アドブルーのタンクの容量や消費量は?燃費良く走る方法まで徹底解説!

ディーゼルエンジン車に装着が義務付けられているアドブルー。

環境保護の為に必要な装置ですがトラックによってタンクの容量や消費量が違うようです。

今回は僕が乗っている大型トラックのアドブルーのタンクの容量や消費量、そして燃費良く走る方法を詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

大型トラックのアドブルーのタンクの容量は!

僕の乗車しているトラックは平成28年度式の三菱ふそうのスーパーグレートでアドブルーのタンクの容量は40リットルです。

うちの会社では燃料はガソリンスタンド、アドブルーは会社で自分で入れるようになっています。

アドブルーっていちいち入れるの面倒くさいんですよね^^;

入れ忘れると痛い目にあいますし。

詳しくはこちらからご覧ください。

>>アドブルーは面倒くさい!補給を忘れてなくなったら大変な事に!

メーカー別のアドブルーのタンクの容量を知りたい方はこちらの記事で詳しく書いています。

>>アドブルーのタンクの大きさ(容量)|メーカー別まとめ

併せてご覧ください。

アドブルーの消費量はトラックによって全然違う!

大型トラックの燃費ってだいたい似たような数値ですよね。

でもアドブルーの燃費や消費量は実はトラックによって全然違うんですよね。

同じメーカーの同じような年式のトラックでもまるで消費量が違うので一概に消費量や燃費はいくらです、断言できないんです。

ちなみに僕のトラックでは40リットルのアドブルーで東京と大阪間を5往復できます。

1往復で約1100㎞なので5500㎞走れる計算になります。

燃費で言うと137.5㎞/㍑になります。

しかし同じふそうのトラックでも東京、大阪間を2往復しか走れないトラックもあります。

燃費で言うと僅かに55㎞/㍑です。

なんと消費量が2倍以上違うんです。

僕の会社では他にもUDのトラックも保有していますがやはりUDでも2往復から4往復とまちまちです。

アドブルーの消費量が違う理由とは!

あまりにもアドブルーの消費量が違うので直接ディーラーに電話して尋ねてみました。

聞くところによるとはっきりとした理由は分からないらしいのですが以下の場合にアドブルーの燃費が違ってくるデータがあるとの事!

年式が古いほうが燃費がよくない

エンジンをふかすと燃費が悪くなる

下道と高速道路では下道のほうが燃費が悪い

荷物の重量が重いと燃費が悪くなる

以上が解答でした。

しかしながらこれらの違いだけで倍以上も変わるとは思えなく、トラックの当たり外れもあるのかなと思えてしまいます。

よくアドブルーの消費量は軽油の5%と言われています。

僕は東京、大阪間の1往復で燃料を約300リットル入れています。

その5%なら必要とするアドブルーは15リットルです。

約3往復できる計算になりますが、その計算でいくと僕のトラックは超燃費のいいトラックといえますね。

アドブルーの燃費を良くするには

アドブルーを燃費良く走るにはやはり上で述べたポイントを意識して走るしかなさそうです。

荷物の重量などはドライバーには不可抗力ですけどね ^_^;

もしなくなった場合にはエンジンを切らずにガソリンスタンドで補給するか、もしくは予備でアドブルーをトラックに積んでおけばなんとかなります。

スポンサーリンク

まとめ

今回はアドブルーのタンクの容量や消費量、燃費について書いてみました。

僕の乗っているトラックはタンク容量は40リットルですが燃費や消費量についてはかなりバラツキがあり一概に言いにくい面もあります。

基本的には消費する軽油の5%くらいと言われています。

あまりにも燃費が悪いようならメーカーに診てもらってもいいでしょう。

そんなに安くもないアドブルーですが幸いにしてアドブルーの燃費までドライバーに求める会社は少ないようです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク