運送業界で働きたい方へ取得しておきたい必要な免許とは!

こんにちは!

長距離トラック運転手のイッシーです。

どこで働くにも免許って必要ですよね!

運送業界で働くにも必要な免許があります。

今回は運送業界で働くのに絶対にとっておきたい免許を紹介します。

スポンサーリンク

大型免許

大型トラックで運転手をしたい方には絶対に必要な免許です。

大型自動車第1種免許といい、最大積載量6500kg以上のトラックを運転するのに必要になります。

大型の生コン(ミキサー車)やダンプカーなどもこの免許が必要です。

ちなみに大型自動車第2種免許はバスを運転するのに必要な免許です。

2種免許は学科試験がより難しくなります

中型免許

いわゆる4トン車を運転するのに必要な免許になります。

昔は普通免許で乗れた4トン車が2007年に新設された中型自動車免許により乗れなくなりました。

更に2017年には準中型自動車免許も新設され区分がより複雑になりました。

けん引免許

トレーラーを運転するのに必要な免許になります。

750kgを超える車両をけん引するのに必要な免許ですが、トレーラーを持っていない運送会社では使うことはないでしょう。

しかし持っているとドライバーとしてのステータスや価値も上がるし取っておいても損は絶対にないでしょう。

運行管理者

運行管理者は『運管』とも言われ、主に運行を管理する事務側で働きたい方に必要な免許です。

運送会社は事業用の車両の数により運行管理者が必要になります。

運行管理者の免許を取得するには、国土交通大臣指定試験機関が行う運行管理者試験に合格する必要があります。

フォークリフト運転者

フォークリフトを運転するのに必要な免許となります。

フォークリフトは取得すると発行されるのは、免許証ではなく修了証となります。

トラックの運転手でも現場によってはフォークリフトに乗る場合があり、この免許がないと現場で作業できない可能性もあります。

追伸

今回は運送業界で働くのに必要な免許について書いてみました。

運転手でも将来を見据えて運行管理者の免許を取る方もいらっしゃいます。

色んな免許にチャレンジするのもいいかもですね!

取得した免許は宝物です。

大切にしましょう^ ^

スポンサーリンク