霊柩車の運転手は稼げる?給料や年収、給料明細を暴露!

霊柩車の運転手は稼げる

みなさん一度は霊柩車を実際に見かけたことがあるのではないでしょうか。

霊柩車の運転手の給料はどれくらいなのか、年収や給料明細についても気になります。

今回の記事では、霊柩車の運転手は稼げるのか、給料や年収、最高月収、給料明細、年間休日などについて解説します。

ドライバーを目指している方や仕事探しで困っている方、ドライバーに転職を考えている方、生活費レベルまで稼げる仕事がしたい方は、この記事をご参考ください。

スポンサードリンク

霊柩車の運転手の給料や年収はいくら?

月々の給料は、20万~25万円が一般的です。

生活費レベルまでは稼げますので、安心して働けます。

年収については、240万~300万円が一般的です。

年収も低すぎたりという問題もありません。

たとえば毎月貯金したい方でも、これほどの年収であれば問題はないでしょう。

また、新人で入った場合や他の職から転職してきた人であれば、最初の1年2年あたりの期間は、実績や評価も少ないため給料や年収は少し低くなってしまいます。

ある程度、長く勤めて実績や評価や信頼が溜まれば、年収や給料も高くなっていきます。

実績や評価や信頼を溜めていく意識で頑張ることが重要です。

霊柩車の運転手の最高月収はどれくらい?

最高月収は、50万円です。

こちらの仕事も最高月収の50万円まで目指すには、ある程度長く勤めてそこで実績や評価や信頼を溜めていけば、最高月収の50万円の達成も不可能ではありません。

実際に霊柩車の運転手で50万円稼いでいる人もいます。

これからそのお仕事で働きたいという方も、最高月収の50万円まで目指してみるのも良いです。

ハードルは高いですが、興味があれば挑戦してみましょう。

霊柩車の運転手の給料明細は

霊柩車の運転手の給料明細は、実際に筆者がそのお仕事の給料明細を公開している方を何人か見かけましたが、基本給の額が高すぎたり低すぎたりということもなく、平均的な額でした。

基本給も問題なく、新人の方や他の職から転職してきた方でも稼げる勢いでもあります。

受けられる手当てもそこそこあるため大丈夫です。

たとえば、霊柩車も長距離運転するときも稀にあるため、そのとき長距離手当てが支給されます。

受けられる手当てはなるべく受けるようにした方が、さらに良いです。

霊柩車の運転手の年間休日について

年間休日は、土日祝日を休みにしているところもありますが、多くはシフト制を導入している職場が多いです。

霊柩車の運転手は、土日でも仕事があるため土日祝日も働く場合があります。

シフト制であれば、自分のペースで休みがとれますので、あまり疲れたくないという方や無理したくない方でもシフト制はおすすめします。

また、有給休暇が取れたり長期休暇のある企業もありますので、自分の興味のある募集ページでよく確認してみてください。

面接でも、年間休日についての説明があるところもありますので、そのときはしっかり聞きましょう。

霊柩車の運転手の評判とは

霊柩車の運転手の評判は、実際に筆者も何回かそのお仕事をやっている方をみましたが、朝早くから夜遅くまで勤務していることはなく、激務でもありませんでした。

ですので、評判は良いです。

真面目にこなせる方であれば、働ける仕事ですので真面目な方でしたら目指してみるのもありでしょう。

求人サイトや求人アプリなど企業情報がわかるところで、口コミやレビューも確認して働いてみることです。興味があれば応募してみましょう。

スポンサーリンク