ヤマト運輸の仕事内容はきつい?辞める理由や口コミを暴露!

運送業界の最大手のヤマト運輸。

将来性や需要もあるし安定した大企業で働きたいという人も多いです。

しかし実際には宅配業界はきついと聞くし自分はやっていけるだろうかという不安がある人も多いのではないでしょうか?

この記事ではヤマト運輸の仕事内容や実際に働いている私の知り合いの話や社員や元社員の方の口コミを調査してまとめています。

ヤマト運輸への転職を考えている方に参考にして頂けたら幸いです。

ヤマト運輸のセールスドライバーの年収や給料に関してはこちらの記事で詳しく説明していますので併せてお役立て下さい。

国内最大手の宅配業者ヤマト運輸。 「クロネコヤマトの宅急便」でお馴染みの大きな会社ですがドライバーとしてヤマトに転職を考える方も多...

ヤマト運輸の仕事はきつい?

「クロネコヤマトの宅急便」でお馴染みのヤマト運輸ですが仕事はきついのでしょうか。

その質問に対しての答えは仕事内容や勤務時間、口コミなどから判断する必要があります。

私自身もドライバーとして20年以上も勤務していますが運送業界は決して楽とは言い難い現実があります。

労働時間は長く荷物も重いなど過酷なケースもあります。

特にお盆前や12月の繁忙期といわれるお中元やお歳暮の時期はかなり忙しくきつい時期となります。

しかしながら運送会社によってきつさの度合いはまるで変わってきます。

ヤマトよりは佐川の方がきついなどです。(例えば、です。)

一般的に運送業界はきついと言われますが会社別に詳しく実態を調べてみる必要があります。

ヤマト運輸の仕事内容とは

クロネコヤマトの仕事内容は事務職や管理職などありますがメインとしては直接お客の所へ行く宅急便やダイレクトメールの集配業務や営業をする宅配ドライバー(セールスドライバー)がメインの仕事となります。

この記事をご覧になっている方もセールスドライバーへ興味のある方が多いのではないでしょうか。

ヤマト運輸などの大手運送業者は全国に支店や営業所がありドライバーはその地域に専属で配属され完全地域密着型で仕事ができます。

担当エリアが決まっているメリットとしてはそこの地域の地理に詳しくなれる、お得意のお客さんができるなど様々です。

ヤマト運輸は宅配会社なので露骨に重い企業の荷物(鋼材など)はあまりなくお客さんに手渡しで持っていける荷物がメインになります。

しかしトラックから現場が離れていたり階段を何回も上がったりと担当するエリアによってはキツくなる現場もあります。

ヤマト運輸のセールスドライバーの1日の仕事内容とは

ヤマト運輸のセールスドライバーの仕事内容は上記で説明しましたが、1日の流れとしては午前中は配達業務で午後からは集荷や再配達メインになります。

詳細は朝8時に出勤

センターから(下げ)られた荷物の仕分けや伝票の整理

荷物の地図と住所の確認

荷物を積み込んで配達する

午後からは集荷業務(荷物を集めてまわる)

再配達(午前中の配達で居なかった所)

集荷(集荷をしながら再配達)

帰社

積み込みや伝票整理

大まかにはこのような流れになります。

セールスドライバーはSDと言われ営業をしながら配達もする会社の顔のような存在です。

業務も大変ですが再配達や時間指定の荷物によって1日の流れがまるで変わってしまうのがストレスになります。

スムーズにいく日といかない日が極端にあります。

ヤマト運輸の仕事量や仕事時間は

クロネコヤマトのセールスドライバーの仕事時間は朝8時の出勤から始まります。

私の知り合いによると昔は新人さんは朝の6時半くらいの出勤で慣れてくると7時半くらいだったそうですが今では8時出勤だそうです。

夜は早くて19時半、遅いと22時くらいで残業時間は月平均で30時間から40時間になります。

1日の労働時間は長いけど休みはしっかりくれるとのこと。

残業時間の抑制にも関わらず仕事量は変わらないので内容的はかなり濃い業務になります。

ヤマト運輸を辞める理由とは

ヤマト運輸で働くドライバーに聞く話や口コミサイトを見ると辞める理由はおおよそ同じです。

勤務時間が長い

遅い時は夜の10時くらいに仕事が終わる時もあります。

家に帰ると22時半や23時です。

もう夜中ですよね。

それから風呂に入って飯を食べたら深夜の1時、2時です。

そして次の日の朝8時には出勤しないといけないのでちゃんとした睡眠時間は取れません。

いくら休みが多くても平日がキツくて辞めていくドライバーが多いです。

荷物が重い

配達や集荷で重い荷物があるのはドライバーの宿命です。

担当地域によって変わりますがお客さんによっては重い荷物を持って何回も往復しないといけない所が一つや二つは必ずあるものです。

夏場はさらに大変ですしご飯を食べる時間もない場合もあります。

再配達が多い

再配達はドライバーからしたら本当にストレスになります。

仕方がないといえば仕方がないのですが1度で済むところを2回行かないといけなくなります。

さらに時間指定の荷物が配達や集荷作業を困難にします。

私も集配ドライバーの経験がありますが朝一の荷物を10件以上持たされたこともあります。

某大手の集配ドライバーが幾度なく続く再配達にブチ切れて荷物を投げ回す動画が話題になりました。

お客さんの大切な荷物ですのでやってはいけない事ですが気持ちはすごくわかります。

残業時間が抑制されている

働き方改革によって残業時間が大幅に抑制されました。

昔のドライバーが稼げていたのはほとんどが残業代です。

年収1000万円も夢ではなかった時代もありました。

しかし法律によって残業時間が抑制されドライバー職はあまり稼げなくなりました。

逆に言うと楽になったと思いきや仕事の量は変わらないと言う現実もあります。

その分、仕事内容が濃くなり昼飯、晩飯を食べる余裕のない新人ドライバーも多いようです。

私のいく現場でも夕方に「今日、昼飯まだなんです」というセールスドライバーがいます。

頑張るなぁといつも感心しています。

顧客からのクレーム対応

セールスドライバーは顧客から直接クレームを言われることもしばしばです。

「荷物はまだか?」「すぐに持ってきて」などです。

再配達の要望も直接電話がかかってきます。

1回目の配達で不在だったにも関わらず「すぐに持ってこい」など理不尽な要望にストレスを感じるドライバーは多いです。

お盆や正月に休めない

ヤマト運輸はお盆や正月も稼働しています。

他の運送会社は休みでもヤマトは動いています。

私の会社のドライバーでヤマト運輸専属のドライバーはお盆や正月も走っています。

時期をズラして休みはもらえますがお盆や正月、ゴールデンウィークに休みたい方には合わない職業かもしれません。

ヤマト運輸の仕事の口コミを社員・元社員が暴露

ヤマト運輸で勤める社員や元社員さんの口コミを調べてみました。

口コミを見ると求人サイトや募集には絶対に出ないリアルな内容を知ることができます。

30代女性ドライバーの口コミ

支店長が変わり労働時間のことを毎日言われるようになりました。パートの時間が過ぎても呼ばれて言われるようになりました。労働時間内に終わりなさいといいますがはっきり言って無理です。時間指定の荷物と集荷を一人で回らないといけません。人が足らないのに残業はダメとか矛盾していると思います。人をもっと入れて欲しいです。

40代男性ドライバーの口コミ

労働時間を抑えようとするあまり無理な集荷集配を強いられている現状です。ドライバーを守ってくれるセンター長のいる職場でないと大変だと思います。

20代男性ドライバーの口コミ

朝8時が出勤時間だが残業時間の関係で営業所に入ることが禁止されています。自分的には早めに出勤して仕事の段取りをしたいです。その分早く終わらせたいので。退勤時間はベテランでも早くて19時半くらいで遅いときは22時になることもあります。

30代男性ドライバーの口コミ

週に2回は必ず休みがもらえるし月に9日から11日の休みがあります。1週間の連休を1年間の間に1度はとらないといけません。必ず連休でとらないといけないので家族旅行に行ったりと有意義に使わせてもらってます。

40代男性ドライバーの口コミ 

かなりきちんとしている会社で働きやすいです。時間の配分や職場仲間に優しい会社です。女性もたくさん活躍していて明るい職場です。ボーナスも業界ではトップクラスです。優良企業の一つだと思います。

20代男性アルバイトの口コミ 

上司の方がしっかりしていて休みも取りやすいです。私はアルバイトですが女性にも配慮しているのがわかり働きやすい環境です。一人一人をしっかりと見ていて体調管理にも気を使って頂いてます。女性が多く働いているので配慮しているのだと思います。時給もいいです。

ヤマト運輸のリアルな口コミサイト

ヤマト運輸や他の運送会社の社員や元社員のリアル口コミを見れるサイトが転職会議です。

口コミだけでなく企業の総合評価や売り上げ、会社の概要なども確認でき面接の申し込みまでできます。

もちろん無料登録です。

転職会議

  • 300万件以上の口コミが掲載
  • 口コミ登録企業数20万社
  • 会員数は500万人以上

\国内最大級の口コミ転職サイト/

転職会議で口コミを見る

ヤマト運輸への転職は難しい?

ヤマト運輸への転職は今ならチャンスと言えます。

ひと昔前なら知り合いがいないと難しい場合もありました。

現在は運送業界全体の人手不足により就職はそんなに難しくなくなってきています。

ヤマト運輸に向いている人とは

  • 大手企業に転職したい
  • 車の運転が好き
  • コミュニケーションがしっかりと取れる

ヤマト運輸は業界トップクラスの会社です。

給料も業界内ではトップです。

車の運転が好きでコミュニケーションが取れる方ならもってこいの職業です。

決して楽だとは言い切れませんがこの業界ではヤマトはいいほうです。

給料や休日の多さなどを総合で判断してみて下さい。

ヤマト運輸に就職・転職する方法とは

ヤマト運輸に転職するにはエージェントを利用するのが1番です。

転職エージェントはプロのアドバイザーから直接面接の対策や応募書類の添削のサポートが受けられます。

直接企業に待遇などの交渉もしてくれて頼りになるサービスです。

料金は完全無料で3分ほどで登録できます。

初めての転職なら【リクルートエージェント】

初めての転職なら「リクルートエージェント」がおすすめです。

転職成功実績ナンバー1の最大手エージェントです。

求人の量や非公開求人の保有数が圧倒的に多いのでクロネコヤマトの求人も見つかりやすいです。

サポートや実績からみても評価が高いので初めて転職する方におすすめのエージェントです。

\ヤマト運輸の質問や相談はこちら/
エージェントに無料相談する

面接が不安・苦手なら【DODAエージェント】

DODAエージェントは非公開求人の量が多いです。

自分では見つけられなかった求人もDODAエージェントに登録することで見つかるかもしれません。

面接の日程や調整、内定までをトータルでサポートします。

必要に応じてキャリアカウンセリングも実施してくれます。

面接に不安や苦手意識のある方にはDODAエージェントがおすすめです。

\転職のプロたちによる転職活動サポート/
DODAエージェントサービスに無料登録する

20代なら【マイナビエージェント】

株式会社マイナビが運営している人材紹介サービスがマイナビエージェントです。

書類作成の準備から面接まで親身に相談にのってくれます。

20代、30代の転職サポートに強く人事の採用担当者と太いパイプを持っています。

第二新卒の方にもおすすめのエージェントです。

\20代~30代のビジネスパーソン/
マイナビエージェントに無料登録する

ヤマト運輸に自力で転職する方法とは

ヤマト運輸の転職先を自分で見つけて応募し面接したい方には転職サイトがおすすめです。

転職サイトのメリットは自分のペースで会社探しができるという所です。

ヤマト運輸は大手なので募集は比較的に自分でも見つけやすいです。

エージェントにお願いしなくても自分で探して面接の段取りまでしたい方や他にもたくさんの会社を見てみたい方にはおすすめのサービスです。

初めての転職なら【リクナビNEXT】

リクナビNEXTはリクルートエージェントと同じ系列の会社です。

日本最大級の転職サイトでヤマト運輸などの大手企業を探すにはもってこいのサイトです。

非公開求人の数や転職決定者の数は非常に多いです。

登録することで受けれるサービスも多彩ですし登録しないと応募ができません。

完全無料で数分で登録できます。

\ヤマト運輸の求人を探す/
リクナビNEXTに無料登録する

地域で探すなら【はたらいく】

「はたらいく」はリクルートグループが運営する転職サイトです。

転職サイトは実際には大都市圏の募集が多く地方の募集があまりないのが現実です。

「はたらいく」はそんな中、地域の企業との求人を重視したサイトになっています。

また絞り込み検索が非常に使いやすくピンポイントで検索できます。

他の転職サイトや求人誌でヤマト運輸が見つからない場合はこの「はたらいく」で探してみて下さい。

\地域でヤマト運輸の求人を探す/
はたらいくに無料登録する

まとめ

まとめ

皆さん、いかがだったでしょうか。

この記事ではヤマト運輸の仕事内容やきつさ、辞めていく理由や社員の口コミなどをご紹介しました。

運送会社のセールスドライバーの悩みはどの会社もほぼ同じです。

色んな大手の会社に出入りしてセールスドライバーと付き合いをしている私からみても「どこも同じだな」という感じです。

その中でもヤマト運輸は給料や休みに関しては業界トップクラスであることには間違いありません。

各営業所によっては問題が多い所もあるでしょうが業界全体でみると転職に値する会社ではあります。

ヤマト運輸の転職に関してはエージェントと転職サイトの併用がおすすめです。

どのサイトやエージェントも無料で登録できるのでいいとこどりで探してサポートを受けるとよいでしょう。

ヤマト運輸への転職にチャレンジしたい方に少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク