ドライバーが気をつけないといけない交通事故以外の事故とは!

こんにちは。

長距離トラック運転手のイッシーです。

今回はドライバーが気をつけないといけない交通事故以外の事故をいくつか書いてみたいと思います。

交通事故は命に直結する危険な事故ですが、ドライバーという仕事をしていると、交通事故以外にも様々な気をつけないといけない事故があります。

スポンサーリンク

リフトでの事故!

トラックの運転手は現場によってはリフトに乗らないといけない事があります。

もちろんリフトの免許もドライバーにとっては必需品になります。(会社による)

リフトで人や荷物を突いたり踏んだりするのも怖いですが、リフトの事故で最も怖いのがリフトの転落事故です。

バックして、そのままホームの下に転落するという事故です。この事故を起こすと死亡率はかなり高いです。

フォークリリフトは以外に重く、普通現場にあるリフトは車両重量は2トンから4トンほどあります。

荷物を持つと更に重くなるわけです。小さいながらに車より全然重いんですね。

これでホームの下に転落したらどれだけ怖いか想像できますよね。

ホームの上でのリフト操作は特に気をつけないといけません。

荷物事故!

荷物事故とはお客さんの荷物を破損したり、壊したりすることを荷物事故といいます。

ダンボールケースが少しめくれてしまう小さな荷物事故から数百万円も請求が来るような大きな荷物事故まであります。

リフトで荷物を突き刺したり倒したりする場合もあるし、上に積まれた荷物の重さで下の荷物を潰してしまうこともあります。

このような事故をなくすには積み込み時にしっかりと積んだり、軽い荷物は重い荷物の上に積むなど、ある程度の経験が必要になってきます。

そして荷物事故は会社によってはドライバーに請求される事もあります。

実際に私の会社でも20万以下の荷物事故なら自腹、それ以上なら保険を使って免責代5万円を払わないといけません。

いまでこそ荷物事故は減りましたが、初心者のうちは高い勉強代を払わされました。

トラックとホームの間に注意!

雑貨の仕事ではトラックの後ろの扉(カンノン)を開けてホームに接車します。

そこの間の隙間に足を突っ込んでしまう事故がたまにあります。

ここの隙間に足を突っ込んでしまうわけです。

写真のように普通はトラックとホームの間は鉄板を置いて台車やリフトがトラックの中を出入りできるようにします。

その鉄板を引いてるつもりで歩いてしまい、足をスポッと踏み外してしますわけです。

これは大変な大怪我をする時があります。

私も経験がありますが、スネを思いっきりけずったり股が裂けたりしました(^-^;

まとめ

今回はトラックの交通事故以外に気をつけないといけない事故について書いてみました。

この他にも様々な事故が発生する可能性があります。

起こりうる状況を常に想定して事故が起きないような仕事をすることを求めらます。

安全第一で頑張りましょう^ ^

スポンサーリンク