トラック運転手は底辺なのか?底辺職ランキングについて思うこととは!

ネットでトラックの運転手は底辺職だとよく言われています。

底辺職ランキングや一覧でもトラックの運転手は常に上位で、もはや底辺職の代名詞になっています。

僕は長距離の運転手でかれこれ20年近く飯を食べています。

今回はトラックの運転手が底辺職だと言われている事について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

底辺職とは

そもそも底辺職とは何なのか?

何をもって底辺職というのか定義は難しいですよね。

おそらく皆さんが持たれているイメージとしてはきつい、汚い、危険の3Kではないでしょうか?

さらに低賃金やガラの悪い職業といった感じでしょうか。

私の職業もトラック乗りは底辺だとよく言われます。

なぜなら上記の底辺職の定義にかなり当てはまっているからです。

きつい、危険、ガラが悪いといったところでしょうか。

底辺職ランキング一覧を見て思うこととは!

トラックの運転手はよく底辺職だと書かれていますがランキングの他の職業を見ていると、どの職業もみんなにとって大切な必要のある職業に思えるんですよね。

どれかが欠けると困る人も間違いなくいると思います。

ここでは職業の名前はあげませんが、僕にとってはなくなると困る職業ばかりです。

別に誰も無くせとは言っていませんが、実は底辺職だと言われる理由に問題があるのかなと思います。

トラック運転手が底辺職だと言われる理由はガラの悪さ?

僕自身もトラックに乗る前の運転手のイメージはあまりよくありませんでした。

ガラの悪い怖い人たちが多いように見えていました。

実際この業界に入ってみると、もちろんガラの悪い人もいましたが 笑

実際にはいい人がほとんどで高学歴のドライバーもいらっしゃいました。

しかし一部のドライバーには一般車を煽ったりゴミを投げたりなどする光景を見ることもありました。

学歴不問で免許さえあればできる職業であることも底辺職だと言われる所以だと思います。

近年、運送業界は大変厳しい規制が強いられてきました。

そこにきてサービスの向上や時間指定などの求められるものも高くなってきました。

昔いた一部のマナーの悪いドライバーは生き残れなくなると思います。

業界全体でイメージの向上や働きやすい環境作りを目指す必要があると思います。

トラックの運転手ってチンピラばっかりじゃん! これは今でも言われるセリフです。 未だにそんなイメージのあるトラックの運転手ですが実際...
トラック運転手は世間一般的にはイメージはあまりよくありません。 僕は20年近く大型トラックで長距離運転手をしていますが、それはひしひし...

まとめ

まとめ

今回はトラック運転手は底辺職なのかについて書いてみました。

底辺職の定義は基準が難しいところですが3Kや4K、ガラが悪いイメージなどで当てはめると結構当てはまる部分もあります。

しかしながら誰かがやらなくてはいけない需要のある職業です。

きつい、危険は仕方のないことですがガラが悪いなどのイメージは業界全体の努力で改善していくしかなさそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク