運転手にとって楽な靴ってどんなの?簡単に出来る長時間運転対策とは!

長時間運転がキツい原因の一つに靴があります。

靴は意外にも足を締め付けるし蒸れの原因にもなります。

靴には足を守る安全靴から履き心地やファッション重視の靴など様々な靴があります。

この記事では楽に運転ができる靴について書いていきます

スポンサーリンク

楽に運転するなら靴を履かない選択も有り!

僕の職業は長距離トラックの運転手です。

実は運転するのに1番楽な靴は「素足」なんです。

靴を履くと少なからず足を締め付けますし長時間となると脚のむくみや体にも良くないです。

足の蒸れは臭いや水虫の原因にもなるので裸足が1番楽でいいんですよね。

道路交通法にも履かないといけないという制限はありませんので大丈夫です。

しかし普段は土禁車にしていない方はペダルを綺麗に拭いたり靴下を履く必要はあるかと思います。

サンダル運転は違反なの?

よくサンダルで運転をしている人を見かけますが厳密に言うと「踵のないサンダルや靴は違反」です。

クロックスならオッケーですが踵のないスリッパは違反です。

ハイヒールも高さによっては違反になりますし下駄もダメです。

まぁ、ハイヒールや下駄で運転する人もいないでしょうが (^-^;

サンダルやスリッパ運転についてはこちらの記事で詳しく書いています。
僕は昔スリッパ運転で交通違反切符を切られた経験があります。今回はサンダルやつっかけ、スリッパや下駄、草履、ハイヒール、裸足で運転すると違反になるのか調べてみました。
併せてご覧下さいませ。

ドライビングシューズも人気!

ドライビングシューズが話題になっていますよね。

色んなシューズメーカーから販売されています。

足裏とペダルとのレスポンスを高める為に靴底のゴムが薄い構造になっていて運転がしやすくなっています。

ファッションやお洒落のアイテムとしても人気となっていて最近すごく見かけるようになりました。

まとめ

今回は運転の楽な靴という事で記事を書いてみました。

意外にも履かないのが1番楽なんですよね

トラックの運転手は殆どが履かないかクロックスです。

見た目も気にしたい方はドライビングシューズもありだと思います。

体にストレスなく安全に運転できる事が最も大切ですから。

最後まで読んで頂きありがとうございます^ ^

長距離のトラック運転手は仕事中はつま先に硬い鉄板の入った安全靴を履かないといけません。 しかし運転中や仕事外ではスリッパやサンダルを履...
スポンサーリンク

よければシェアをお願いします(^^)

フォローする