ラッシングバーの使い方や耐荷重とは!トラックの荷締め方法をご紹介!

トラックへの荷物の積み込みが完了したら必ずラッシングをしないといけません。

ラッシングとは積み込んだ荷物が荷崩れを起こさないように荷締めをすることです。

ラッシングをしないと荷物が崩れたり倒れたりして大変なことになります。

この記事では幾つかあるラッシング方法の一つのラッシングバーについてご紹介しています。

ラッシングバーとは

ラッシングバーとは

ラッシングバーとは積み込んだ荷物の最後の部分をトラックの発進や急停止、走行中に横揺れしても荷崩れを起こさないように固定する棒状のバーのことです。

ラッシングバーと似たようなものでラッシングベルトがありますが、こちらはバーではなくベルトで固定します。

ラッシングバーの使い方

ラッシングバーの使い方

ラッシングバーの使い方はシンプルです。

ラッシングバーの取り付け方

トラックのあおりやウイングの部分に付いているラッシングレールにバーを引っかけてロックします。

ラッシングバーのはずし方

ラッシングバーの外し方はレールに固定されたバーのロックを解除しながらはずします。

ラッシングバーによってロックの外し方が違う場合があります。

ラッシングバーの注意点

しっかりと壁を作る

バラ積みの荷物でラッシングバーを使うときは荷物で壁を作り固定しないとバーの効果がありません。

コンパネをたてるのもよい方法です。

積み込んだ荷物の最後の部分がしっかりとした壁にならない場合はラッシングベルトを使います。

ラッシングバーの耐荷重は

ラッシングバーは商品にもよりますが約2100から2400くらいのサイズのもので重さ10Kg弱です。

耐荷重はほとんどのバーで900Kgとなっています。

ラッシングバーの修理は?

ラッシングバーの修理は素人では難しいです。

金具が壊れたら先端部品が一色セットで販売されていますが修理に出すドライバーは少ないです。

手間や工賃を考えると新しいバーを買った方が安い場合もあります。

ラッシングバーは盗難注意

雑貨の仕事で荷物をおろし終わった後にラッシングバーを現場に忘れることがよくあります。

私も何回も経験がありますが気が付いて現場に戻ったり電話で確認すると必ずなくなっています。

一瞬でなくなります(^◇^;)

誰かが持っていくんですよね。

そういうことにならない為にもラッシングバーには会社名を油性のマジックで書いておいた方が無難です。

その他のトラックの荷締め方法とは

トラックの荷物のラッシングにはラッシングバー以外にも荷締めアイテムがあります。

ラッシングベルト(ガッチャ)

上記で少し説明しましたがバーでは止めにくい荷締めをする場合にはラッシングベルトを使います。

ラッシングベルトはガッチャとも呼ばれていてレールに引っかけるタイプと床からラッシングを取るフックタイプもあります。

ラッシングベルトについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

ラッシングとは荷物の積み込み途中や積み終わった後に荷物が動かないようにしっかりと荷締めをすることです。 ラッシングベルトでしっかりと荷...

トラックの荷締め用ロープ

平ボディのトラックでよく使います。

ウイング車ではまず使うことはありません。

トラックに付いているフックにロープを引っかけて荷締めをします。

ロープの結び方には南京結びや輸送結びがあります。

分かりやすい動画があったのでご紹介させて頂きます。

南京結びの結び方

輸送結びの結び方

トラックの荷締め用ワイヤー

鋼材や超重量物を運ぶ時に使用する荷締め材です。

ロープやベルトでは切れてしまうような鋼材を荷締めする場合に使用します。

まとめ

まとめ

今回はラッシングバーの使い方や注意点についてご紹介させて頂きました。

荷締めはドライバーの基本中の基本です。

ラッシングバーは稀に外れる場合があります。

しっかりとロックをしてさらに確認もしましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク