トラック運転手の服装とは?身だしなみや茶髪・髭はアウト?

トラック運転手の身だしなみ

トラック運転手の服装や身だしなみ、茶髪・髭はアウトなのか気になる方もいるはず。

トラック運転手と言うと、汚れても良い作業服を着ている方が多いイメージ。

そこで、今回はトラック運転手の服装と身だしなみ、茶髪・髭はアウトなのかについて解説していきます。

スポンサードリンク

トラック運転手の服装とは!

トラック運転手の服装は、グレーやダウンなど汚れても目立たない作業服を着ている方が多いです。

運転中でもそうですし荷物の積み荷をするときでも作業服は欠かせません。

トラック運転手の作業服は、たくさんポケットが付いていたりボールペンなどがポケットに入れられるような作業服が便利です

また、トラック運転手として働くときは会社側から指定された作業服をもらうこともあれば、自分で作業服を用意することもあります。

会社側から指定された作業服をもらったときは、そこに会社名が入っていますので、その名前を目立つように着ましょう。

ドライバーの身だしなみルールとは?

トラックドライバーの身だしなみルールは、大企業なら厳しいルールがありますし中小企業ならルールが緩いところもあります。

社会人として最低限は、ドライバーも身だしなみに気をつけなくてはいけません。

トラックドライバーの身だしなみとしては、派手なアクセサリーや派手な靴などを履いて勤務しようとすると信頼を失う可能性もありますので要注意

トラックドライバーをよく街中で目にしますが、最低限身だしなみに気をつけているような方が多く見られました。

派手な物を付けているトラックドライバーの方は少なかったです。

トラックドライバーの髪型は自由なの?

トラックドライバーの髪型は、自由にしている会社もあれば髪型のルールがあるところもあります

ただし、ここ最近では髪型のルールを設けていない会社が増えてきており、徐々に緩和されてきています。

トラックドライバーを街中で目にするとき、最低限の身だしなみを気をつけている方は多くいるものの、髪型に関してはコーディネートしている方をたまに見かけました。

髪型のルールは中小企業も大手企業のトラック会社も徐々に緩和されてきていますので、髪型をコーディネートしたい方はトラックドライバーとして働くのもいいでしょう。

茶髪に髭はダメなの?

トラックドライバーは、茶髪はOKとする会社もあれば禁止する会社もあります。

髭に関しては、印象を良くするためにも禁止としているところがほとんど。

大手運送会社で茶髪が許されているところはほぼありません。

個人経営などの運送会社だと頭髪の決まりもさほど厳しくはないでしょう。

もし、茶髪禁止のところで働くのであればしっかりと指示に従ってください。

トラックドライバーとして印象を良くするためにも髭は毎日剃るということを意識した方がいいかもしれませんね。

トラック運転手の面接でふさわしい服装は?

これからトラック運転手として働く方は、面接でふさわしい服装も知っておいた方がいいでしょう。

面接のときは、スーツと指定される場合もあれば服装自由の場合もあり会社よってさまざまです

スーツを指定されたら、スーツで面接に向かいましょう。

服装自由で面接するときは、清潔感の感じられる服装もしくは、スーツで行くのもアリです

面接のときは、第一印象が大事です。

見た目の印象も採用に大きく関係してくるので、服装や頭髪などきれいにして臨みましょう。

スポンサーリンク