ヤマト運輸ドライバーの給料は安いって本当?年収や給料明細/まとめ

クロネコヤマトの給料や年収は安い?

国内最大手の宅配業者ヤマト運輸。

クロネコヤマトの宅急便」でお馴染みの大きな会社ですがドライバーとしてヤマトに転職を考える方も多いです。

私はヤマト運輸の宅配ドライバーや路線ドライバーに知り合いがいますが実際のクロネコヤマトの給料や年収はいくらくらいなのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

ヤマト運輸について

まずヤマト運輸の会社の規模や社員数などについて説明します。

ヤマト運輸は佐川急便や西濃運輸、福山通運などと同じ国内有数の運送業者です。

商号 ヤマト運輸株式会社 YAMATO TRANSPORT CO.,LTD.
資本金 500億円
設立年月日 2005年(平成17年)3月31日
事業内容 「宅急便」などの各種輸送に関わる事業
社員数 183,315人(2019年3月15日現在)
事務所数 合計7,435

数字をみると数ある運送会社の中でも圧倒的な規模の会社であることがわかります。

ドライバーとして働くなら大手がよい

とよく言われますがヤマト運輸はまさに大手の代表と言えます。

ヤマト運輸への面接は転職サイトより申し込みできます。

\ヤマト運輸の質問や相談はこちら/
エージェントに無料相談する

ヤマト運輸(クロネコヤマト)の平均年収は

ヤマトホールディングスの平均年収は令和元年で900万以上あります。

ヤマトHDとはクロネコヤマトの親会社にあたります。

そんなに給料が貰えるのかと思いきやヤマト運輸やセールスドライバーになると年収が下がる傾向があります。

ヤマト運輸(クロネコヤマト)のドライバーの給料や年収は

ヤマト運輸では契約社員から始まって何もなければ2年から3年くらいで正社員になれます。

平均年収は20代の契約社員スタートで340万から700万くらいです。

700万円はセンター長レベルの年収ですが入社5年から10年で頑張れば500万から700万が狙えるようです。

ヤマト運輸(クロネコヤマト)の給料や年収の社員の口コミ

ヤマト運輸で実際宅配員として働いている社員や元社員の口コミを調べてみました。

社員の口コミ 30歳

現在の給料は総額で35万円、手取りで26万ほどです。家族持ちで正社員なら頑張れば年収500万はいそうです。

元社員の口コミ 20代

契約社員で年収は350万程度でした。私は3年で退職しましたが社員への道は3年ほどです。残業時間は月に40時間で出勤時の拘束時間は約12時間ほどでした。勤務する営業所によってインセンティブなどが変わるし当たり外れのある感はありました。

社員の口コミ 20代

残業代が1分単位で貰えるは嬉しいです。年収は400万円を超えています。ボーナスも3年間働けば100%貰えるのでいいと思います。

社員の口コミ 30代前半

年休は116日で6日間のリフレッシュ休暇や記念日休暇があり休みはそこそこもらえます。手取りは配偶者と子供2人で30万前後です。年功序列型の会社だと思います。

ヤマト運輸(クロネコヤマト)の給料は安い?

ヤマト運輸のセールスドライバーの給料が安いのかどうかは他の運送会社と比較すると分かりやすいです。

今回は口コミサイトから独自に年収を調査してみました。

あくまで個人で調べた結果ですので参考程度にご覧ください。

大手運送会社の年収ランキング

大手5社の運送会社セールスドライバーの年収ランキングの結果は以下になりました。

  1. ヤマト運輸 510万円(平均年齢38.0歳)
  2. 日本通運 458万円(平均年齢35.0歳)
  3. 西濃運輸 443万円(平均年齢36.4歳)
  4. 佐川急便 417万円(平均年齢33.9歳)
  5. 福山通運 399万円(平均年齢36.3歳)

このランキングで見るとヤマト運輸の宅配ドライバーの給料は大手運送会社の中ではトップクラスの給料だといえます。

ヤマト運輸の給料は決して安くはありません。

むしろ1番高いことがわかります。

佐川急便も給料が高いイメージがありますが佐川では40代、50代になると年収で500万~600近くなるようです。

\ヤマト運輸の質問や相談はこちら/
エージェントに無料相談する

クロネコヤマトの給料明細は 

ヤマト運輸の給料明細をYouTubeで公開している方がいたので参考にさせて頂きました。

クロネコヤマトの47歳ドライバーの給料例

総支給額 347,059円

現金支給額 268,283円

総労働時間 212時間

クロネコヤマトの40歳センター長の給料例

総支給額 419,688円

現金支給額 335,494円

これにボーナスが加われば私が知り合いドライバーから聞いている話や口コミ通りの年収になります。

ヤマト運輸への転職のコツ

ヤマト運輸への転職で成功するには転職エージェントを活用することです。

私がおすすめするエージェントはリクルートエージェントです。

理由は国内最大手のエージェントで実績があるからです。

実際に入社してくるドライバーでもリクルートエージェントからきたドライバーも多いです。

相談のみでも大丈夫です。

プロの視点からのアドバイスやエージェントだからこその特典もあります。

エージェントの利点

  • 履歴書や面接のアドバイス
  • 非公開求人の案内
  • 年収や待遇面の交渉

エージェントに登録するとプロから履歴書の書き方や面接のノウハウを教えてもらえます。

大手のエージェントですからクロネコヤマトの非公開求人を持っている可能性もありますし自分では難しい年収や待遇面の交渉もお願いできます。

リクルートエージェントは必ず登録しておきたいエージェントです。

\ヤマト運輸の質問や相談はこちら/
エージェントに無料相談する

自分で他の会社も探してみたい方はリクナビNEXTの利用もおすすめです。

リクナビNEXTはリクルートエージェントと同じリクルートキャリアが運営している転職サイトです。

エージェントと違いリクナビNEXTは自分で希望条件を指定して個人で企業に応募することができます。

自分のペースで探したい方、応募したい方にはリクナビNEXTのほうが合っています。

リクナビNEXTとリクルートエージェントの併用が1番の理想です。

\希望の求人がみつかる転職サイト/
リクナビNEXTに無料登録する

まとめ

まとめ

この記事ではヤマト運輸の給料や年収は安いのかを調べてみました。

ヤマト運輸の給料は同じ運送業者のセールスドライバーの中ではトップクラスでした。

昔ほど稼げなくはなってきているドライバーの給料ですがヤマト運輸はまだ高い水準を保っている運送会社と言えます。

ヤマト運輸に勤める知り合いも昔に比べて給料は下がったと言います。

下がったきっかけは働き方改革による残業時間の抑制です。

しかし現役のドライバーの私からしたら120時間以上の残業を休みなしでさせられていた昔に戻って欲しいとは思いません。

いまだにそのようなブラック企業は運送業界には存在しますがヤマト運輸は大手としていち早く取り組んだ結果だとも言えます。

大手運送業者のヤマト運輸への転職にチャレンジしたいに方にとってこの記事が少しでも参考になれば幸いです。

\ヤマト運輸の質問や相談はこちら/
エージェントに無料相談する

スポンサーリンク