アルコールチェッカーでクビ?トラック運転手が引っかかるとどうなる?

こんにちは^ ^

長距離ドライバーのイッシーです。

皆さん、お酒は好きですか?

仕事の後のビールは最高なんですよね。

しかし運送業界はアルコールに関しては相当厳しくなってきています。

この記事はアルコールチェッカーでクビになるのか?とトラック運転手の飲酒やアルコールチェッカーについて書いています。

自分の推定年収をご存じですか?

管理人のイッシーです。

自分の推定年収を調べたところ65万円以上も損していることが判明しました(^^;

あなたも調べてみてはいかがでしょうか。

無料で簡単に調べることができます。

>>損してませんか?自分の推定年収を調べてみる

スポンサードリンク

トラック運転手のアルコールチェックは厳しい!

今運送業界はアルコールに対してすごく厳しいです。

あんな大きなトラックを運転するんだから当たり前といえば当たり前です。

ひと昔前はアルコールに対してそんなに厳しくありませんでした!

私らの先輩の中には酎ハイを飲みながら運転をしていた!など今では考えられない時代もあったようです。

しかし近年悲惨な飲酒運転の事故が多発して酒気帯び運転の数値や点数の見直しや、飲酒運転を徹底して許さない社会の風潮が広がりました。

これは当たり前であり、もっと厳しく取り締まってもいいくらいです。

運転手に関しては、お酒を調整して飲めない人には私は運転手という職業をオススメできません。

飲酒運転は個人の問題ですまない!

もし、あなたが飲酒運転をして免許が取り消しになったとしましょう。

あなたは高い罰金を払わされ免許も失います。

免許で飯を食べてる人なら即座に生活も困り家族を路頭に迷わす事でしょう。

会社も免許のないドライバーは必要ないし、それにより人手も減るので会社も困るでしょう。

これはあくまでプライベートでの飲酒運転で捕まった時の話です。

これがもし仕事中に飲酒運転やアルコールチェックでアルコールの反応が出た場合はどうなるでしょう。

運転中なら即拘留され荷物を積んだトラックは動かせません。

会社やお客さんに多大な迷惑をかけることになります。

出先でのアルコールチェックで引っかかったら運行中止となります。

実際に出発前にアルコール反応がでて、運行停止、出入り禁止になったドライバーを何人もみてきました。

本人が出禁になるだけならいいですが、そんなドライバーを雇っている会社が取引停止になることだってあるのです。

しかもそれで事故なんか起こされたら1発で会社が飛びます。

会社もアルコールを節制できないドライバーは危なっかしくて雇えないとなるわけです。

アルコールチェッカーでクビになる?

少し前置きが長くなりましたがアルコールチェッカーで引っかかるとクビになるのでしょうか?

実はなる場合もあります。

私は大手の運送会社でアルコールチェックをしている時に検査に引っかかったドライバーを目の前で何人も見てきました。

もちろんその日の運行は停止でその後首になった話は何回も聞いています。

自社のドライバーも首になりましたし庸車のドライバーなら出入り禁止になります。

庸車のドライバーが出入りしている大手運送会社でアルコールが検出された場合でもその庸車を首になったドライバーもいます。

本人は当然「1本しか飲んでない」「8時間あけた」と言いますが結果がでてるので信じてもらえないんですよね。

不当解雇にあたるのかという疑問は残りますが会社に残れても大手の場合は普通に運行者として仕事はさせてもらえず結局はドライバーのほうから辞めていくパターンもあります。

ドライバーで簡単に年収を60万円以上アップしたい方はこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご確認下さい。

「給料があと5万円あったらなぁ」 トラックドライバーなら誰しも思ったことがあると思います。 たかが5万円、されど5万円、簡単そうで難...

荷物を積んでからアルコールチェックって意味ある?

ある大手の運送会社では荷物を積んでから出発前にアルコールチェックをします。

時間も空いて汗もかいてアルコールが抜けていいと思う方もいるかもしれませんが、果たして意味があるのでしょうか。

ようするに運転するときにアルコールの反応があるかどうかということらしいですが、そんなカケのような検査はどうなのかとふと疑問に思うのです。

荷物を積んだ後にアルコール検査に引っかかってその後他のドライバーにまた荷物を振り分けるのに全部荷物をおろすのを何回もみました。

積み込みの前に検査すればそんなことないのになと!

ドライバーは携帯用アルコール検知器を持たされる!

携帯用アルコールチェッカー

画像は私のアルコールチェッカーです。

数年前から運送業界では法律で会社や各営業所にアルコール検知器の設置と使用が義務付けられました。

そして長距離を走るドライバーに関しては携帯用のアルコール検知器を常備することになりました。

私もトラックにいつも置いてます。

飲んだ時は現場に入る前にチェックします。

私の場合は仕事が終わって次の仕事までの間、8時間空かない時は絶対に飲まないようにしています。

アルコールチェッカーはあてにならない?

実は泊まり明けに貸し切り便の仕事である物流会社に入ったことがあるんです。

泊まりだったので前日は缶ビールを1本飲んだのですが24時間以上あけて現場に入るとアルコール反応が出るんです。

1日以上あいてる」「1本しか飲んでいない」と聞き手からしたら怪しくてしょうがない真実を語ると向こう側も戸惑っています。

しかし私には自信がありました。

それは現場に入る前に私のアルコールチェッカーでは0数値だったからです。

そのむねお伝えすると現場のお酒を飲まない部長という方がアルコールチェックするとアルコール反応が出たんです。

嘘のような本当の話ですがアルコールチェッカーがおかしい場合もあります。

給料の高い運送会社の求人を見つける方法とは!

リクルートエージェントアドバイザー

安い給料で働いているドライバーは非常に多いです。

そんな中、休みも多く給料も高い運送会社も実は多く存在しています。

自分が知らないだけでかなり損をしているドライバーが多いというわけです。

そんな会社どうやって見つけるの?となるわけですが

そのコツが転職エージェントの利用です。

現在では転職エージェントからドライバーに転職するケースが主流になっています。

地元で一番給料の高い会社を探して下さい」と相談すればいいわけです。

さらに「もう少し給料は上げてもらえないのか?」など企業との交渉も可能です。

そんなエージェントの中でもおすすめなのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは日本最大手の転職エージェントです。

リクルートエージェントではプロのアドバイザーが企業と給料や労働時間の交渉までしてくれます。

いちいち面接に行かなくても事前にアドバイザーが確認してくれるので時間の節約になります。

お金の話や自分の要望など面接官に話しをするのが苦手な方は特に利用したいサービスです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。

あなたがネットで探してもいい企業が見つからないのはこの非公開求人になっている可能性が高いです。

非公開求人にする理由は企業が社内の採用情報を外部に漏らしたくないのと採用コストを抑えるためです。

大手を狙うなら非公開求人数が日本でダントツ1位のリクルートエージェントを利用しましょう。

非公開求人の中に希望する企業が隠れているかもしれません。

福利厚生や休み、退職金がしっかりしている大手企業なら安心して長く勤めることができますからね。

もちろん無料で利用できますし絶対に転職しないといけないわけではありません。

色んな運送会社の情報収集をしたい方も是非ご利用下さい。

5分で簡単に登録ができます。

エージェントに無料相談する>>

最後に

私はお酒は大好きです。

他のドライバーもお酒が好きな人は多いです。

どのドライバーさんも自分の体調や仕事の時間を考えながらお酒の量を調整して飲んでいます。

それが出来ない人は本人や社会の為にも絶対にドライバーという職業はおすすめできないし止めとくべきです。

以前、私の会社に仕事帰りに車で居酒屋に行き浴びるほど酒を飲み自宅に帰る途中で信号待ちで寝てしまい警察に逮捕された人間がいました。

留置場にいれられ会社も即クビです。

これだけ飲酒が厳しくなっても、まだそんな事する奴がいるんです。

飲酒運転は悲劇しか生みません。

絶対にやめましょう!