運転手は要注意!腰以外にもギックリ首やギックリ背中もある!

みなさん、こんにちは!

長距離ドライバーのイッシーです。

トラック運転手の職業病、ぎっくり腰は知ってますよね!

日常の何気ない動作の瞬間に、腰に電流がながれるような激痛が走り動けなくなる症状です。

これになるとトイレに行くのもおぼつかなくなり1週間は動けません。

私も何度も経験していて、もはや持病とかしています。

他のドライバーも経験している方が多いぎっくり腰ですが、実はぎっくり腰は腰にだけじゃないって知ってました?

今回はぎっくり腰以外のぎっくりについて書いていきます。

スポンサーリンク

ギックリ首には要注意!

ぎっくり首って聞いたことありますか?

これはぎっくり腰の首版です。

私もなった事あるんですが、これも腰同様にきつかったですね!

私はなったのは某運送会社のお風呂でシャンプーをしている時でした。

髪を洗い流している瞬間でした!

首にピキッッと電気が走り、その後首を上げることが一切できませんでした。

幸い仲間と風呂に入っていたので、髪を流してもらい体を拭いてもらい、そしてパンツを履かせてもらい、その会社の経理の方に病院に連れて行ってもらいました。

まず首だということで、脳梗塞なども疑われレントゲンやCTスキャンを撮りました。

そしてそのまま入院となったわけですが、その時医者にいわれたのが『ぎっくり首』でした。

ギックリ首の正式名称は『頚椎捻挫』です。

今でこそギックリ首はよく聞くようになりましが、私がやった15年ほど前はそんなにポピュラーな言い方ではありませんでした。

治療はとにかく首を動かさないことで1週間の入院の後も首にコルセットを巻いて仕事をしてました 笑

ギックリ首の予防としては普段からの首や肩のストレッチが大切です。

これも辛い!ギックリ背中とは!

ぎっくり腰やぎっくり首があればギックリ背中だってあるんです 笑

しかもぎっくり背中も私は経験しています。

ギックリ背中になったきっかけは無理にストレッチをしようとした時でした。

その瞬間、腰や首のときと同様、ピキッッと
背中に電流が走りました。

それから息が出来なくなり動けなくなりました。

出発前だったので配車も決まっていてどうしても段取りがつかなかったので、お客さんに積み込みを全部してもらって、なんとか運転だけはして現場まで行き、荷物も全部下ろしてもらって1週間の休みをもらいました。

背中の痛みは内臓の病気や解離性大動脈瘤など怖い病気もありますが、明らかにストレッチで発症したので整形外科で湿布と痛み止めをもらい、安静にしていたら徐々に治っていきました。

日にち薬が1番の薬ですね!

追伸

今回はぎっくり腰以外にもあるぎっくり首やギックリ背中について私の経験談を書いてみました。

ぎっくり腰、ぎっくり首、ぎっくり背中全てをやったのは私くらいでしょう (笑)

しかし、どれか一つでも経験のある方は他のぎっくりもやる可能性はあります。

理由としては腰が硬い人は背中、背中が硬い人は首も硬いからです。

ぎっくり腰の予防や対策でストレッチと書いていますが、身体が硬い人は絶対に軽いストレッチにしてくださいね!

私はストレッチでギックリ背中になりましたから 笑

この3つのぎっくりは全て100万ボルトの『電流』が流れます(^^;

皆さんも気を付けてくださいね。

スポンサーリンク