霊柩車の運転手はきつい?必要な資格や1日の仕事内容とは!

霊柩車の運転手はきつい?

霊柩車の運転手は、きつい仕事なのか気になる方もいるはず。

必要な資格や条件についても気になるでしょう。

このお仕事のイメージとしては、真面目な姿勢で取り組んだりお客に対して丁寧な対応もしなければならないイメージが強いです。

今回の記事では、霊柩車の運転手はきつい仕事なのかについてと必要な資格や条件、1日の仕事内容、辞める理由なども解説します。

霊柩車の運転手を目指している方や転職を考えている方、新卒で働きたい方はこの記事をご参考ください。

霊柩車の給料や年収、給料明細に関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

みなさん一度は霊柩車を実際に見かけたことがあるのではないでしょうか。 霊柩車の運転手の給料はどれくらいなのか、年収や給料明細についても...

スポンサードリンク

霊柩車とは

霊柩車は、葬儀場から火葬場まで遺体を移動させるための車両です。

車内の仕組みとしては、棺を固定するためのレールやストッパーが付いています。

最近では、火葬場併設斎場が増えてきたため、霊柩車はあまり見かけませんが、それでも求人サイトや求人アプリなどで募集しているところはあります。

運転の難易度は、けん引することもありませんので、運転はしやすいです。

霊柩車の運転手に必要な資格や条件とは

まず必要な資格は、最低でも普通運転免許を取得しておくことは重要です。

なぜなら、普通免許を取得していないと明らかに採用されないからです。

普通免許を取得しておくことは必須として考えておくと良いですが、その他に中型免許や大型免許、けん引免許と言った特別な免許を持つ必要はありません。

ただし、中型免許や大型免許が必要になる可能性も稀にありますので、取得しておくとさらに有利です。

霊柩車の運転手の1日の仕事内容とは

1日の仕事内容は、朝早くから夜遅くまで働くことは少ないです。

激務ではありません。

通常は、1日に数回葬儀場から火葬場まで運んだりの往復があります。

運転するときは、故人のご遺族の方が同乗するときがありますので、そのときはマナーをしっかり守り、丁寧な対応や言動にも気をつける必要性があります。

面接でも、対応や言動、マナーについても教わりますのでそのときは説明をしっかり聞きましょう。

霊柩車の運転手はきつい?

結論から言うと、きつくないです。

なぜなら、朝早くから夜遅くまで激務な仕事をやるわけではありませんし、肉体的な労働もあまりないからです。

肉体的な労働は棺を運ぶ以外何もありません。

このお仕事で必要なことは、言動や対応、マナーが重視されるお仕事ですので、そこをしっかりと身につけられていればきつくない仕事でしょう。

言動や対応が上手な方やマナーがしっかり守れる方であれば、働きやすい環境です。

霊柩車の運転手を辞める理由とは

辞める理由として代表的なのが、対応で疲れすぎてしまったという理由です。

対応で疲れすぎてしまった原因は、個人によりけりですが筆者はそのような体験をされた方をよく聞きました。

ですので、無理は禁物ですが、無理しない範囲で頑張るというのがこのお仕事で重要になってくるポイントです。

このお仕事の環境は、人間関係でトラブルが発生して辞めたとの声もありませんので、人間関係の面では心配いる必要もないです。

霊柩車の運転手は女性でもなれる?

女性の方でも問題なくなれます。

ただし一部の企業では、女性の方を採用としてない企業もありますので、求人サイトや求人アプリなど企業情報がわかるところで、確認してみましょう。

女性の方が目指すのであれば、最低限として普通免許を取得しておくと良いです。

中型免許や大型免許も女性の方でも取得できますので、それも取得すればさらに有利です。

興味があれば、目指してください。

スポンサーリンク