トラック運転手はガラが悪くチンピラが多かった!今もそうなの?

トラックの運転手って怖い人多いですよね、と昔からよく言われてきました。

そのイメージは今だにあるようです。

さて実際は今でもそうなのでしょうか?

スポンサーリンク

トラック運転手は今でもガラが悪い?

トラックの運転手はトラック野郎の時代からガラが悪くチンピラが多いとされてきました。

実際僕がこの業界に入った20年前はヤンキー上がりの本職のようなドライバーがめっちゃ多かったです。

現場でも道路でも喧嘩が多く配車係の言う事なんか聞かずに文句ばかり言っていいコースをもらって当たり前だと言わんばかりのどうしようもないドライバーがゴロゴロいました。

スピードリミッターも付いていなかったあの時代は、気にくわない車を高速道路でも平気で止めるような連中もいました。

今話題になっている東名高速あおり運転死亡事件のような車を止める行為は実はよくあったんです。

それを自慢げに話すドライバーもいました。

そんな事ばかりしてるから世間では嫌われてドライバーという職業自体が世間体が悪く底辺職とまで言われるようになりました。

どの世界でもそうですが、そうゆう連中のせいで真面目に働いている人間までもが誤解をされました。

トラック運転手は世間一般的にはイメージはあまりよくありません。 僕は20年近く大型トラックで長距離運転手をしていますが、それはひしひし...

現状はどうなのか?

残念ながらそういう人は全くいません、と言えば嘘になります。

しかしものすごく減ったのは事実です。

トラックの運転手には到底見えないような大人しそうなドライバーもいます。

今はお客さんが業者を選ぶ時代です。

ガラの悪い文句ばかり言うドライバーは荷主からも嫌われて出入り禁止になり仕事を失います。

ようは「走ってやってる」から「走らせてもらっている」の時代にかわったのです。

時代についていけないドライバーは淘汰されますし居心地も悪くなるでしょう。

さいごに

ドライバーという職業はある程度の強さが必要です。

肉体的にきつい仕事だからです。

ただこれからはリミッターと同じで気持ちにブレーキをかけれない人は住みにくくなっていきます。

見た目ではなく中身までガラが悪くチンピラのような方はどの世界でも淘汰されていくかもしれません。

僕は現役の長距離トラック運転手です。 この仕事に自信とプライドを持ってやっています。 しかし今だに世間で底辺職というイメージが払拭で...
ネットでトラックの運転手は底辺職だとよく言われています。 底辺職ランキングや一覧でもトラックの運転手は常に上位で、もはや底辺職の代名詞...
スポンサーリンク