転職する前に読んでほしい!未経験からのトラック運転手!

こんにちは!

現役の長距離ドライバーのイッシーです。

僕は20年近く運送業界で働いていますが、サラリーマンから未経験でトラック運転手を志望され面接、入社する方が多いです。

僕自身もサラリーマンからの転職だったので、今回はトラックの運転手へトラバーユを考えている方に少しでも参考になればと思います。

スポンサーリンク

幅広い年齢層の方が転職されてきます!

僕自身がこの運送業界に飛び込んだのは20代の時でした。

トラックの運転手へ転職されてくる方の年齢は様々で20代から30代、40代、50代と幅広いです。

大手の運送会社は別ですが、中小企業の運送屋では学歴不問、年齢不問の会社が多く、また運送業界自体の人手不足もあり40代以上でも積極的に採用してくれる会社も多いです。

転職の理由はやはり月給50万以上も可能な給料ですね

僕自身もそうでしたが、サラリーマンやってても給料は月給で手取り25万くらいが関の山でした。

生まれて初めて保険などを引かれて手取りで40万以上を貰った時は本当に嬉しかったのを今でも覚えています。

給料面での転職なら断然大型トラックがいい!

僕は2トン車や4トン車にも乗ってきましたが、お金を稼ぎたくての転職なら絶対に大型トラックの運転手をオススメします。

一見大型トラックはきつそうに見えるかもしれないですが、実際には 2トン車で朝から晩まで何件もお客さんのところをいかされるほうがよっぽどキツいです。

大型トラックは会社にもよりますが、何十軒も行かされることはまずありません。

 2トン車のトラック運転手はサラリーマンの延長のような給料しか貰えませんし、手取りで30万をこえるのは難しいです。

運送業界に転職するなら必ず大型免許は取っておいた方がいいです。

長距離運転手は慣れるまでが大変!

頑張れば月給50万以上が貰える長距離の運転手ですが、慣れるまではやはり大変です。

長距離ドライバーが慣れるべきことは

  • 荷物の積み下ろしなどの体力面
  • 昼と夜、逆の生活
  • 知らない場所へ行く地理的な問題
  • 大きなトラックへの運転感覚
  • 毎日家に帰れない生活

大きく分けてこんな感じです。

体を全く動かしてこなかったサラリーマンがいきなり大型一台分の荷物を積み込むのはかなりしんどいです。

また昼と夜が逆の生活をすると体がおかしくなり常にボーっとした状態が続くこともあります。

知らない場所に行って道を間違っても、あんな大きなトラックではUターンも何処でもはできません。(僕は何回も泣きそうになったことがあります)

※運送会社では横乗りという研修期間を設けているので未経験の方でも先輩が徹底的に教えてくれます。

皆さん、まいど! 現役の長距離運転手のイッシーです。 運送会社に就職してきた新人ドライバーに必ずあるのが『横乗り』という教育制度です...

これらは自分の問題ですが、家族の問題もあります。

長距離運転手になると毎日家に帰れなくなります。

家族との時間や距離も大きく変わります。

長距離運転手への転職はじっくりと家族の方と相談したほうがいいでしょう

仕事内容と仕事時間は面接で必ず聞いておこう!

いい給料をもらいたくて転職される方はどうしても給料ばかりに目が行きます。

しかし長年この業界で働いてきて思うのはコース(仕事内容)は給料よりも大事だということです。

どれだけ高い給料を貰っても仕事がキツく、休みも無かったら続けることは不可能です。

運送会社には今だにブラック企業があります。

労働基準に当てはめて仕事をするのが難しい業界なんです。

とんでもない会社が実際に存在するんです。

体力に自信のない方は仕事の内容をしっかりと聞いておきましょう。

パレット輸送やカゴ輸送の仕事は楽でいいですね。

面接時の服装はシャツ?普段着?

面接時の服装を気にされる方がいますが、ドライバーとして面接にいくなら普段着で全然大丈夫です。

むしろ普段着のほうがいいです。

トラックの運転手は力仕事が多いです。

スーツなんかで面接にいくと逆に浮きますね。

僕はドライバー志望でスーツで面接に来た人を見たことがありません。

茶髪やピアスはどうかなと思うけど、服装は普段着でも全然オッケーです。

まとめ

今回は未経験でトラックの運転手に転職を考えている方に僕が思う事を書いてみました。

不安はあると思いますが、初めは皆んな初心者で未経験者です。

給料もそこそこ貰えるし慣れるまでは大変ですが僕は楽しくやってます。

やりがいのある仕事だと思いますよ。

人手不足の運送業界。トラックドライバーへの転職は今がチャンス。当サイトでは業界の仕事内容や給料、必要な免許からメリットやデメリットを包み隠さず書いています。また向き不向きや面接時の対応対策までアドバイスしているまとめサイトです。
スポンサーリンク