運送会社の事務は大変できつい?仕事内容や給料、志望動機の書き方を解説!

運送会社の事務は大変

昨今での運送会社に求められるのは納期の厳守はもちろんの事、スピーディーな作業に加え正確性のある配達で有ります。

それらを各ドライバーたちが維持し、スムーズに取り組める業務として最も重要なサポート的役割を担ってるのが「運送会社の事務」であります。

今回ではそんな運送会社事務での「仕事内容とはどれくらい大変なのか」や、事務として働く場合に「必要となる資格」にぶっちゃけ「給料はどれくらい?」について詳しく調べてみます。

その運送会社事務での求人事情から、志望動機として転職へのコツにも触れてまいります。

※運送会社事務への転職や給料、勤務時間、勤務地の相談はこちらのエージェントが最適です。

登録は簡単で一切料金はかかりません。
アドバイザーがあなたの希望する会社を探してくれます。
勤務時間などの交渉までしてくれます。
登録しても絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

>>運送会社事務への転職の相談はこちらからどうぞ

スポンサードリンク

運送会社事務の仕事内容とは

主な業務としては、お客様からの注文商品を出荷する上でのピッキングリスト作成と、出荷指示のある多くの伝票をルートごとに振り分け、さらに整理などもしていきます。

事務所内での業務が主体となるため電話での対応も多く、取引先としての外部からの電話や社内での取り継ぎ電話の仕事が現状としては1日の半分を占めています。

では1日の中で主な業務となるものを簡単な項目別として以下に並べてみます。

■前日や当日に扱う商品などに関したデータを入力する作業

■出荷や入荷時で必要となる伝票の作成

■請求証の発行をしていく処理

■来客時での受付と、電話やメールでの対応等

これ以外でもレクレーションやそれらに伴う企画の運営など、会社によっては「事務仕事以外」を任される事もあります。

運送会社の事務はマジ大変!

運送会社での事務自体それぞれある他業種での事務作業とならび基本的にやる事は同じとされておりますが、ただ唯一他の業種と違うところが運送会社である故に「ドライバーとの絡み」があるという事です。

このドライバーとの絡みという所に一癖あり、それらの多くは「気が短い」人や「声が大きく口が悪い」など、少々気が荒かったりする人もいれば「何を言っても返事をロクに返して来ないドライバー」もいます。

ただこれらは全てのドライバーに当てはまるという事と言うわけではなく、いつも態度を変えず愛想の良い対応をしてくれるドライバーもたくさん居られます。

つまり運送会社での事務員として「苦労する特徴」で言うならば、余裕が無く気の荒いドライバーとの人間関係にも「怯まず対応できるだけの精神力」が無ければ少々厳しい業界だともいえますね。

運送会社事務に必要な資格

運送会社での事務員として働く場合「特に資格は必要ありません」

基本的にはどの業種であっても通常の事務作業であれば特に資格等は必要とせず、これは運送会社においても同じ事とされてます。

ただ資格や特別なスキルなど必要としない分誰でも出来る仕事ではありますが、事務作業におけるパソコンでのタイピングは伝票作成でのデータ入力に最低限必要とされております。

それらで「一応持っているとより良い」とされるスキルとしては

●Officeソフトでの基本操作

●キーボードでのブラインドタッチ

●普通自動車免許

ちなみに運送会社においての同じ事務作業では「配車事務」というのがあり、この場合だと「運行管理者」という国家資格が必要とされております。

運送会社事務員の給料はどれくらい?

事務員の場合だと管理職とは違い一見固定給にも見られがちでありますが、実際にはパート・アルバイトや契約社員としての雇用も多く、現状としては日給月給制と見ていいです。

それらを踏まえ、事務員での給料を大まかに見てみると月給の額では約15~18万円というのが一般的とされております。

またそれらを年収にすると約200~230万円程になるとされております。

運送会社事務の求人や転職へのコツ

運送会社での求人では、主にドライバーが多くの求人サービスにて募集を掲載しておりますが、同じ運送会社での事務員ではドライバーほどの人員不足ではない事から、あまり多く求人募集が見られません。

ただハローワークなどでは求人募集にかかる費用も掛からない為か「結構な数での募集掲載」がされておりますので、求職されてるのであれば一度は赴く価値もあるかと思います。

転職での志望動機としてはまず、「事務職に求められるのは何か」という事からを整理する必要があり、それらを自身に当てはめる項目としては「人と接する事が好きなのか」、あと複数のある作業を同時進行させていく上での「マルチタスクが出来るのか」や人の役に立ちたいという思いでの「人へのサポート」などを基本とし、あとスキルがあればそれらを加味して考えていけば良いでしょう。

※運送会社事務への転職や給料、勤務時間、勤務地の相談はこちらのエージェントが最適です。

登録は簡単で一切料金はかかりません。
アドバイザーがあなたの希望する会社を探してくれます。
勤務時間などの交渉までしてくれます。
登録しても絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

>>運送会社事務への転職の相談はこちらからどうぞ

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

運送会社での事務職というのは資格こそ必要とはしませんが、総合的な見方をすると決して簡単な仕事では無く、会社内での人間関係というのは避けて通れない仕事とも言えますね!

特にドライバーに対しては。

これは一部の会社の事では無く運送会社全般に言えた事であり、ある意味今後改善余地のある課題とも言えます。

ただ一つ言える事として多少の気苦労はあれど、そこから得られる物は決して嫌な事として終わる「マイナス」では無く、必ず「自身に対しての肥やし」となり得るのではないでしょうか。