長距離ドライバーは過酷できつい!現役トラック運転手が実態を本音で暴露!

長距離ドライバーへの転職を考えている方は多いです。

しかし気になるのは長距離の運転手ってどれくらいキツくて過酷なのかです。

荷物の積み下ろしや労働時間、睡眠時間など体力面や給料面でのトラック運転手の生の声を現役長距離ドライバーの僕が本音で暴露します。

スポンサーリンク

長距離ドライバーは過酷できつい!

僕の本職は大型トラックトラックでの長距離ドライバーです。

おそらく1番キツくて過酷なイメージがあるでしょう。

僕が長距離に乗ったのは今から20年前です。

会社は個人の庸車会社で取り扱っている荷物もばら積みで大手の路線便でした。

あの大きなトラック1車分の荷物をバラ積みすると3時間くらいかかります。

冬はまだマシですが夏になると本当に地獄です。

作業服を2枚も3枚も着替えます。

それから6~8時間の長距離運転です。

路線便だと夕方から積み込んで夜に出発、明け方に現場に到着して朝に終わる感じでしょうか。

とにかくトラック1台分のバラ積み、それから長時間の運転、眠い目をこすりながらの荷下ろし作業、仕事が完了した時は本当にヘトヘトになります。

労働時間は運転時間も含めて12時間前後でしょうか。

しかし昼と夜が全く逆の12時間なので疲れの本質がまるで違います。

そして一旦出発すると最低でも3日は家に帰れません。

彼女や家庭がある方には相手側の理解や協力も必要となってきます。

長距離ドライバーは給料はたしかにいいですが、精神面や体力面でタフでないとかなりキツい仕事だといえます。

キツい仕事ですが、その反面給料はそこそこ貰える長距離ドライバー。
実際に僕がどれくらいの給料を貰っているのかを詳しく書いています。
>>月収50万以上稼げる?大型トラック運転手の給料明細をマジ暴露!
こちらも併せてお読みください。

長距離ドライバーは大きく路線ドライバーと貸し切りのドライバーに分かれます。

貸し切りとはチャーター便といって直接荷物をお客さんの所に積みに行く仕事です。

路線便とは大手の会社で集配が集めてきた荷物をまとめて積み込んで夜間走行で各地のセンターに届ける仕事です。

佐川や福通、西濃運輸、ヤマト運輸などの路線便が有名です。

こちらの記事では大手路線会社のきつさについてまとめています。

大手の路線ドライバーについて興味がある方も多いと思います。 佐川急便、西濃運輸、ヤマト運輸、福山通運などが有名ですが僕自身も走った会社...

長距離トラック運転手の過酷な労働について

幸いにして僕は3日に1回は家に帰れる長距離ですが知り合いドライバーの中には1か月ほど家に帰れないドライバーもいます。

九州のドライバーさんですが福岡と東京の往復、たまにスポットで青森まで足を延ばしていてかなりハードだということ。

睡眠時間も取れる時と取れない時があり大変そうです。

実は睡眠不足からの居眠り運転で事故を起こしたこともあり、もはや会社の責任は免れません。

運送会社にはいまだこのようなブラック企業も存在しています。

給料は総額60万で手取り50万ほど貰っているようですが事故の自腹や免許がなくなるリスクを考えたらやめといた方がいいと思いますね。

彼も他の運送会社への転職を考えているようです。

トラック運転手はどれくらいキツイのか!

トラックの運転手がどれくらい過酷できついのかですが、これは取り扱っている荷物や乗車しているトラックの大きさ、地場回りなのか中距離か長距離なのかで全然変わってきます。

2トンや4トンなどの集配作業には集配のきつさ、地場には地場のきつさ、中距離には中距離のきつさ、長距離には長距離のきつさがそれぞれにあります。

集配ドライバーのきつさとは!

集配ドライバーとは宅急便や企業のお客さんの荷物を主に2トン車や3トン車、4トン車で集めて回る仕事です。

荷物を集めるだけではなく引き取りも兼ねて回るので1日に回る件数がとても多いのがしんどいですね。

朝一などの時間指定が付く現場が何件もあったりお客さんからの催促など、何かと焦らされる仕事です。

その上給料は仕事の割には安いので辞める人や中距離や長距離へ転職されるドライバーも多いです。

2トン車のドライバーをしていた僕が大型トラックのドライバーになろうと思ったきっかけの記事です。
>>2トン車の運転手から大型の長距離運転手になろうと思ったキッカケとは!
長距離運転手になって良かったメリットやデメリットが書いています。

中距離ドライバーのきつさとは!

中距離ドライバーとは自分の地元から離れてだいたい300キロ圏内でその日に帰ってこれる範囲を走ります。

地場回りや集配ドライバーよりは回る件数もはるかに少なくなります。

しかしトラックは4トン車や大型トラックになり積む荷物の量が増えますし、出勤時間も早朝で帰宅時間は深夜になったり、深夜や前日に出発する場合もあります。

家にいる時間も中途半端になり体のリズムを作るまではしんどいです。

給料面ではそこそこ貰えますが長距離の運転手ばりに家に帰れないとか給料が極端に安いなどの会社も多いのが実情なので面接時には必ず確認しましょう。

運送会社は未だにブラック企業が多い職業です。
そこで面接時の確認は非常に重要になってきます。
この記事では求人や面接で気をつけたい会社の見極める方法を書いています。
>>オススメの運送会社って結局どこなの?転職に失敗しないコツや見極め方!
併せてお読みください。

まとめ

今回は長距離運転手のきつさや過酷さを本音で書いてみました。

昼と夜が逆の生活は慣れるまでに時間がかかりますし、どんなに睡眠をとっても夜は普通に眠たくなります。

バラ積みは本当にキツいし万年腰痛や不定愁訴は当たり前になります。

仕事内容や取り扱っている荷物、そして給料面や休日などは会社によってかなり変わってきます。

面接時に必ず確認しましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます^ ^

※絶対に失敗したくない会社選び!

本気で運送会社を探すならこの業界に20年携わっている僕がお勧めする求人サイトをご活用下さい。きっとお役に立てると思いますよ。

>>おすすめ転職サイト完全ガイド

一般的にトラック運転手は過酷できついと言われています。特に長距離ドライバーは本当にきついし過酷で辞める方も多いです。しかしトラック運転手にも楽な仕事もあります。運転手への転職をお考えで楽な仕事がしたい方はこの記事を参考にして下さいね。
スポンサーリンク