役員ドライバーはきつい?必要な資格や1日の仕事内容とは!

役員ドライバーきつい?

役員ドライバーはきつい仕事なのか、必要な資格や1日の仕事内容も気なるところ。

トラックドライバーやトレーラードライバー、タンクローリードライバーなど他の運送業種と比べても、肉体的な負担は少なく続けやすい仕事とも言われています。

今回の記事では、役員ドライバーはきついのかについてと、必要な資格や条件、1日の仕事内容、辞める理由などについて解説します。

運転するのが好きな方や仕事選びで迷っている方は、この記事をご参考ください。

役員ドライバーの年収や給料明細に関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

役員ドライバーという仕事をご存知の方も少なくないはず。 他の運送業種と比べても肉体的な労働は少なく運送業種の中では、一味違ったお仕事で...

スポンサードリンク

役員ドライバーとは

役員ドライバーとは、特定の企業に勤め、社長や役員などを送迎するお仕事のことです。

送迎する際は、社長や役員などを送迎するときの専用の車を用いて送迎します。

コミュニケーション力と運転スキルが求められるお仕事ですので、コミュニケーション力と運転スキルに自信のある方であれば、長く続けやすい仕事です。

他の運転業種と比べても肉体的な負担は少なく、運動に自信のない方でも続けられる仕事です。

職場関係とのコミュニケーションが得意な方にこのお仕事をおすすめします。

役員ドライバーに必要な資格や条件とは

免許については、他の運送業種と比べて、中型免許や大型免許、けん引免許など特別な免許を取得する必要はありません。

普通自動車を運転する場合が多いため、最低でも普通免許を取得しておくと良いです。

普通免許が取得できたら、採用されやすいです。

そして、必要な条件については、まずコミュニケーション力が求められます。

コミュニケーション力がないと、毎日が大変になる仕事になってしまいますのでコミュニケーション力は必須として身につけましょう。

役員ドライバーの1日の仕事内容とは

1日の仕事内容はまず、朝の時間帯に社長や役員などの自宅に行き、そこで社長や役員が乗車するまで待機します。

社長や役員が乗車したら、目的地まで社長や役員を送迎してそこで再び待機します。

場合によっては、社長や役員などとランチをするときがありますので、そこでもコミュニケーション力が求められます。

社長や役員を自宅まで送迎したら、業務は終わりです。

基本は、社長や役員などの自宅に行き、目的地まで送迎して再び、社長や役員などの自宅に送迎するのが流れです。

役員ドライバーはきつい?

結論から言いますと、コミュニケーション力と運転スキルがないときつい仕事です。

なぜなら、コミュニケーション力と運転スキルが頻繁に必要になるからです。

そのため、コミュニケーション力と運転スキルがない方は、向いていません。

乗せる相手が相手なので、コミュニケーションが取れないと緊張するという話はよく聞きます。

役員ドライバーを辞める理由とは

辞める理由として一番多いのが、労働時間が長いことです。

役員ドライバーの労働時間は、仕事内容から見ると労働時間は少ないように見えますが、実際は労働時間が多いです。

待機する時間が長かったり長距離運転するときも、よくあります。

その他にも、職場関係が苦手で辞めた方もいればコミュニケーションが苦手で辞めた方も少なくありません。

役員ドライバーは女性でもなれる?

女性の方でもなれます。

他の運送業種と比べて、肉体的な負担は少ないため女性の方でも問題なく働けます。

ただし、一部では女性を採用しないところもありますので、求人アプリや求人サイトなど募集情報がわかるところでチェックすると良いです。

実際に、私の知り合いの方でも役員ドライバーとして仕事をしている方がいますが女性です。

他にも数人いました。

ですので、女性の方でもコミュニケーション力と運転スキルを身につけて目指しましょう。

スポンサーリンク