追っかけトラックの意味ってなに!?給料はいくら?

追っかけトラックの意味

追っかけトラックというのはどういった仕事なのか、給料についても気になるところ。

実は、他のトラックの業種と違って給料や仕事内容など違う面がたくさんあります。自分にも向いていそうであれば、そこで仕事をしてみるのも良いです。

今回の記事では、追っかけトラックの意味についてと給料はいくらなのかについて解説していきます。

これから運転手として働きたい方や追っかけトラックが気になる方は、この記事を参考にしてください。

スポンサードリンク

そもそも追っかけトラックとは?

意味について説明すると、生鮮食料品の鮮度を守るために生産地から卸売市場まで早く運送する仕事のことです。

生鮮食料品の中では、青果や魚のことです。

青果や魚は新鮮な方がおいしいですが、その新鮮さを守るためにも追っかけトラックがここで活躍します。

他のトラック業種とは違って、仕事するスピードも早く肉体的な労働でも当然あります。

肉体的な仕事が得意な方やスピード感持って早く仕事ができる方には、向いている仕事です。

スピード感持って早く仕事できる方や肉体的な労働が得意な方でしたら、企業から採用されやすくなります。

知り合いが働いているトラック会社の人も、追っかけトラックで働いた経験があります。

その方は、「運動が得意な人でないと続かない」と言っていたので、運動ができる人こそ続けやすいとのこと。

追っかけトラックはきつい?

追っかけトラックはきつい仕事なのか結論から言いますと、運動神経がないときついです。

その仕事で長く働いている方の多くは、昔から運動神経ある方が大半です。

運転以外にも、重い氷の入った発泡スチロールや青果がたくさん入っている箱など重い物を積みおろす作業もよく行います。

追っかけトラックの仕事をやってみて、腰や腕などに痛みがきた方も中にはいるほどです。

筋肉痛になった方もいますので、運動神経がない方は気をつけた方がいいです。

筆者の知り合いのトラック運転手も、短距離運転でのドライバーですがそれでも毎日のように痛みに悩まされていますので、追っかけトラックだとさらに要注意しないといけません。

追っかけトラックの給料とは?

給料は、30万円~40万円です。

長距離運転や短距離運転など他のトラック業種と比べて、給料は高いです。

仕事内容は大変なものの給料は高いですので、生活に困ることはありません。

運転神経もありたくさん稼ぎたいのであれば、追っかけトラックで働くのは向いています。

20代30代の若いうちの場合ですと、給料は低い傾向ですが40代50代となってくると、評価もたくさん付けば給料も上がっていきます。

ただし、会社によっては仕事内容が大変で給料が低いところもありますので、求人サイトで調べるときは気をつけておくこと。

そのようなところで働いてしまうと、仕事が続けづらいです。

延着してしまった場合のペナルティーはヤバいって本当?

結論から言うと、ヤバいです。

生鮮食料品を運ぶという仕事ですので、延着してそこで鮮度を守ることができなかったら、ペナルティーは大きく大変なことになります。

責任感を持って仕事しないといけませんので、責任感がない方には難しいです。

延着してペナルティーが発生しないようにするには、時間厳守で仕事するのとスピード感を持って仕事することが大事。

そうすれば、延着せずペナルティーも発生しません。

他のトラック業種と比べて、ペナルティーが大きく責任感も強く持たないといけませんので、それができれば自分でも向いている仕事といえるでしょう。

スポンサーリンク