ヤマト運輸の傭車が人気の理由とは!傭車の相場や募集状況について!

ヤマト運輸の庸車が人気の理由

そもそも、庸車とは協力会社のことをいいます。

そして、その路線の傭車ドライバーの間で人気の仕事がヤマト運輸です。

ヤマトの仕事がしたくて会社を移るドライバーも多くいます。

では、なぜそんなにヤマト運輸の庸車が人気なのでしょうか?

そこで今回は、ヤマト運輸の傭車が人気の理由や庸車の相場、募集状況などについて解説していきます。

想像以上に「給料や年収を上げる方法を教えてくれ!」という質問やご要望がありましたので、下記の記事で詳しくまとめました。
詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

🔗誰でもできる!超簡単に年収が60万円以上アップする3つの方法とは!

スポンサードリンク

ヤマト運輸の傭車が人気の理由とは

路線ドライバーの間でヤマトの仕事はすごく人気です。

その理由はなんと言っても「カゴ輸送」です。

通常大手の路線の仕事はほとんどがバラ積みです。

私も佐川急便や、福山通運、西濃運輸など様々な雑貨の路線の仕事をしてきましたがヤマト運輸はバラ積みはほとんどありません。

肉体的に言えばバラ積みよりはうんと楽です。

長距離のドライバーはいつまでバラ積みの仕事をやっていけるのか不安があります。

そこでヤマト運輸のカゴ輸送なら60歳の定年までやれそうだとなるわけです。

実際に私の会社からもヤマト運輸のグループ会社に1人、ヤマトを走っている傭車に4人ほど転職しました。

ヤマトの傭車の給料の相場について

ヤマト運輸の傭車の知り合いドライバーに聞くところによると月給は大阪から東京間を10回走って総額で40万円、手取りで30万前半ということです。

他のドライバーに聞いてもだいたいそれくれいになるようです。

ヤマト運輸のグループ会社に就職したドライバーはもう少しいいとのこと。

昔は給料50万、ボーナス50万という時代もあったらしいですが今では働き方改革によってあまり走れなくなり稼げなくなったと嘆いていました。

あなたはヤマトの傭車ドライバーに向いてる?

ヤマトの傭車ドライバーには向き不向きがあります。

向いていないと絶対に長続きはしません

向き不向きが分かる性格診断テストはこちらから簡単に受けれます。

ヤマトの傭車ドライバーを目指すなら一度は受けましょう!

🔗自分がヤマトの傭車ドライバーに向いているかチェックしてみる

ヤマト運輸の横持ち便とは!

横持ち便とは、主にベースとセンター間での輸送のことをいいます。

横持は10トン車や4トン車で行うことが多いです。

ヤマト運輸は基本的にカゴ輸送で配送します。

こちらの仕事も非常に人気が高い仕事になっています。

バラ積みやバラ降ろしがほぼないヤマト運輸は、運送業界の中でも希望する人が多いです。

ヤマト運輸の傭車のデメリットについて

ヤマト運輸の路線を走っている庸車に転職したドライバーはほとんどが仕事が楽になり転職して良かったと言いますが土日祭日やお盆正月ゴールデンウィークに仕事があるのが唯一の難点だということ。

もちろん他の日に休みはもらえるらしいですが日曜日や大型連休を世間並みに休みたい人にはデメリットとなるようです。

ヤマト運輸の傭車の募集状況について

ヤマト運輸の本体やグループ会社の路線ドライバーは募集もあまり出さなく狭き門になっています。

なのでヤマト運輸の仕事をしている傭車に人気が集まっています。

傭車名はここでは控えますが求人誌に募集は出ずに紹介制でドライバーが集まる感じです。

ヤマト運輸の傭車に就職したドライバーが知り合いを呼ぶというシステムです。

実際に私の会社からも数人引き抜かれて転職しました。

ヤマト運輸の庸車の情報や求人、転職のコツ

リクルートエージェントアドバイザー

ヤマト運輸の庸車の情報がもっと知りたい、もしくは実際に転職まで考えている人は「エージェント」を活用してみてください。

今、運送業界の情報収集や転職にはエージェントの利用が主流になっています。
ブラック企業の多い運送業ではエージェントに条件の交渉や嘘がないかの確認をしてもらったほうが安心です。

運送業界で一番おすすめできるエージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは業界最大手で求人数、実績が日本一です。

リクルートエージェントでゲットできる情報

  • 給料や年収、ボーナス
  • 詳しい仕事内容
  • 労働時間や残業時間
  • 年間の休日
  • 取引先

などの情報収集ができます。

・ヤマト運輸の庸車を探す場合には必ずアドバイザーに「ヤマト運輸と取引があるか」を確認してもらってください。

・もしくはヤマト運輸の路線便を走っているヤマトの協力会社を探しているとお伝えください。

>>ヤマト運輸の庸車の詳しい情報をゲットする

リクルートエージェントは労働条件や賃金の交渉までサポートしてくれます。
実はそこが一番の有難いメリットです。
もう一歩踏み込んで企業の情報や実際に交渉だけでもお願いしてみたい方はこちらの具体例を参考にしてください。

  • 年収は600万円以上で探して欲しい
  • 勤務時間の希望は8時から17時まで
  • 残業時間は月に20時間以内で
  • 土日は休みたい
  • 同じ市内で探して欲しい

これをアドバイザーに伝えると条件に沿った企業を探してもらえます。
あなたが面接に行って確認してまわる面倒くさい手間がはぶけます。
さらに「事故をしたら自腹なのか?」など非常に聞きにくいこともアドバイザーに確認してもらうと良いでしょう。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっています。
理由は企業が外部に採用条件を漏らしたくないのと面接の対象者をエージェントから依頼のある希望者に絞ることで対応する手間をはぶけるからです。

あなたがいくら探しても情報が出てこないのはこの非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
あなたの希望する会社が非公開求人で見つかるかもしれません。

ぜひ相談してみてください。

>>リクルートエージェントでヤマト運輸の庸車の相談をする

登録は簡単で料金は一切かかりません。
登録したからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
あなたの情報収集にお役立てください。

まとめ

まとめ

この記事ではヤマト運輸の路線の庸車が人気の理由について書いてみました。

バラ積みがほとんどの大手の路線会社の中でヤマト運輸のカゴ輸送をやりたいドライバーは多いです。

しかし休みがない、時間に追われるなど決して楽なだけではないようです。

ヤマト運輸の路線の自社ドライバーは集配ドライバーから段階を経て路線ドライバーへとなるので中々空きがなく難しいようです。

クロネコヤマトのグループ会社の路線ドライバーへの就職も難しいです。

実は私も行こうと思ったのですが年齢と免許が満点じゃなかったので諦めた経緯があります。

それに比べて傭車なら知り合いがいると比較的に入りやすいので人気が高いわけです。

本日はこの辺で、

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク