカカトを保護してくれます。

安全靴以外の現場での安全対策とは!

安全靴以外にも安全対策が施されています。

作業服

作業服も体を守るのにかかせないアイテムです。

長袖、長ズボンが基本となっています。

夏場は半袖でもいいですが、半ズボンでの作業はNGです。

肌がでてるいる部分が増えれば増えるほどケガをするリスクは高まります。

フォークリフトの技能講習に安全靴は必要なのか?

フォークリフトの技能講習は様々なところで開催されています。

作業服と安全靴持参が基本となっていますが、教習所によっては運動靴(スニーカー)でもいいところもあります。

必ず当日までに確認をしておきましょう。

安全靴の履き心地とは!

安全靴のつま先部分には分厚い鉄板が入っています。

慣れないうちはその鉄板部分につま先や小指があたって少し痛みを感じる方もいるかもしれません。

履き心地もごわごわした感じは否めません。

しかし履き慣れてくると全然気にもならなくなります。

さいごに

まとめ

今回はフォークリフトのヘルメットや安全靴の着用義務について書きました。

法的に着用義務は存在します。

安全のためにも必ず着用したほうがいいです。

また安全靴には色とりどりの靴もあり作業員やドライバーの間ではファッションの一つとして人気の靴もあります。

安全性とファッションも兼ねて考えるといいかもしれませんね。

トラックの運転手は色んな靴を履きます。 長距離のトラック運転手は仕事中はつま先に硬い鉄板の入った安全靴を履かないといけません。 しかし運...
スポンサーリンク