メーカー別アドブルーのタンクの大きさ(容量)|まとめ

環境保全のためにディーゼル車に取り付けが義務付けられている尿素水のアドブルーですがメーカーによってタンクの大きさが違います。

自分の乗車しているトラックのタンクの容量は把握しておきたいものです。

この記事ではいすず、日野、UD、三菱ふそうなどメーカー別のアドブルーのタンクの容量を掲載しています。

スポンサーリンク

メーカー別アドブルーのタンクの容量!

アドブルーのタンクの大きさを調べてみると意外にもネットには答えがあまり出てなかったです。

なのでメーカーに直接電話して聞いてみました。

三菱ふそう

スーパーグレート

僕の乗っているトラックです。

このトラックのアドブルーのタンクの容量は40リットルです。

いすず

いすずギガ

いすずのギガは300リットルの燃料タンクで28リットル

600リットルタンクの場合は58リットルだそうです。

UDのタンクの容量

クオン

UDに問い合わせてみると何種類もあるとのことでした。

30リットルから40リットルの間だそうです。

日野のタンクの容量

レンジャー

日野の中型車レンジャーのアドブルーのタンクの容量は19リットル28リットルがあるそうです。

プロフィア

プロフィアのタンクの容量は28リットルのみ。

スポンサーリンク

アドブルーの燃費量はどれくらい?

アドブルーのタンクの大きさはメーカーによって違う事が分かりました。

では燃費量はというとドライバー仲間に聞く限りではそんなに大差はなさそうです。

新車の時に比べると燃費はだんだんと悪くなっている感じがあると言うドライバーが多いです。

アドブルーの燃費や消費量についてはこちらの記事で詳しく書いています。

>>アドブルーのタンクの容量や消費量は?燃費良く走る方法まで徹底解説!

併せてご覧ください。

アドブルーがなくなるとどうなる?

アドブルーが無くなると基本的にはエンジンがかからなくなります。

しかしエンジンを切らない限りは走り続けてくれます。

※アドブルーが切れたら補給するまでは絶対にエンジンを切らないでください

こちらの記事ではアドブルーが無くなった時の対策やアドブルーについて詳しく書いています。

併せてご覧ください。

>>アドブルーは面倒くさい!補給を忘れてなくなったら大変な事に!

まとめ

今回はメーカー別のアドブルーのタンクの容量を調べてみました。

ディーラーの担当者様、お忙しい中問い合わせに丁寧にお答え頂きありがとうございました。

タンクの大きさはメーカーによってそれぞれ違うので自分の乗っているトラックのタンクの容量はしっかりと把握してアドブルー切れにならないように気を付けて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク