アドブルーは面倒くさい!補給を忘れてなくなると大変な事に!

近年、ディーゼルエンジンの排出ガスの規制が厳しくなってきました。

僕らが乗っているトラックもディーゼルエンジンで動いているのですが、燃料以外にもアドブルーなるものを入れないといけなくなりました。

このアドブルーの補給がドライバーにはまた面倒くさいんですよね(^^;)

今回はアドブルーについて書いてみようと思います。

Ad Blue(アドブルー)とは!

そもそもアドブルーとは「尿素SCRシステム」専用の高品位尿素水のことで、ディーゼルエンジンの排出するガスをキレイに浄化してくれます。

地球の環境にとっては大切な装置なんです。

アドブルーの詳細は以下

AdBlueRは、尿素SCRシステム専用の高品位尿素水です。

AdBlueRの主成分は尿素。純水に高純度の工業用尿素を溶かして製造する無色・透明の尿素水溶液です。ディーゼル車に取り付けられた触媒内部にて排出ガスに対して噴霧され、大気汚染の原因とされている窒素酸化物を窒素と水に分解します。尿素水は無色、無害の液体で化粧品、医薬品や肥料などにも使われています。AdBlueRは、無害で安全な製品のため、取扱いに特別な資格も必要ありません。

引用:日本液炭

地球に優しいアドブルーですがやはりタダではありません。

運送会社は燃料と別でアドブルー代の負担を強いられることになりました。

我々ドライバーにとっても補給を忘れると何かと面倒な事になります。

アドブルーがなくなるとどうなるのか?

まずアドブルーがなくなるとエンジンがかからなくなります(^^;)

なくなった時の対策としてはエンジンを止めなければ大丈夫なんですが、アイドリング禁止の現場でいちいち説明をしないといけないのが面倒ですね。

それについついいつものクセでエンジンを止めてしまったら最後、補給するまで二度とエンジンがかかりません。

アドブルーはある意味燃料と同じなんです。

なので普段より予備のアドブルーを工具箱に入れているドライバーも多いです。

アドブルーがなくなるとどうなるのか?
こちらのページで詳しく書いています。
>>アドブルーがなくなるとどうなる?なくなっても走れるの?
併せてご覧ください(^^)

アドブルーをこぼしたら?

会社によってはガソリンスタンドで補給するようですが僕の会社にはアドブルーの大きなタンクがあり自分で補給します。

自分で補給していると、どうしても吹きこぼしたりします。

アドブルーを地面やトラックにこぼすと白くなります。

手にもついたりしますが、少量ならすぐにどうなることもありません。

注意書きでは付着した部分をしっかりと洗い流すと書いています。

目に入ると危険なので注意が必要です。

またアドブルーをこぼす原因の1つとしてアドブルータンクのキャップの紛失があります。

キャップの締め忘れや紛失対策、落下防止用のリング付きキャップに関してはこちらからご覧ください。

>>アドブルータンクキャップの紛失対策や落下防止用のキャップとは!

アドブルーの販売価格は!

アドブルーの価格は販売店によって違います。

おおよその値段は80円から90円が相場となっています。

僕の会社では一度に大量に仕入れるので価格はもう少し安いと思います。

アドブルーの燃費は!

僕の乗っているトラックは三菱フソーのスーパーグレート(H28年式)です。

アドブルーのタンクの大きさは40Lです。

燃費に関してはトラックの年式によってかなり変わる印象です。

僕より古い年式のトラックは40㍑で大阪~東京間を2往復しかできませんが、僕のトラックでは5往復できます。

計算するとリッター55キロからリッター135まで相当な燃費の差があります。

アドブルーのタンクの容量や消費量の違いに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

>>アドブルーのタンクの容量や消費量は?燃費良く走る方法まで徹底解説!

アドブルーは凍結するのか?

アドブルーは凍結するのかという疑問ですが基本的に-10℃くらいまでなら大丈夫とされています。

それ以下になると凍結する可能性もあるようですがエンジンの排熱で解凍できるシステムになっています。

またアドブルーが凍結しても燃料が凍結しない限りエンジンが止まることはありません。

さいごに

今回はドライバーにとっては少し面倒くさいアドブルーについて書いてみました。

僕もアドブルーを切らしてしまいエンジンを止めれなくなった経験があります。

アドブルーがなくなったら非常に面倒です。

環境を考えると仕方のない事だと思い日々アドブルーの残量を気にしながら走っています。