ヤマト運輸の傭車が人気の理由とは!募集状況について!

ヤマト運輸の庸車が人気の理由

路線の傭車のドライバーの間で人気の仕事がヤマト運輸です。

ヤマトの仕事がしたくて会社を移るドライバーも多くいます。

この記事ではクロネコヤマトが人気の理由や給料、就職状況について書いています。

ヤマト運輸の傭車が人気の理由とは

路線ドライバーの間でヤマトの仕事はすごく人気です。

その理由はなんと言っても「カゴ輸送」です。

通常大手の路線の仕事はほとんどがバラ積みです。

私も佐川急便や、福山通運、西濃運輸など様々な雑貨の路線の仕事をしてきましたがヤマト運輸はバラ積みはほとんどありません。

肉体的に言えばバラ積みよりはうんと楽です。

長距離のドライバーはいつまでバラ積みの仕事をやっていけるのか不安があります。

そこでヤマト運輸のカゴ輸送なら60歳の定年までやれそうだとなるわけです。

実際に私の会社からもヤマト運輸のグループ会社に1人、ヤマトを走っている傭車に4人ほど転職しました。

ヤマトの傭車の給料の相場について

ヤマト運輸の傭車の知り合いドライバーに聞くところによると月給は大阪から東京間を10回走って総額で40万円、手取りで30万前半ということです。

他のドライバーに聞いてもだいたいそれくれいになるようです。

ヤマト運輸のグループ会社に就職したドライバーはもう少しいいとのこと。

昔は給料50万、ボーナス50万という時代もあったらしいですが今では働き方改革によってあまり走れなくなり稼げなくなったと嘆いていました。

ヤマト運輸の傭車の募集状況について

ヤマト運輸の本体やグループ会社の路線ドライバーは募集もあまり出さなく狭き門になっています。

なのでヤマト運輸の仕事をしている傭車に人気が集まっています。

傭車名はここでは控えますが求人誌に募集は出ずに紹介制でドライバーが集まる感じです。

ヤマト運輸の傭車に就職したドライバーが知り合いを呼ぶというシステムです。

実際に私の会社からも数人引き抜かれて転職しました。

ヤマト運輸の傭車のデメリットについて

ヤマト運輸の路線を走っている庸車に転職したドライバーはほとんどが仕事が楽になり転職して良かったと言いますが土日祭日やお盆正月ゴールデンウィークに仕事があるのが唯一の難点だということ。

もちろん他の日に休みはもらえるらしいですが日曜日や大型連休を世間並みに休みたい人にはデメリットとなるようです。

まとめ

まとめ

この記事ではヤマト運輸の路線の庸車が人気の理由について書いてみました。

バラ積みがほとんどの大手の路線会社の中でヤマト運輸のカゴ輸送をやりたいドライバーは多いです。

しかし休みがない、時間に追われるなど決して楽なだけではないようです。

ヤマト運輸の路線の自社ドライバーは集配ドライバーから段階を経て路線ドライバーへとなるので中々空きがなく難しいようです。

クロネコヤマトのグループ会社の路線ドライバーへの就職も難しいです。

実は私も行こうと思ったのですが年齢と免許が満点じゃなかったので諦めた経緯があります。

それに比べて傭車なら知り合いがいると比較的に入りやすいので人気が高いわけです。

本日はこの辺で、

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク