トラック運転手はボーナスなし?運送業のボーナス無しはブラック企業?

トラックの運転手はボーナスが無いとよく言われています。

特に個人経営の運送会社なら尚更です。

しかし求人募集をみると賞与有りの会社も多いですよね。

この記事ではトラック運転手のボーナス事情を書いています。

トラック運転手で年収アップするのは簡単です。
こちらの記事でくわしく解説していますのでご覧ください。

「給料があと5万円あったらなぁ」 トラックドライバーなら誰しも思ったことがあると思います。 たかが5万円、されど5万円、簡単そうで難...

スポンサードリンク

トラック運転手はボーナスなし?

トラックドライバーでボーナスが貰える会社は実際には少ないです。

大手の運送会社ではしっかりともらえますが普通の個人の運送会社や庸車ではボーナスではなく寸志が貰えればいい方です。

私の会社でも寸志しかでません。

一般のサラリーマンのように給料夏冬合わせて給料の4か月分などという会社はまず無いと言っても過言ではありません。

大手の運送会社でもせいぜい1か月分や2か月分です。

ボーナスなしの運送会社はブラック企業?

では、ボーナスが支給されない会社はブラック企業にあたるのかと言えば、そうではありません。

ボーナスは、労働契約や就業規則にその賞与などの支給基準が明らかにされているのであれば支払う義務がありますが、労働契約などに明確な記載がない場合は支払う義務はありません。

ボーナスが支払われないからと言ってブラック企業になるのは話が変わってきます。

もっと言えば、ボーナスが支給される会社だとしてもブラックな部分があるかもしれませんしね。

ボーナスとブラック企業はまったく関係ありません。

自分の推定年収をご存じですか?

管理人のイッシーです。

自分の推定年収を調べたところ65万円以上も損していることが判明しました(^^;

あなたも調べてみてはいかがでしょうか。

無料で簡単に調べることができます。

>>損してませんか?自分の推定年収を調べてみる

寸志とボーナスの違いや金額とは!

求人募集をみると賞与ありの運送会社も多くありますが実際には寸志程度の金額しか貰えない場合が多いです。

賞与やボーナス、寸志の明確な定義は実はありません。

要はその会社で賞与と呼ぶのかボーナスと呼ぶのか寸志と呼ぶのかの違いなんです。

5万円でもボーナスという会社もあれば20万円でも寸志という会社もあるという事です。

金額は会社によって変わってきます。

しかしイメージとしては賞与とボーナスが同じで寸志だけがかなり低いお小遣い程度の金額って感じですよね。

賞与と聞くとボーナスの事で給料の最低でも1ヶ月分や2カ月分くらいかなとか想像しますよね。

でも運送業界では運転手のボーナスとは寸志を指すことが多いです。

僕の会社でも寸志です。

金額でいうと夏が5万円、冬も5万です。

これらは税金は引かれません。

そのまま現金支給です。

大手の運送会社ではしっかりとボーナスとして支給される会社が多いですが、僕が勤めているような庸車(下請け)会社では寸志の手渡しの場合が多いです。

もちろんしっかりとボーナスをくれる会社もありますが10万円でたらかなり良い方だという感じがします。

トラックドライバーはボーナスよりも月収で勝負!

上記のように運転手はあまりボーナスは期待できません。

しかし高い給料や年収を稼ぐ事は不可能ではありません。

運送会社は歩合制が多く頑張れば頑張っただけ給料が稼げるシステムになっています。

法律で昔ほどは走れなくなりましたが、それでも頑張れば月収50万は可能なラインにあります。

こちらの記事では実際に僕の給料明細をお見せしています

>>大型トラック運転手の給料明細をガチ暴露!月収50万の証拠画像はこちら!

このように月々の給料を稼ぐ事でそこそこの年収をキープしているわけです。

運転手でボーナスのある会社に就職するには!

それでもやはりボーナスがしっかりとでる会社に就職したい方も多いはずです。

ボーナスが出る会社なら大手がおすすめです。

少し昔の話ですが僕の知り合いは某大手の自社便の運転手ですが、12月には給料50万、ボーナス50万で合わせて100万円の同時振り込みでした。(長距離ドライバーです)

今は法律によりあまり走れなくなり月々の給料が減り年収は下がったようですが…

ボーナスの出る運送会社の求人情報や転職のコツとは

リクルートエージェントアドバイザー

人手不足の運送業界は今どの会社も人材を欲しがっています。

今はドライバーが会社を選べる時代と言っても過言ではありません。

そこでボーナスの出る運送会社見つけるコツがエージェントの利用です。

現在では転職エージェントからドライバーに転職するケースが主流になっています。

未だにブラック企業の多い運送業界で個人の面接のみで会社を決めてしまうのは危険を伴います。

そのなかでもおすすめのエージェントが「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは日本最大手の転職エージェントです。

リクルートエージェントではプロのアドバイザーが企業と給料や労働時間の交渉までしてくれます。

ボーナスの出る運送会社を探すならアドバイザーにたった一言、「ボーナスの出る運送会社を探して下さい」と伝えればオッケーです。

いちいち面接に行かなくても事前にアドバイザーが確認してくれるので時間の節約になります。

お金の話や自分の要望など面接官に話しをするのが苦手な方は特に利用したいサービスです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。

非公開求人にする理由は企業が社内の採用情報を外部に漏らしたくないのと採用コストを抑えるためです。

あなたがネットで探してもいい企業が見つからないのはこの非公開求人になっている可能性が高いです。

大手を狙うなら非公開求人数が日本でダントツ1位のリクルートエージェントを利用しましょう。

非公開求人の中に希望する企業が隠れているかもしれません。

福利厚生や休み、退職金がしっかりしている大手企業なら安心して長く勤めることができますからね。

もちろん無料で利用できますし絶対に転職しないといけないわけではありません。

時間をかけて相談しながら転職したい方は是非ご利用下さい。

5分で簡単に登録ができます。

エージェントに無料相談する>>

まとめ

今回はトラック運転手のボーナス事情について記事を書きました。

ボーナスが出る会社ももちろんありますが、金額に関しては寸志程度の会社が多く求人募集内容や実際の面接で確認する必要があります。

また月給で稼いで勝負したいなら庸車、休日やボーナスを求めるなら大手といった感じでしょうか。

今は転職サイトも内容が濃くなっているのでじっくりと探してみて下さい。

この記事がお役に立てれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます^ ^