4tトラック運転手の給料や年収は高い!?その仕事内容とは!

4tトラック運転手の給料年収

トラック業界は色々な仕事や会社があり、仕事内容によって給料が変わります。

また、都市部や地方によっても給料は変わります。

就職する際は、仕事内容や給料など自分に合った仕事を探しましょう。

今回は、ある地方のデータを元に簡単に紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

4tトラック運転手の給料と年収を公開!

給料に関してですが職種によって変わります。

仕事がキツイ場合は通常より給料か高めとなっている様です。

一般的に総支給額が平均で30万円前後です。

年収は350万円前後です。

残業時間でも変わってきます。

ドライバーといっても、地場や中距離、長距離でも違いますし、定期便なのかフリーなのか貸切便なのかでも変わります。

地方や年齢でも給料は変わります。

4tドライバーの平均年収や手取り額はいくら?

一般的に扶養家族がいて、尚且つ平均年収が350万円前後である場合は若干増えます。

手取りは税金や保険料で変わります。

月の給料 ⇒ 約25万円程度

年収の手取り ⇒ 約300万円

これくらいです。

会社によって賞与があれば更に増えると思います。

年収の手取りは平均で総支給額の75%~80%ぐらいです。

4tトラック運転手の1日の仕事内容とは!

会社や荷物の量で変わってきますが一般的にはこんな流れです。

朝8:00出社 ⇒ 運行前点検、荷物の積み込みをして配送へ出発

夕方17:00に業務終了となります。

会社によって違いますが、宅急便の場合は、全ての荷物の配送が終わると夕方ぐらいから集配作業に移ります。

お客様が預けている所に荷物を回収しに行き営業所へ持ち帰ります。

その後、翌日配送先ごとに分ける場合があります。

2便体制といって、通常の一般貨物は、一度配送に出て荷物を配達し終えたら、会社に戻ります。

そして再度荷物を積んで出発する場合があります。

これが2便体制です。

会社によっては、翌日配送分の荷物の仕分け(配送ルート別に分ける)の作業がある場合もあります。

休憩や食事休憩ですがドライバーの仕事は毎日決まった時間にお昼休憩が取れるものではありません。

仕事の合間に取るような感じになっています。

4tドライバーは地場、そして中距離と長距離の大きく分けて3つで、仕事内容が変わります。

仕事内容をよく確認し、自分には向いているのかをしっかり見極めましょう。

4tトラック運転手が走る距離はどれくらい?

職種や仕事の内容によって異なります。

4tドライバー地場中距離、長距離それぞれ仕事内容が変わると同時に走行距離も差がでます。

参考として例を挙げると、

地場(ルート配送)の場合は平均150km~200km
中距離な場合は片道200km圏内を拠点に配送するので1日で平均500km~600km
長距離の場合は片道300kmを超える配送なので平均900km~1000km

これは平均の走行距離なので、目的地などによって走行距離が前後します。

まとめ

まとめ

4tドライバーの給料や年収は荷物や職種によって違ってきます。

また勤続年数や諸手当などでも変わってきます。

1日の仕事内容は何トントラックを運転するのか、またどれくらいの距離を走るのかで変わります。

これらの条件は求人票に細かく書かれているのが一番ですが、詳しく書かれていことは少ないので、会社が求人募集をだしていた場合は、応募する前に電話なので条件等を聞いておくと良いでしょう。

インターネットの口コミなどでも会社の事を知ることが出来ます。

スポンサーリンク