重機オペレーターの仕事内容とは!給料や年収はどれくらい?

重機オペレーター仕事内容

重機オペレーターをご存知の方もいれば、ご存知のない方もいるはず。一度は耳にしたことがある方も少なくないでしょう。

工事現場や工場でよく重機を見かけられると思いますが、その重機を操作するお仕事というのが、重機オペレーターです。

今回の記事では、重機オペレーターはきついのかについてと給料や年収、重機の種類、そのお仕事に向いている人と向いていない人について解説します。

仕事探しで迷っている方や重機を操作するのが好きな方、お金を多く稼ぎたい方はこの記事をご参考ください。

スポンサードリンク

重機オペレーターってきついの?

結論から言いますと、きつくないです。

なぜなら、給料や年収は高い傾向にありますし、肉体的な労働も他の職と比べて少ないからです。

このお仕事のきついところを1つだけ挙げるとすれば、重機の操作です。重機を操作するときは、操作技術が必要になるため誤った操作をしてしまうと大変です。

重機の操作に慣れることができれば、働きやすい環境ですので、このお仕事も楽しさもあり面白さもあります。

まずは、重機を操作することから学んでそのお仕事で働いてみることをおすすめします。そうすれば、きつくないです。

重機オペレーターの給料や年収は

給料や年収は、他の職と比べて高い傾向です。

月々の給料は、25万円~35万円のところが多いです。生活に困ることもありません。

年収は、300万円~400万円が一般的です。

ここ最近では、至るところで工事が積極的に行われていますので、重機オペレーターの仕事の求人が増えています。

そのため、安定して稼ぐことができますので心配は入りません。

筆者も街中を歩いているときに、ここ最近で工事現場をよく見かけ、積極的に工事が行われてところを見ますので需要のあるお仕事だと思いました。

需要のある業界で働きたい方にも、おすすめできるお仕事です。

重機の種類は

重機の種類は日本だけでも数多くのものがあります。その中でも代表的な重機をご紹介します。

まずは、ブルドーザです。土砂を押し出したり盛り土を作るときにも活躍します。比較的、大型であるため、大型を運転するのが得意な方でもできます。

続いては、油圧ショベルです。クローラで走行をし土砂を掘り出す作業を行います。油圧ショベルも、運転技術を身につけてからでないと、操作しにくい重機です。

最後はダンプトラックです。「ダンプカー」とも言われておりますが、油圧ショベルやブルドーザのように特別な運転スキルを持つ必要性はなく大型免許を取得していれば可能です。

土砂や産業廃棄物を運搬するのに役立つ車両です。

重機オペレーターに向いている人の特徴とは

重機オペレーターに向いている人は、ある程度の運転技術が身につけられている方です。

なぜなら、このお仕事では運転技術というスキルが一番求められるからです。運転技術が低いと企業から採用されにくいので、事前に運転技術を高めるようにしましょう。

たとえば、ブルドーザや油圧ショベルだと、自家用車やトラックなどと違って特別な運転スキルが必要です。

運転技術が高い人は、このお仕事に向いていますので楽しく働けます。

重機オペレーターに向いていない人の特徴とは

向いていない人の特徴は、運転技術がない方と集中力を保つことが苦手な方です。

なぜなら、このお仕事では重機を操作するときに、誤った操作をしないためにも集中力が必要になるからです。

最初のうちは慣れるまでに大変にはなりますが、集中力を保てるようにしないとこのお仕事で長続きはしません。

企業側としても、集中力のある方を採用したいでしょう。集中力を保つことが苦手な方は、集中力を身につけることから始めましょう。