40代でも大丈夫?未経験からのトラック運転手への転職について!

現役の長距離トラック運転手のイッシーです。

僕の会社には40代の前半、後半で未経験から転職されて来られる方もいらっしゃいます。

その中でもちろん活躍される方もいますが、辞めて行かれる方もいらっしゃいます。

今回は40代からのトラック運転手へ転職を考えている方へ、20年近くトラックに乗っている僕が思う事をお伝えします。

スポンサーリンク

40代からのトラック運転手への転職の現実とは!

40代で僕の会社に入社してくる方に横乗りなんかで動機を聞くとほぼ間違いなく給料面だと言います。

たしかに長距離運転手はまだ稼げる職種だと思います。

2トン車や4トン車ではあまり普通のサラリーマンと変わらず、50万以上が可能な長距離運転手を選ぶのはもちろんわかります。

しかし現実的にはなかなか難しい部分がありました。

まず僕の会社に面接にきた時点で大手の運送会社は年齢制限で無理だったわけです。

40代、未経験で雇ってくれる大手の運送会社はあまりなく庸車(下請け)への入社がほとんどでした。

庸車というのは下請け会社なので、仕事ももらい仕事が多く扱っている荷物もよくないことが多いです。

あの大きなトラックで重たい荷物を積み込み、そして眠い目を見てこすりながらの夜間走行です。

これを40代で未経験からやるのはかなりの体力やメンタルが必要になってきます。

しかし今は運送業界も高齢化が進んできて40代、50代から転職される方も増えてきました。

それに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

>>トラック運転手に年齢制限ってあるの?何歳まで転職できる?

辞めていく人の特徴とは!

40代で長距離運転手に転職してきて辞めていかれる方には特徴があります。

体力や目がもたない!

多くの方は体力や夜間走行での目がもたないという特徴です。

未経験の方はまず先輩と『横乗り』という研修期間があります。

ほとんどの方がこの研修期間で辞めます。

1、2回長距離を体験して無理だと判断するんです。

逆に横乗りを乗り越えた方は案外その後も続いています。

プライドが高い

40代で未経験から転職してくる方にはひとつの会社に長く勤められていた方も多いです。

転職すると年下が先輩になるケースがあります。

中には口の利き方を知らない若いドライバーもいます。

それが嫌で辞める方も意外に多いんです。

年は下でも先輩なので割り切れるくらいのほうがいいですね!

運送会社の会社選びのコツとは!

40代からの転職だとどうしても体力面が心配になります。

前職が肉体労働だった方ならいいのですが、そうでない方にはやはりきついものです。

ではどのような会社を選べばいいのでしょう?

パレットの仕事が多い会社を選ぶ

長距離の運送会社の仕事にはバラ積み、パレット輸送、カゴ輸送の仕事があります。

パレットやカゴでの積み込みは力仕事ではありません。

なのでパレットの仕事をメインでしている運送会社を探すのがいいでしょう。

ちなみにカゴ輸送で有名なのはヤマト運輸や郵便の仕事です。

自社便は年齢的に難しいですが、そこに入り込んでる下請け会社を探すのもいいですね。

休みの多い会社を選ぶ

運送会社の中には未だにブラック企業も多いです。

いくら給料が良くても体が持たなければ意味がありません。

そこでしっかりと体を休める時間があり休みの多い会社を選ぶことが大事になってきます。

面接時には出勤日数を必ず聞きましょう。

※絶対に失敗したくない会社選び!

20年間、現役で走っている僕がお勧めする求人サイトを是非ご活用下さい。

きっとお役に立てると思います。

>>おすすめ転職サイト完全ガイドはこちら

さいごに

40代からのトラック運転手への転職は正直体力面で厳しい部分もあると思います。

しかし頑張って乗り越えて稼いでいる方もいらっしゃいます。

向き不向きもあるでしょうが気持ちが1番大事だと思います。

どんな仕事でも初めはみんな初心者です。

慣れるまでが勝負です。

運転手に未経験からの転職で成功するポイントはこちらの記事で詳しく説明しています。

>>トラック運転手に未経験から転職するコツ!成功するための秘訣とは!

併せてご覧ください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク