クレーンオペレーターはきつい?給料や資格、仕事内容とは!

クレーンオペレーターはきつい

クレーンオペレーターという仕事をご存知の方も多いはず。一度は工事現場の近くで見たり、そのことを聞いたことがある方もいるでしょう。

このお仕事では、大きな荷物をクレーンを使って運んだりの作業があり、大きな責任が求められることもあります。

今回の記事では、クレーンオペレーターはきついのかについてと給料や年収、仕事内容、必要な資格についても解説します。

クレーンを運転するのが好きな方や仕事探しで迷っている方、工事現場で働くのが好きな方はこの記事をご参考ください。

スポンサードリンク

クレーンオペレーターの仕事内容とは

仕事内容は、主に何トンものある重い荷物をクレーンを使って吊り下げ運ぶのが主な作業です。何トンものある荷物を運ぶときは、それを運転する人以外にも、それを見守る人など数人の手が必要になります。

なぜなら、何トンもの重い荷物を落としてしまったら大事故につながりかねないからです。

そのため、クレーンを操作するのが得意でないと上手く働けません。大きな責任が求められます。

クレーンの種類はたくさんありますが、大半は重い荷物を運ぶので使われています。

クレーンオペレーターに必要な資格は

必要な資格は4種類あり、自分の好きな免許を取ると良いです。

まずは、クレーン・デリック運転士免許(限定なし)です。この免許は、全てのクレーンとデリックの運転ができます。

続いて紹介するのが、クレーン・デリック運転士免許(クレーン限定)とクレーン・デリック運転士免許(床上運転式クレーン限定)です。

前者は、デリック以外の全てのクレーンが操作でき後者は、デリックと無線操作式以外の全てのクレーンが運転できます。

そして最後は、移動式クレーン運転士免許です。

この免許は、移動式のクレーン車の運転ができます。

4種類の資格がありますので、自分の好きな資格を一つ選び取ってみてください。

クレーンオペレーターの給料や年収はいくら

まず、給料からお伝えますと、月々の給料は25万円~35万円のところが多いです。

他の職業と比べても高い傾向ですので、問題はありません。

年収は、300万円~420万円のところが多く年収についても問題なく安定しています。

また、他の職業から転職してきて間もない頃や新卒で入って間もない頃のときですと、給料や年収は低くなってしまいます。なので、多く稼ぐのであれば、その職業で信頼や実績を蓄積するしかありません。

難しいところですが、頑張っていきましょう。

クレーンオペレーターってきついの? 

結論から言いますと、きつくないです。

なぜなら、給料や年収は他の職業と比べても高く、人間関係の面でトラブルが発生しやすいということも少ないからです。

筆者もその職業で人間関係でトラブルが起きたということは、あまり耳にはしたことがありませんでした。

重い荷物を手で直接運ぶわけでもありませんので、運動にあまり自信がない方でも働けます。

ただし、一つだけきつい面を言っておくと、操作するところです。操作するときは、集中して慎重に運ばなければなりませんので、そこだけの注意は必要です。

その運転が上手い方には、向いている職業です。自分に向いていそうであれば、目指すと良いでしょう。

クレーンオペレーターは女性でもなれる?

結論から言いますと、女性の方でもなれます。

なぜなら、重い荷物を手で直接運ぶわけでもありませんので、女性でも負担は少なく働きやすいからです。

女性の方がこのお仕事を目指すには、資格を取ってその運転を上手くすることです。

そうすれば、企業から採用されやすくなります。一部の企業では、女性を採用していない企業もありますのでそのときは応募ページなどでよく見てみることです。

興味があれば目指してみてください。

スポンサーリンク