コンクリートミキサー車の仕事ってきつい?3ヶ月間体験して思ったこと!

長距離ドライバーのイッシーです。

実は僕は大昔にコンクリートミキサー車に3ヶ月間だけ乗ったことがあるんです。

元々建設現場に出入りしていて生コン車には興味があったんです。

そんな時に知り合いが生コン会社の試験室に転職が決まったのでドライバーの募集がないか口利きしてもらったのがきっかけでした。

さすがに自社のドライバーは無理でしたが庸車(下請け)のドライバーなら募集しているとのこと。

まずはアルバイトとして雇ってもらいました。

スポンサーリンク

生コン車(ミキサー車)の仕事内容は!

コンクリートミキサー車はご存知の通り生コンを建築現場や土木の現場に運ぶのが仕事です。

実際にコンクリートポンプ車に生コンをおろす時間は10分程度で力仕事ではありません。

運転か待機時間が多いですが、洗いが大切な仕事だと感じました。

生コンの納品が終わるとすぐに備え付けのホースでミキサーを洗わないといけません。

付着した生コンが固まってしまうからです。

走る回数はプラントと現場との距離にもよりますが1日に何往復も走る場合もあります。

コンクリートミキサー車はきつい?大変ですか?

上記の通り生コン車の仕事自体は力仕事ではありません。

しかし生コンが固まらないように洗ったり完全に固まった生コンをトンカチで叩いて割って洗車したりと、とにかく車をキレイにしないといけません。

洗車の嫌いな人には向いていないかもしれませんね。

それと大変といえば朝が早いのがきつかったですね。

生コンに乗っていた時は朝の4時くらいには起きていました。

会社に出勤してプラントまで行って生コン積んで現場に朝一に到着しとかないといけないので逆算すると4時起きでした。

生コン車の運転手の給料はどれくらい?

僕が勤めていた会社では1日の日当が15000円でした。

残業代が1時間につき2000円付いていました。

月に20日ほど出勤して30万ちょっとでした。

日雇いだったので社会保険や厚生年金もなく自分で国民保険と年金を払っていました。

給料体系は会社によって違うと思います。

僕は仕事内容からして日当15000円でも悪くはないと思いましたが…

生コン車の運転手は仕事が不安定?

生コン車って雨が降ると仕事がなくなるんですよね。

前日から分かっていればいいのですが、朝急に担当者から電話があって休みになるんです。

会社まで出勤して待機して、今日休みとなることもありました。

その場合は給料はでませんでした。

僕が働いていた時期がちょうど梅雨だったので仕事がなく給料も少なかったんです。

正社員になると月給である程度保証されるとの事でした。

生コン車の運転手をしてみて苦手だった無線!

生コンの運転手は無線でやり取りをしています。

プラントとドライバー、もしくはドライバー同士が業務無線を使ってやり取りをしています。

それとは別でアマチュア無線も積んでいて、この無線ではドライバー同士がレポート以外に少しざっくばらんな会話をしたりします。

僕は会話を聞くのはいいのですが口下手なので話すのが苦手でした。

無線独特のしゃべり方や専門用語もあり、なるべく話を振られないようにしていました 笑

会社選びも大事!

僕は知り合いの紹介でたまたま入りましたがアルバイトで生コン車に乗っていて思ったことは会社によって給料や待遇がかなり違うという点でした。

自社プラントを持っているような大手のドライバーは給料やボーナスもしっかりしていますが庸車の会社では本当に違ってきます。

期間限定のアルバイトドライバーなら庸車でもいいですが本気で就職するならやはり大手がいいと思います。

※絶対に失敗したくない会社選び!

本気で運送会社を探すならこの業界に20年携わっている僕がお勧めする求人サイトをご活用下さい。きっとお役に立てると思いますよ。

>>おすすめ転職サイト完全ガイド

まとめ

たったの 3ヶ月間でしたが僕がコンクリートミキサー車に乗って感じたをまとめてみました。

メリット

力仕事ではない

色んな現場にいける

建物が建っていく感動を味わえる

そこそこ給料がいい

デメリット

洗車が大変

朝が早い

仕事が天候に左右される

無線が苦手

以上が生コン車の運転手を体験してみて感じたことです。

その後僕はもっと稼ぎたくて長距離の運転手になりましたが、今思えば楽しかった思い出です。

生コン車は女性ドライバーも多く活躍されていました。

生コン車の運転手へ転職を考えている方に少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク