大型トラックを新車で買うと価格はいくら!?

大型トラックは、他の自動車と同じように、中古市場も盛んです。

一方、新車でも購入することができます。ただ、普通車と比較し販路が少ないことや架装の造作が様々であったりと、価格や納期は一般論で語ることがしにくく、メーカーへの詳細の確認や打ち合わせなど、購入の際は注意が必要です。

自分の推定年収をご存じですか?

管理人のイッシーです。

自分の推定年収を調べたところ65万円以上も損していることが判明しました(^^;

あなたも調べてみてはいかがでしょうか。

無料で簡単に調べることができます。

>>損してませんか?自分の推定年収を調べてみる

スポンサードリンク

日野の大型トラックの新車価格はいくら?

日野の代表的な大型トラックは、日野プロフィアです。

新車価格は2000万円前後となっています。

いすゞの大型トラックの新車価格はいくら?

いすゞの大型トラックは、GIGAシリーズが有名です。

新車価格は2400万円前後です。

三菱ふそうの大型トラックの新車価格はいくら?

代表的車種であるスーパーグレートでは、新車価格は2200万円前後となっています。

大型トラックは、主要メーカーですと、2000万円前後が主流のようです。

大型トラックの新車の慣らし運転はどれくらい?

最近の乗用車では、慣らし運転は不要といわれています。

一昔前は、車も故障が多かった時代ですので、5000km程度までは必ず慣らし運転をしていました。

ただ大型トラックの場合は、部品点数なども乗用車と比較してかなり多いので車の寿命を高めるためには慣らし運転はかかせません。

そもそも機械は、新品の際はなにかと故障がおきやすいものです。

出荷前は厳しい点検をしていますが、実際に使用すると、温度や湿度、振動、ほこりなどの外的要因が組み合わさり機械に不具合を起こしてしまいます。

大型トラックに関していえば、振動や熱などによる部品の変形や、ネジのゆるみが考えられます。

慣らし運転をすることで、変形部品の取替やネジの締め直しをすることができますので、より安全性が高まります。

また配線などもゆるみや外れがあると同様に修復することができます。

具体的には、まずは1回目のオイル交換時、だいだい3000km~5000km程度までは、急のつく運転はやめます。

急ハンドル、急ブレーキなどは新車にとって大敵です。

回転数は、3500rpm~4500rpmが目安でしょう。

一方、3日に1回程度は、回転数を意識的に上げて運転します。

こうすることで、エンジンの吹けがよくなります。

慣らし運転は、すぐに効果は表れませんが、後々のトラックの寿命に大きな影響を与えます。

新車購入の際は、慣らし運転を忘れずに行いましょう。

大型トラックの新車の納車期間はどれくらい?

大型トラックの新車は、ひと昔前であれば2ヶ月~3ヶ月程度でしたが、最近は、10ヶ月~1年と、かなり納車に時間がかかっているようです。

様々な理由があるようですが、荷台や架装の制作に時間がかかるようです。

材料不足や、職人不足も原因です。

架装メーカーによっても納期の差があるので確認ポイントです。

トレーラーヘッドなどはメーカーに余程の事情がない限り、1ヶ月~2ヶ月程度で納車となりますが、架装に手を加えると、一気に納期がかかるようです。

大型トラックの車検の時期は?費用は?

大型トラックは、車検制度上は、貨物自動車という区分に属しており8t未満の貨物自動車と、8t以上の貨物自動車で期間が違います。

8t未満の貨物自動車の場合は、新車登録後から2年後に初回の車検、その後は1年ごとになっています。

大型トラックは、8t以上ですので、新車登録から1年後に初回車検、その後も1年ごとに車検を受ける必要があります。

走行距離が普通車と比較し、格段におおいため、車検のスパンはかなり短めになっています。また費用に関しては、10万円~20万円が相場といったところでしょうか。

必ず発生する法定費用、具体期には、申請手数料、自動車重量税、自賠責保険料の3つです。

法定費用はどんな方法で車検を受けても必ず同額の費用がかかります。

残りは、整備費用や消耗品費用です。

おおよその値段ですが、大型トラックですと、だいたい20万円前後、といったところでしょうか。

自分の推定年収をご存じですか?

運送業界では働いている会社によって貰える給料はかなり変わってきます。

実は私も年収で65万以上損していました。

こちらでは適正な年収を無料で診断してくれます。

さらにあなたのスキルに見合った会社まで教えてくれます。

>>自分の適正年収を調べてみる

料金は一切かかりません。

担当者からのメールや電話も一切ありませんのでご安心ください。