性格診断テスト

グッドポイント診断

ドライバー職に自分が向いているのか性格診断テストでチェックしてみませんか?

僕が20年以上ドライバーをやってこれたのも結論から言うと向いていたからです。

ドライバーに自分が向いているのか、または他に向いている職業があるのかは非常に重要な問題です。

そういった方にまず試して欲しいのが「グッドポイント診断」です。

スマホやパソコンで簡単にできます。

無料で今すぐ性格診断 >>

この「グッドポイント診断」は大手転職サイトのリクナビNEXTが無料で提供しています。

本格的な性格診断テストで非常に信頼性が高いテストとなっています。

ドライバー職は特殊な職業なので自分の性格を知っておいたほうがいいです。

\本当にドライバーに向いてる?/

無料で今すぐ性格診断スタート >>

リクナビNEXTに登録後は必ず職務経歴書まで作成しましょう。
そうすると思いがけない企業から好条件でのスカウトを受けることがあります。
もちろん無料のサービスなので使うとお得です。
転職の幅が広がります。

診断のやり方

診断の方法は3段階でかなり簡単です。

  1. 登録
  2. 質問スタート
  3. 診断結果

登録してスタートすると質問が出てくるので順番に答えていくだけです。

回答が終わると「18種類の強み」要素の中からあなたの強みを抽出してくれます。

診断テストの結果に出てくるコメントもなるほどなぁと自分のことながら感心してしまいます。

グッドポイント診断

結局のところ、仕事の向き不向きは性格によります。

例えば「社交性」が抽出された人はコミュニケーションや対話が重要視される接客や営業職が向いていると言えます。

「自立性」が出た人は独立できる軽貨物個人事業主の仕事が向いていると言えるでしょう。

ドライバーとして20年以上のキャリアがある僕から見て必要とされる「強み」は以下です。

1.俊敏性

現場でダラダラすると怒られる場合もあります。
俊敏に動けないと運転手は勤めりません。

2.冷静沈着

ドライバーは自分の思い通りにならないことが多いです。
例えば渋滞ですね。
いちいち腹を立てる人はドライバーには向いてません。

3.受容力

ドライバーは時にお客さんや会社から無理難題を言われる場合があります。
本当にり無理な場合は断る決断力も必要ですが否定から入るのではなく1度受け入れて冷静に判断する力が必要です。

4.挑戦

ドライバーは毎日が挑戦です。
「よっしゃ、今日もやるぞ」と出勤前に自分で気持ちを上げることができる人は向いてます。

5.自立

ドライバーは出発すると自分一人です。
誰も変わったり助けたりしてくれません。
臨機応変に自分でしっかりと判断できる能力が求められます。

このように「グッドポイント診断」は自分の性格がドライバーに向いているのかをチェックできます。

ひょっとするとドライバー以外に向いている職業が見つかるかもしれません。

\本当にドライバーに向いてる?/

無料で今すぐ性格診断スタート >>

登録後は必ず職務経歴書まで作成して下さい。
転職エージェントや採用企業からのオファーが受け取れません。
思いがけない企業からのスカウトを受けることもあるのでお得です。
簡単に作成できます。