仕事がキツくて給料の安いブラック企業のトラック運転手は辞めるべき?

世の中に運送会社がたくさんあります。

社員数万人規模の会社から社員が数人の個人経営の会社まであり、超優良企業から超ブラック企業まで様々です。

ちゃんとした会社にお勤めの方はいいですが、ブラックな会社に入社すると本当に大変です。

安い給料でバラ積みのキツい仕事を休み無しで働かされます。

今回はブラック企業に運悪く入社してしまった場合のお話をします。

スポンサーリンク

そもそもブラックな運送会社とは!

僕のまわりでも条件の悪いブラックな運送会社で働いているドライバー仲間がいます。

特に個人経営の庸車(下請け)会社にはその会社独特の給料体制や自腹システムが存在します。

あきらかに給料が安い!

運送会社の給料は何となく帳尻が合うようになっています。

仕事はキツいけど給料はたくさんもらえる。

仕事は楽だけど給料は安い。

休みはないけど給料は高い。

休みは多いけど給料は安い。

などです。

運送会社の給料の相場もどこも似たり寄ったりです。

その相場の範囲内なら納得できるんですよね。

しかし仕事はキツいし、休みや寝る時間はほとんど無し、おまけに安月給なんて会社も実在します。

車両事故や荷物事故も自腹

トラックの運転手をしていると、どうしても車両事故や荷物の破損事故を起こす可能性があります。

僕の会社でも実際のところ車両事故や荷物事故を起こすと全額じゃないけど保険を使った弁金代として5万円や10万円を引かれたりします。

しかし酷いところになると事故の賠償金を全てドライバーに請求する会社があります。

しかも数百万単位の賠償金を一括ですぐに払えと。

無事故手当が引かれる等のペナルティなら納得もできますが全額自腹となると怖いですよね!

弁済金を支払う為に会社を辞めれないドライバーもいます。

自腹請求について労働基準監督署に問い合わせしてみました。

大変勉強になりました。

トラック運転手が荷物事故や車両事故を起こした時の運送会社の破損弁償制度。 保険未加入の会社でよく聞く修理代や弁償金などの費用をドライバ...

併せてお読みください。

高速代、燃料代も自腹

トラックを持ちこみのドライバーなら分かるのですが、なぜか正社員で燃料代や高速代を引かれる会社もあります。

燃料の高騰などの社会情勢に給料が即影響されるのも安心して働けないですよね!

ブラック企業に入ってしまったらどうしたらいい?

もし上記のような会社に入社してしまったらどうしたら良いのでしょう!

僕の答えは簡単です。

もしあなたが会社に対して賠償金や弁済金がないのなら、

大きな事故をする前にとっとと辞めるべきです

運送会社にはほとんど年功序列はありません。

中途入社で転職する人ばかりです。

運送会社も星の数ほど存在します。

そんなブラック企業に勤め続ける理由なんてないんです

いくら自分がおかした事故だといっても、そもそもそのような会社は基本的に労働基準を守っているとは言い難いです。

実際、労働基準監督署に駆け込んだり弁護士に相談するドライバーもたくさんいます。

普段から労働基準を無視した労働をさせておいて、更に事故をしたら全額自腹なんてありえません。

ややこしい話になる前にとっとと辞めましょう!

さいごに

今回はキツい仕事で給料の安いブラック企業は辞めるべきか?というお話をしました。

自分の納得できる範囲での仕事内容や給料ならいいですが、全額自腹の会社は絶対に辞めるべきです。

運送会社は他にもたくさんあります。

なるべく早い段階で見切りをつけて他の会社にいかれることをおすすめします。

スポンサーリンク