トラック運転手の年収を簡単に60万以上アップする3つの方法とは!

トラック運転手の年収を上げる方法

給料があと5万円あったらなぁ

トラックドライバーなら誰しも思ったことがあると思います。

たかが5万円、されど5万円、簡単そうで難しい給料5万円アップのハードルは意外も高いものです。

この記事ではそんな給料5万円、年収で60万円以上をアップさせる方法を3つご紹介しています。

スポンサードリンク

トラック運転手の年収を短期間で60万上げるには!

年収を60万円上げるには月々の給料ベースで5万円以上のアップが必要になります。

月に5万円となると日給で約2000円以上、今より稼ぐ必要があります。

日給で2000円アップってなんとかなりそうですよね。

それでは具体的に月5万円アップを目指す3つの方法をご紹介していきます。

その1 会社に交渉する

運送会社では意外にもこの方法はよくあります。

生活が苦しいからもう少し何とかなりませんか?」と頼むと仕事を別で付けてくれたり、給料アップの提案をしてくれる場合があります。

私の会社でも個人的に社長や上司に頼んで給料を上げてもらったり仕事の提案をもらえたりする場合があります。

しかしただ単に「給料上げてくれ~」と頼むだけでは上げてくれるはずもありません。

交渉には以下の方法が有効的です。

交渉の方法

  • もっと仕事をするという意思
  • 具体的な経費削減の提案

今の仕事と別でもっと仕事をするから上げてほしいという提案をします。

もしくは運賃が高く割のいい仕事を回してもらえるように交渉をします。

もう一つは今より経費削減に協力するので少しバックを欲しいという提案をします。

具体的には高速料金の削減などがよいです。

これらの方法は交渉の結果が出るのは早いですが大手の運送会社では難しく、個人経営の庸車に勤めるドライバー向けの方法となります。

あまりガツガツお金の話をするのは問題ですが、このご時世、辞められると困る運送業の背景もあるので慎重に話をすれば聞いてもられる可能性はあります。

運転手以外の副業をする

副業がオッケーの会社ならすぐにでも副業はするべきです。

近年ではインターネットの普及により様々な副業が可能になりました。

スマホさえあればトラックに乗りながらでも簡単に副収入をえることができます。

副業がダメな会社なら月5万円のお小遣い程度の金額にとどめておきましょう。

具体的な副業の例

方法1 せどり

せどりとは安くモノを仕入れてそれ以上の金額で販売することで利益を得る方法です。

転売とも言われています。

もっとも手軽で簡単に転売をするなら「Amazon」や「メルカリ」が人気です。

実際に月に100万円以上稼いでいる人も存在します。

方法2 アフィリエイト

アフィリエイトとはインターネット上に自分のブログやサイトを作ってそこから商品が売れたら報酬が得られるシステムです。

グーグルから報酬が発生するグーグルアドセンスやASP(アフィリエイト サービス プロバイダ)から報酬が発生するアフィリエイトが一般的です。

アフィリエイトで月収100万円稼いでいる人はかなり多く、中には月収1000万以上のアフィリエイターも存在します。

月5万円ならブログを開設してコツコツ続ければ可能性は十分にあります。

方法3 アルバイト

3つ目は仕事が終わった後にコンビニなどでアルバイトをする方法です。

月に5万円なら時給1000円、 1回3時間、月に17日で約5万円になります。

この方法ははっきり言ってトラック運転手にはおすすめできません。

私もやったことがありますがかなりキツかったです。

トラックの運転手は交通状況などによりいつも決まった時間に終われる保証はありません。

「バイトに遅れるかも」といつも心配でした。

肉体的にもきつく3ヶ月で辞めました。

他の会社への転職

最も確実でおすすめできる方法は「転職」です。

トラックドライバーは少しでも条件の良い会社があるとすぐに転職する傾向があります。

勤めている会社の仕事内容や給料面、待遇や将来性を考えた時に割に合わないと思ったら転職することをおすすめします。

なぜなら運送会社は星の数ほどあり、その会社に固執する必要性はないと考えるからです。

良い運送会社の見極め方

運送会社にはいまだにブラック企業が多く存在します。

睡眠時間も殆どなく安い給料で働かされたあげくに事故をしたら全額自腹という超ブラックな会社もあります。

求人に月収50万円以上可能と書いてあってもどれくらい働いたらなるのかわかりませんし、毎回求人を出している会社もあまり良くない場合が多いです。

本当に良い会社は求人は出しません。

なぜなら人が人を呼ぶ紹介制を取っている会社が多いからです。

良い運送会社はドライバーも辞めないし求人を出す必要がないというわけです。

長年、この業界にいるドライバーなら横の繋がりで転職できるでしょう。

プロの転職エージェントに頼む

月収で5万円、年収で60万円以上のアップを本気で目指すなら転職のプロにお任せするのが最もベストな方法です。

転職エージェントとはあなたの理想に近い会社を探して交渉までしてくれるサービスです。

企業の求人内容はエージェントの事前審査があるのでブラック企業が多い運送会社の嘘の求人に騙される心配がありません。

個人で仕事を探すとブラック企業に騙される可能性もあるし、あなたの希望や条件などをいちいち面接で確認する必要が出てきます。

交渉も面倒くさいし、時間もかなりムダになります。

私の最もおすすめする転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントで会社探しから給料や仕事内容の交渉までしてくれて、更に履歴書の書き方や面接のアドバイスまでもらえます。

実際にリクルートエージェントからの転職者は運送業界にはかなり多いです。

ブラックの多い業界だからこそプロに間に入ってもらった方が安心です。

ちなみにエージェントに登録したからといってもすぐに転職する必要はありません。

時間をかけてじっくりと情報収集とアドバイスなどを受ければいいです。

そうすることでより業界に対しての情報や転職のタイミングを図ることができます。

転職を結果的にしなかったとしても問題はありません。

あなたのペースでプロのエージェントのサポートを受けましょう。

登録は簡単ですべてのサポートを無料で利用できます。

\トラック運転手の年収を上げる/
エージェントに無料相談する

もちろん私も登録して担当者さんに情報を頂いています。

こちらの記事では実際に私が登録した方法や活用法を詳しくレビューしています。

是非ご活用ください。

「エージェントってよく聞くけど大丈夫なの?」「本当に無料で使えるの?」 このように転職エージェントを初めて利用される方は不安や心配もあ...

エージェントと同時併用で登録しておきたいのが「リクナビネクスト」です。

リクルートエージェントと同じ系列会社の転職サイトです。

エージェントに登録するほどでもなく、とりあえず自分で色んな会社を見てみたい方にはおすすめです。

登録すると非公開求人も見れます。

もちろん無料で利用できるし企業に自分で応募する事もできます。

私も登録しており今でも情報収集や企業のチェックをしています。

\希望の求人がみつかる転職サイト/
リクナビNEXTに無料登録する

スポンサーリンク