長距離ドライバーのお酒との付き合い方について!

こんにちは^ ^

長距離ドライバーのイッシーです。

皆さん、お酒は好きですか?

仕事の後のビールは最高なんですよね。

私はお酒が大好きで2日に1回は飲んでいます。

なぜ2日に1回なのかを今回はお話したいと思います。

スポンサーリンク

運送業界はアルコールに対して厳しい!

今運送業界はアルコールに対してすごく厳しいです。

あんな大きなトラックを運転するんだから当たり前といえば当たり前です。

ひと昔前はアルコールに対してそんなに厳しくありませんでした!

私らの先輩の中には酎ハイを飲みながら運転をしていた!など今では考えられない時代もあったようです。

しかし近年悲惨な飲酒運転の事故が多発して酒気帯び運転の数値や点数の見直しや、飲酒運転を徹底して許さない社会の風潮が広がりました。

これは当たり前であり、もっと厳しく取り締まってもいいくらいです。

運転手に関しては、お酒を調整して飲めない人には私は運転手という職業をオススメできません。

飲酒運転は個人の問題ですまない!

もし、あなたが飲酒運転をして免許が取り消しになったとしましょう。

あなたは高い罰金を払わされ免許も失います。

免許で飯を食べてる人なら即座に生活も困り家族を路頭に迷わす事でしょう。

会社も免許のないドライバーは必要ないし、それにより人手も減るので会社も困るでしょう。

これはあくまでプライベートでの飲酒運転で捕まった時の話です。

これがもし仕事中に飲酒運転やアルコールチェックでアルコールの反応が出た場合はどうなるでしょう。

運転中なら即拘留され荷物を積んだトラックは動かせません。

会社やお客さんに多大な迷惑をかけることになります。

出先でのアルコールチェックで引っかかったら運行中止となります。

実際に出発前にアルコール反応がでて、運行停止、出入り禁止になったドライバーを何人もみてきました。

本人が出禁になるだけならいいですが、そんなドライバーを雇っている会社が取引停止になることだってあるのです。

しかもそれで事故なんか起こされたら1発で会社が飛びます。

会社もアルコールを節制できないドライバーは危なっかしくて雇えないわけです。

ドライバーは携帯用アルコール検知器を持たされる!

数年前から運送業界では法律で会社や各営業所にアルコール検知器の設置と使用が義務付けられました。

そして長距離を走るドライバーに関しては携帯用のアルコール検知器を常備することになりました。

私もトラックにいつも置いてます。

飲んだ時は現場に入る前にチェックします。

私の場合は仕事が終わって次の仕事までの間、8時間空かない時は絶対に飲まないようにしています。

なので飲むのは2日に1回なんです。

最後に

私はお酒は大好きです。

他のドライバーもお酒が好きな人は多いです。

どのドライバーさんも自分の体調や仕事の時間を考えながらお酒の量を調整して飲んでいます。

それが出来ない人は本人や社会の為にも絶対にドライバーという職業はおすすめできないし止めとくべきです。

以前、私の会社に仕事帰りに車で居酒屋に行き浴びるほど酒を飲み自宅に帰る途中で信号待ちで寝てしまい警察に逮捕された人間がいました。

留置場にいれられ会社も即クビです。

これだけ飲酒が厳しくなっても、まだそんな事する奴がいるんです。

飲酒運転は悲劇しか生みません。

絶対にやめましょう!

スポンサーリンク