転職しても大丈夫?トラック運転手に向いてる人向いていない人!

どんな職業でも向いている人向いていない人がいます。

その仕事に向いている人はいいですが、向いてない人は苦痛でストレスを感じ結局は辞めることにもなりかねません。

僕は20年近く長距離の運転手をしていますが、こんなに長いこと続けてこれたのも向いていたからだと思います。

今回はトラックの運転手に転職を考えている方にトラック運転手の適性や向き不向きをお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

長距離トラックの運転手に向いている人とは!

一概にトラックの運転手といっても色んな仕事があります。

2トン車や4トントラック、大型トラックでも生コン車やダンプカー、トレーラーなど様々です。

どのトラックに乗り、どんな仕事をするのかによっても向き不向きは変わってくるでしょう。

僕は大型トラックの長距離運転手なので、このサイトでは長距離ドライバーに向いている人を書いていきますので参考になれば幸いです。

運転が好きな人

 まず第1に車や運転が好きな人が大前提です。

長距離の運転手は1日に6時間から8時間運転するのが基本です。

運転が嫌いな方には絶対におススメできない職業です。

しかし運転やドライブが好きな方にはもってこいの職業でしょう。

音楽を聴いたり友達と電話したりと運転をいかに楽しめるかがポイントです。

*ちなみに家庭用の車で6時間運転しろと言われたらかなりキツいです。
トラックは目線も高いし仕事なので自分の中でスイッチが入るんでしょうね。

渋滞が苦にならない人

苦にならないと言えば御幣があるかもしれません。

僕も渋滞は嫌ですし、寝る時間もなくなるので何一ついいことはありません。

ここで言う渋滞が苦にならない人とは、諦めてじっと待てる人です。

よく一般の車で右に出たり左に出たりする人いますよね?

どうせ前が渋滞しているんだから、そんな事しても一緒なのに、ちょこまかとする人がいます。

あんな人は絶対にトラックの運転手には向いていません。

大きな大型トラックでそんな事したら大迷惑ですしね。

諦めも肝心ですから渋滞の中で平常心を保てる人はこの職業に向いている人です。

仕事で色んなとこに行きたい人!

長距離の運転手はいろんな所にいけます。

僕は関西の人間でメインは関東方面を走っていますが仕事があれば九州でも北海道でも行けます。

色んな地方や知らない場所に行って見聞を広げたい方には向いている仕事だと思います。

孤独が好きな人

長距離の運転手は積み込み以外はほとんど1人の時間です。

長い時間、嫌な上司と顔を合わせながら仕事をすることもありません。

1人でいることが好きな方には向いている職業だと言えます。

はっきりとモノが言えるひと!

これもかなり重要です。

長距離の運転手は会社やお客さん、大型配車からいろんな要求をされる時があります。

もちろん応えるのがドライバーでもありますが、稀に本当に無茶苦茶な要求をされる時もあるんです。

こーゆー時にははっきりと『無理です
と言える勇気が必要です。

体がキツい時に、断りきれずに仕事を受けて事故を起こしても自分の責任になりますからね!

無茶な運行をさせた会社も責任の追及はされますが、そもそも断っていたら何も起きずに済んだわけです。

はっきりと『ノー』が言える方は向いていると言えます。

体力、精神力、根性がある人は向いている!

長距離運転手の仕事ははっきり言ってキツいです。

あの大きなトラックに荷物を満載にバラ積みするにはかなりの体力が必要です。

体力のない人は根性で積むしかありません。

根性のない人は精神的で積むしかありません 笑

ヘトヘトになり積み込んだ後に長時間の運転が待っています。

僕も慣れるまでは本当にキツかったです。

長距離運転手のリズムや体を作るのに約3ヶ月はかかります

それを乗り越えるだけのモチベーションやマインドはやはり体力、精神力、根性だと思います。

長距離トラックの運転手に向いていない人とは!

長距離の仕事が向いていない人とは、単純に向いている人の逆です。

運転が嫌いな人、渋滞が我慢できない、いろんな所にいきたくない、はっきりとモノがいえない寂しがり屋で根性や体力がない人となります 笑

ここではもう少し違う観点から向いていない人を書いてみたいと思います。

給料を時給で計算する人!

給料を時給で計算する人は長距離ドライバーには向いていません。

なぜならトラックの仕事は事故や交通状況で終わる時間が変わるし、それに対しての給料は出ないからです。

事故にハマって5時間終わるのが遅くなった、その分の時給を下さいと言っても貰えないんです。

法律的には残業代が請求できるらしいですが、そこまでするドライバーは殆どいませんし、貰えなくて当たり前になっているのが運送業界の現状なんです。

こんにちは! 現役の中年長距離ドライバーのイッシーです。 何日間もトラックに拘束される運転手の残業代はとんでもない金額になりそうです...

それに長距離運転手の仕事はすごく長い時間トラックに拘束されます。

その時間まで時給で計算すると悲しい数字になります。

なので時給で給料を計算する人は長距離運転手には向いていないでしょう。

真面目な人

当たり前ですが真面目は社会人として大切なことです。

真面目でない人は会社から解雇される可能性だってあるでしょう。

ここで言う真面目とは『真面目過ぎる人』です。

長距離運転手の仕事は計算通りに終わらないことが多いです。

事故で高速道路が通行止になったり、思わぬアクシデントや繁忙期で出発が大幅に遅れるなどです。

それでも責任感からか荷物を時間内に届けないとと焦ったりイライラするドライバーがいます。

前述の渋滞のとこでも触れましたが、諦めも肝心だし気持ちを切りかえることだってプロとしてのテクニックなんです。

長距離の仕事ほど真面目過ぎるのが仇となる仕事も少ないでしょう。

寝るのも仕事』なのが長距離の運転手なんです。

スポンサーリンク

さいごに

今回は長距離運転手に向いている人、向いていない人を自分自身の経験やいろんなドライバーを見てきて思った事をそのまま書いてみました。

いくら給料が良くても向いてない仕事はやはり苦痛でしかありません。

今回のこの記事で是非セルフチェックしてみてくださいね。

また未経験からの転職のコツはこちらの記事で詳しく説明しています。

>>トラック運転手に未経験から転職するコツ!成功するための秘訣とは!

併せてご覧ください。

トラックの運転手になりたい方や転職をお考えの方に少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク