トラック運転手は高卒だと給料が少ない!?メリットやデメリットとは!

高卒トラック運転手給料が少ない

トラックの運転手さんをあなたは、一度は見たことあるでしょう!

あなたが見た運転手さん、もしくはあまり見ないという人はどんな人を想像しますか?

おそらくですが、体が筋肉質で中年の男性ではないでしょうか?

私の見る人、もしくは想像だとそのような人になります。

正直若い人が乗っているイメージはあまりありません。

だからと言ってトラックの運転手になれないわけでは全くありません。

むしろ、業界としては若い逸材が欲しい状況なくらいです。

今回はそんな若い人、高卒や大卒でも運転手になれるのかなど、若いトラック運転手さんについてお話していきます。

スポンサードリンク

高卒のトラック運転手は稼げない?

稼げる、稼げないの判断基準がどこにあるのかはわかりませんが、周りの高卒での職業に比べると稼げる方だと思います。

しかし、同じトラック運転手さんと比べると稼げない方かもしれません。

トラック業界に限らず、長くやっている人の方が給料が高い、というのが今もあるからです。

ましてや運転手となれば長くやっている人の方が、運転技術があるからです。

どこと比較するかによってですが、高卒の他の仕事に比べると稼げる、同業者の人と比べると稼げないというのがあると思います。

高卒のトラック運転手の給料はいくら?

平均の年収は300万円くらいだそうです。

これはあくまでも全国平均でもあり、トラックの種類も全部含めた平均給料です!

なので、あなたが働こうとしている場所や、会社、それにあなたが持っている免許などによって給料は前後すると思います。

平均年収だけでみれば、高卒のトラック運転手さんはもらっている方でしょう。

あとはボーナスが出るか出ないか等そういった環境も、同じ運転手さんでも場所で違うと思います。

高卒のトラック運転手の仕事内容とは?

基本的にはトラックを運転して荷物を運ぶというのが一般的でしょう。

これは高卒だからというよりは仕事柄そうなります。

だって、トラック運転手だからです。

しかし、運んだ先で仕分けをしたり、荷物を積む、降ろすなどの仕事内容も入ってきます。

まとめると荷物を運ぶ際の準備から運転での配達ということです。

大卒と高卒で仕事内容に違いはある?

大きな違いはありません。

基本的には先ほど伝えた、荷物を運ぶ際の準備から運転での配達が主な仕事内容です。

しかし、違いもあります。

それは、大卒の人は事務関係の仕事、管理職に就く可能性があります。

事務や管理はとても大事な仕事内容になり、やはり高卒、大卒どちらをとなると、大卒のほうが選ばれやすいです。

大卒の方が大学でそのような勉強をしている人もいることもありますし、色んな資格を持っていることもあるからです。

あとは年齢の差もあります。

高卒は18歳、乗り物によっては18歳だと取れない免許も存在します。

そうなると、仕事内容に差が生まれることもあります。

基本的にはトラックの運転がメインになります!

高卒でトラック運転手になるメリットとデメリット

メリットはやはり給料が同じ高卒でも高いところ、それに若い人材は業界的に欲しいので就職がしやすいところでしょう。

デメリット取れる免許に制限がある、後は、万が一離職した時に次の就職先が見つけにくい。

というところではないでいでしょうか?

デメリットで少し的外れなことを言ったかもしれませんが、離職した時のことは考えておくことを私はオススメします。

当然一生続けるつもりで働くでしょうが、今のご時世何が起こるかわかりません。

特に若いうちはいいですが、年齢を重ねると体力的にきつくなると思います。

そんなときに転職先を探そうとしても大卒以上は多いですが、高卒は少ないです。

先のことかもしれませんが、これは頭に入れておいてください。

私の知人はそれで転職活動が大変そうだったので…

でも逆に言えば何が起こるかわからないご時世なので、未来はこの考え方もガラッと変わっているかもしれませんね!

さいごに

若い世代の運転手を本当に今求められています。

求めるだけではなく、離職させないように、労働環境も昔に比べ、改善されてきています。

高卒、大卒関係なくバリバリ働ける職業なのでぜひ興味のある人は就職を視野に入れてみるのもいいのではないでしょうか!

スポンサーリンク