佐川急便とヤマト運輸働くならどっちがいい?給料や年収の違いを比較!

路線ドライバーとして働くならクロネコヤマトと佐川急便どっちがいいのでしょうか?

佐川やヤマトと取り引きをしている下請け会社(庸車)は多いです。

求人サイトの募集要項で主要取引先が佐川急便やヤマト運輸、西濃運輸などと書かれている会社です。

この記事では路線ドライバーの仕事で佐川急便かクロネコヤマト働くならどっちがいいのかを実際に走っているドライバーの話や実体験を元にご紹介しています。

想像以上に「給料や年収を上げる方法を教えてくれ!」という質問やご要望がありましたので、下記の記事で詳しくまとめました。
詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

「給料があと5万円あったらなぁ」 トラックドライバーなら誰しも思ったことがあると思います。 たかが5万円、されど5万円、簡単そうで難...

スポンサードリンク

佐川急便とヤマト運輸働くならどっち?

この記事は庸車の路線ドライバーとして働いた場合の内容になります。

自社ドライバーについてですが佐川急便は路線の長距離運行は全て庸車に任せています。

ヤマト運輸の路線ドライバーは集配ドライバーからの段階を経てなれますが空きがなく狭き門となっています。

ヤマトのグループ企業の路線ドライバーへの就職も難しい状況です。

そこで下請け会社のドライバーとして大手の運送会社に入り込むわけですが佐川やヤマト、どちらにもメリットデメリットがあります。

給料や労働時間、仕事内容などを以下で比較してみました。

佐川急便とヤマト運輸の給料の違いを比較

まずは給料面ですが給料だけなら佐川急便の方が良いです。

その理由は一回あたりの運賃が佐川のほうがいいからです。

私は佐川にもヤマトにも知り合いがいますが東京と大阪間で言うと佐川急便で月に10回往復した給料とヤマト運輸で月に12回往復して走った給料がだいたい同じくらいです。

出勤日数だと20日出勤と24日出勤で同じくらいかそれ以上変わる場合もあるので大きな差と言えます。

佐川急便とヤマト運輸の労働時間の違い比較

労働時間には積み込み時間の他に待機時間も含まれます。

実際に積み込んでいる時間ならヤマト運輸の方がかなり短いです。

佐川急便はパレットものはほとんど無くバラ積みです。

一方ヤマト運輸はカゴ輸送なのですぐに積み上がってしまいます。

仕事内容も正直ヤマト運輸のほうが楽です。

私の会社からもヤマト運輸の路線の仕事がしたくてヤマトの庸車に転職したドライバーもたくさんいます。

ヤマト運輸の庸車が人気の理由についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

そもそも、庸車とは協力会社のことをいいます。 そして、その路線の傭車ドライバーの間で人気の仕事がヤマト運輸です。 ヤマトの仕事がしたくて...

佐川急便とヤマト運輸の休みの違い

佐川急便を走っている庸車では月の出勤日数は20日前後の会社が多いです。

仕事内容はきついですが休みはしっかりともらえます。

一方ヤマト運輸の庸車では出勤日数は22日から24日の会社が多いです。

佐川急便よりもヤマト運輸は運賃が低くドライバーの給料も安くなりがちです。

回数を走ってそこそこの給料になる感じですが近年の働き方改革によって走れなくなってきている現状です。

ヤマト運輸と佐川急便、どっちが向いてる?

上記ではヤマトと佐川の違いを説明してきました。

どちらにも違いありますが性格的に合う合わないもあります。

金銭的な話では稼ぐなら佐川ですが楽な仕事がしたいならヤマトです。

※路線便に話です。

どちらを選ぶかは最終的にはあなたの性格になるでしょう。

こちらでは性格チェックができます。

転職前に診断してみてはいかがでしょうか。

🔗佐川とヤマト、どっちに向いているのかチェックしてみる

ヤマト運輸と佐川急便 転職するならどっち?

給料も稼いでしっかりと休みも欲しいなら佐川急便のほうがいいです。

仕事内容はバラ積みできついですがそれなりの見返りは期待できます。

逆に給料はそこそこでいいから少しでも楽な仕事がしたい方はヤマト運輸がいいです。

魅力はなんと言ってもカゴ輸送です。

体力面に自信のない方は主要取引先にヤマト運輸のある庸車を選ぶと良いでしょう。

ヤマト運輸や佐川急便に転職をお考えなら私も登録しているリクルートエージェントがおすすめです。

簡単に無料で登録できてヤマト運輸や佐川急便などの企業の求人を探して転職までサポートしてくれます。

会社に聞きにくいことや条件の交渉までしてくれます。

ドライバー職関連に強いエージェントです。

利用しない手はないでしょう。

\ヤマトや佐川の質問、相談はこちら/
エージェントに無料相談する

佐川急便とヤマト運輸の集配ドライバーならどっち?

集配ドライバーなら社員と人しての転職も可能です。

求人募集もよく出ています。

業界最大手のヤマト運輸と佐川急便ですがよく比較の対象になっています。

昔の佐川急便は年収1000万も可能と言われた時代もありましたが今ではほぼ不可能で年収400万から500万程度です。

年収に関してはヤマト運輸のほうが良いと言われています。

佐川急便とヤマト運輸の詳しい情報や求人について

リクルートエージェントアドバイザー

佐川とヤマトの情報がもっと知りたい、もしくは実際に転職まで考えている人は「エージェント」を活用してみてください。

今、運送業界の情報収集や転職にはエージェントの利用が主流になっています。
ブラック企業の多い運送業ではエージェントに条件の交渉や嘘がないかの確認をしてもらったほうが安心です。

運送業界で一番おすすめできるエージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界最大手で求人数、実績が日本一です。

リクルートエージェントでゲットできる情報

  • 給料や年収、ボーナス
  • 詳しい仕事内容
  • 労働時間や残業時間
  • 年間の休日
  • 取引先

などの情報収集ができます。

>>佐川とヤマトの詳しい情報をゲットする

さらにリクルートエージェントは労働条件や賃金の交渉までサポートしてくれます。
実はそこが一番の有難いメリットです。
もう一歩踏み込んで企業の情報や実際に交渉だけでもお願いしてみたい方はこちらの具体例を参考にしてください。

  • 年収は600万円以上で探して欲しい
  • 勤務時間の希望は8時から17時まで
  • 残業時間は月に20時間以内で
  • 土日は休みたい
  • 同じ市内で探して欲しい

これをアドバイザーに伝えると条件に沿った企業を探してもらえます。
あなたが面接に行って確認してまわる面倒くさい手間がはぶけます。
さらに「事故をしたら自腹なのか?」など非常に聞きにくいこともアドバイザーに確認してもらうと良いでしょう。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっています。
理由は企業が外部に採用条件を漏らしたくないのと面接の対象者をエージェントから依頼のある希望者に絞ることで対応する手間をはぶけるからです。

あなたがいくら探しても情報が出てこないのはこの非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
あなたの希望する会社が非公開求人で見つかるかもしれません。

ぜひ相談してみてください。

>>リクルートエージェントで佐川とヤマトの相談をする

登録は簡単で料金は一切かかりません。
登録したからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
あなたの情報収集にお役立てください。

まとめ

まとめ

今回は路線ドライバーで働くなら佐川急便とヤマト運輸どっちがいいのか違いをまとめてみました。

佐川急便はきついけど稼げる、仕事内容ではヤマト運輸のほうが人気が高いという感じです。

同じ佐川やヤマトでも会社によってもらえる給料も変わります。

会社選びは慎重に且つ貪欲にリサーチした方が良いでしょう。

\日本最大級のエージェントサービス/
エージェントに無料相談する

最後まで読ん頂きありがとうございます。

スポンサーリンク