佐川急便とヤマト運輸働くならどっちがいい?給料や年収の違いを比較!

スポンサードリンク

路線ドライバーとして働くならクロネコヤマトと佐川急便どっちがいいのでしょうか?

佐川やヤマトと取り引きをしている下請け会社(庸車)は多いです。

求人サイトの募集要項で主要取引先が佐川急便やヤマト運輸、西濃運輸などと書かれている会社です。

この記事では路線ドライバーの仕事で佐川急便かクロネコヤマト働くならどっちがいいのかを実際に走っているドライバーの話や実体験を元にご紹介しています。

スポンサードリンク

佐川急便とヤマト運輸働くならどっち?

この記事は庸車の路線ドライバーとして働いた場合の内容になります。

自社ドライバーについてですが佐川急便は路線の長距離運行は全て庸車に任せています。

ヤマト運輸の路線ドライバーは集配ドライバーからの段階を経てなれますが空きがなく狭き門となっています。

ヤマトのグループ企業の路線ドライバーへの就職も難しい状況です。

そこで下請け会社のドライバーとして大手の運送会社に入り込むわけですが佐川やヤマト、どちらにもメリットデメリットがあります。

給料や労働時間、仕事内容などを以下で比較してみました。

佐川急便とヤマト運輸の給料の違いを比較

まずは給料面ですが給料だけなら佐川急便の方が良いです。

その理由は一回あたりの運賃が佐川のほうがいいからです。

私は佐川にもヤマトにも知り合いがいますが東京と大阪間で言うと佐川急便で月に10回往復した給料とヤマト運輸で月に12回往復して走った給料がだいたい同じくらいです。

出勤日数だと20日出勤と24日出勤で同じくらいかそれ以上変わる場合もあるので大きな差と言えます。

佐川急便とヤマト運輸の労働時間の違い比較

労働時間には積み込み時間の他に待機時間も含まれます。

実際に積み込んでいる時間ならヤマト運輸の方がかなり短いです。

佐川急便はパレットものはほとんど無くバラ積みです。

一方ヤマト運輸はカゴ輸送なのですぐに積み上がってしまいます。

仕事内容も正直ヤマト運輸のほうが楽です。

私の会社からもヤマト運輸の路線の仕事がしたくてヤマトの庸車に転職したドライバーもたくさんいます。

ヤマト運輸の庸車が人気の理由についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

路線の傭車のドライバーの間で人気の仕事がヤマト運輸です。 ヤマトの仕事がしたくて会社を移るドライバーも多くいます。 この記事ではクロ...

佐川急便とヤマト運輸の休みの違い

佐川急便を走っている庸車では月の出勤日数は20日前後の会社が多いです。

仕事内容はきついですが休みはしっかりともらえます。

一方ヤマト運輸の庸車では出勤日数は22日から24日の会社が多いです。

佐川急便よりもヤマト運輸は運賃が低くドライバーの給料も安くなりがちです。

回数を走ってそこそこの給料になる感じですが近年の働き方改革によって走れなくなってきている現状です。

佐川急便とクロネコヤマト結局どっちがいいの?

給料も稼いでしっかりと休みも欲しいなら佐川急便のほうがいいです。

仕事内容はバラ積みできついですがそれなりの見返りは期待できます。

逆に給料はそこそこでいいから少しでも楽な仕事がしたい方はヤマト運輸がいいです。

魅力はなんと言ってもカゴ輸送です。

体力面に自信のない方は主要取引先にヤマト運輸のある庸車を選ぶと良いでしょう。

佐川急便とヤマト運輸の集配ドライバーならどっち?

集配ドライバーなら社員と人しての転職も可能です。

求人募集もよく出ています。

業界最大手のヤマト運輸と佐川急便ですがよく比較の対象になっています。

昔の佐川急便は年収1000万も可能と言われた時代もありましたが今ではほぼ不可能で年収400万から500万程度です。

年収に関してはヤマト運輸のほうが良いと言われています。

ヤマト運輸の給料や年収、仕事内容についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

国内最大手の宅配業者のヤマト運輸。 「クロネコヤマトの宅急便」でお馴染みの大きな会社ですがドライバーとしてヤマトに転職を考える方も...

まとめ

まとめ

今回は路線ドライバーで働くなら佐川急便とヤマト運輸どっちがいいのか違いをまとめてみました。

佐川急便はきついけど稼げる、仕事内容ではヤマト運輸のほうが人気が高いという感じです。

同じ佐川やヤマトでも会社によってもらえる給料も変わります。

会社選びは慎重に且つ貪欲にリサーチした方が良いでしょう。

\日本最大級のエージェントサービス/
エージェントに無料相談する

最後まで読ん頂きありがとうございます。

スポンサーリンク