50歳からトラックの運転手になれますか?50代未経験からの転職の現実とは!

運送業界には50歳を過ぎてから転職されてくる方もいらっしゃいます。

大型免許を取得し未経験からのトラバーユです。

この記事をご覧の方の中にも50代からトラックの運転手を希望されている方もいらっしゃると思います。

今回は未経験で50代からのトラック運転手を目指している方に20年近くこの業界にいる僕が現実的なお話とアドバイスをさせて頂きます。

スポンサーリンク

50歳からトラックの運転手になれますか?

50歳からトラックの運転手になれるのかという質問が多いです。

正直50歳からでは大手の運送会社は年齢制限により難しいです。。

ましてや未経験からだと長距離はもちらん2トン車や4トン車の集配ドライバーも難しいのが現状です。

しかし庸車といわれる下請けの会社なら50歳以上でも面接をしてくれる会社があります。

運送会社には年齢不問の会社は多いです。

実際僕の会社でもたまにですが入って来られる方もいらっしゃいます。

しかし現実は大変厳しいと思います。

大きなトラックの運転に慣れるところから荷物を満載に積む体力的な問題、そしてそれから長時間の運転です。

トラックの運転手の世界では新人には横乗りという研修期間があります。

先輩ドライバーと一緒に 2週間から長くて1ヶ月ほど行動を共にします。

20代や30代の先輩との横乗りは正直きついと思うし口の利き方を知らない若者との研修期間はかなりしんどいものとなる可能性があります。

たったの1回の横乗りで辞めていかれる方も現実いらっしゃいます。

皆さん、まいど! 現役の長距離運転手のイッシーです。 運送会社に就職してきた新人ドライバーに必ずあるのが『横乗り』という教育制度です...

*全員というわけではありません。
中には頑張って独り立ちされる方もいます。

20代の頃からずっとトラックに乗っている40代の僕でも体はキツいです。

50代未経験からの転職の現実

50代でトラックドライバーに未経験から転職される方はいるにはいらっしゃいます。

上記の通り大手運送会社での就職はなかなか難しいかも知れませんが小さな個人経営の庸車は比較的50代でも雇ってくれる場合もあります。

庸車とは下請けの運送会社のことです。

運送業界は今万年人手不足に陥っています。

逆に転職するにはチャンスと言えるでしょう。

本気でやる気のある方は募集をしていなくても直接会社に電話をかけて面接をお願いする方もいます。

運送会社は年齢うんぬんよりも実はやる気を見る傾向があります。

求人募集の年齢制限を超えていても直接問い合わせをしてくるようなやる気のある方は面接をしてもらえるケースもあります。

しかし50代未経験からのスタートなら現実的にはかなりの覚悟が必要でしょう。

体力に自信のない方はパレット輸送やカゴ輸送をメインでしている会社を選んだほうがいいです。

手積み、手下ろしのない会社も探せばありますので。

会社の選び方に関しては下記で説明しています。

サラリーマンからトラック運転手に転職する際の心構え

サラリーマンからトラック運転手に転職するには心構えが必要です。

なぜならトラックドライバーは普通のサラリーマンとは労働時間や休みが異なるからです。

8時から5時にプラス少しの残業という普通のパターンではなく夕方や深夜からの出勤や日曜、祭日の出勤もあります。

時間が不規則で家に帰れない長距離の仕事もあります。

残業時間に対しての認識も業界特有の考え方があり労働基準法を無視した給料計算がなされる会社もあります。

ボーナスもでない会社も多く、でても寸志程度の場合が多いです。

有給休暇もなく退職金もでない会社がほとんどです。

>>トラック運転手に退職金はある?運送会社の退職金や相場、特退共とは!

50代の方なら大丈夫だと思いますが免許制度も近年大きく変わり今から4トン車も普通免許では乗れなくなっています。

最低でもトラックに乗るなら中型免許や準中型免許が必要になってきます。

若いころに免許を取っている方は普通免許でも4トンまではオッケーです。

トラック運転手の向き不向き

やる気はあってもトラックの運転に向いていない人もいます。

向き不向きは転職する際にすごく重要なポイントになってきます。

私が20年以上も続いているのはやはり向いていたからだと思います。

トラック運転手に向いている方

  • 運転が好きな人
  • 渋滞が苦にならない人
  • 色んなとこに行ってみたい
  • 一人の時間がほしい
  • はっきりと断れる人

はっきりと断れる人というのは、運送会社ではたまに無茶な仕事を頼まれることがあります。

そこでうまく断れない方は肉体的にも精神的にも自分が追い込まれてしまいます。

行けるなら行ける、行けないなら行けないとはっきりと言わないと大変なことになる場合があります。

事故を起こせば自分の責任になりますので。

体力面が心配なかたへ!

運転手の仕事には様々な業種があります。

私は大型貨物トラックに乗っていますが、力仕事を必要としない生コンやダンプカー、けん引のみの海上コンテナやタンクローリーもあります。
けっして楽だといっているわけではありません。僕は生コン車などにも乗っていました。)

僕の専門は長距離の運転手なので長距離ドライバーを目指しされている方は参考にしてください。

運送会社には会社によって取り扱っている荷物が全然違います。

うちの会社はバラ積みの路線便がメインです。

なので体力の面では50代から転職するには厳しいです。

しかしパレット輸送やカゴ輸送をメインとしている会社もあるんです。

パレット輸送とはパレットにのっている荷物をリフトで積んでもらって終わりです。

カゴ輸送もカゴを引っ張るだけで力仕事ではありません。

バラ積みがどれくらいきついのか?

バラ積みとパレット積みではどれくらい違うのかをこちらの記事で画像を使って詳しくご紹介しています。

トラックの運転手の仕事には大きく分けてバラ積みとパレット積みがあります。 雑貨便ではバラ積みがほとんどですが貸し切り便でもバラ積みはも...

ポイント体力に不安がある方はパレットやカゴ輸送の仕事をメインでやっている会社に絞って探すのがよいでしょう。

良い運送会社の選びかたとは!

運送会社で気をつけたいのがブラック企業です。

安い賃金で労働基準を無視した過酷な労働で働かされます。

運送業界を全く知らない方がブラック企業を見抜くコツは求人誌です。

ポイント給料は50万以上可能と掲載していても、毎回広告を出している会社は辞めといたほうがいいです。

人が入ってもすぐ辞めている証拠です。

いい会社はあまり求人は出しません。

良い会社は紹介制を採っており従業員が知り合いを誘ったりするからです。

またドライバー同士でもいい会社だと『俺も入れてくれ』となるわけです。

なので求人誌で募集をする必要がないのです。

ではどうするのかと言いますと、常に目を光らせて求人誌やインターネットなどの求人や口コミなどを見て勉強することです。

大手の求人サイトなら掲載会社数も非常に多く毎週更新されていきます。

私のおすすめはリクナビNEXTで、ここでは登録するとスカウト機能などのサービスが無料で利用できます。

>>トラック運転手未経験者にお勧めはリクナビNEXT!口コミや評判とは!

紹介制を採っていない良い会社はたくさんありますし、登録すると非公開求人の会社が見れるなど様々な情報がとれます。

そしてやはり足を運んで面接を受けてみることです。

実際に入社して経験してみるのも大事かと思います。

おかしな会社だったら研修期間内に辞めたらいいだけです。

運送会社は他にも星の数ほどありますから!

それでも経験を積んでいっているわけですから。

トラック運転手の求人案内には幾つかの見極めておきたいポイントがあります。転職した後に大変な事にならないように運送会社の求人についての内部事情をしっておくことが大切です。

トラック運転手以外のドライバー職も人気!

運転手の仕事はトラック以外にもたくさんあります。

僕の会社の先輩でも2種免許をとってバスやタクシーに乗ったり軽急便や赤帽などで独立するドライバーもいます。

また会社選びも非常に重要なポイントになってきます。

※絶対に失敗したくない会社選び!

本気で運送会社を探すならこの業界に20年携わっている僕がお勧めする求人サイトをご活用下さい。きっとお役に立てると思いますよ。

>>おすすめ転職サイト完全ガイド

まとめ

今回は50歳からのトラック運転手への転職について書いてみました。

正直体力面や年齢制限など難しい問題もあると思います。

しかし実際に頑張っている方もいるのでチャレンジしてみて下さい。

未経験からの転職で成功するポイントはこちらの記事からご覧ください。

>>トラック運転手に未経験から転職するコツ!成功するための秘訣とは!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク