バキュームカー(汲み取り屋)はきつい?必要な資格や1日の仕事内容とは!

バキュームカーきつぃ

バキュームカーの仕事内容とは、一体どんなものなのか気になる方も多いはず。

産業廃棄物などの悪臭のする物を取り扱うイメージが強いこのお仕事ですが、実はそんなに激務ではないお仕事です。

今回の記事では、バキュームカーはきつかいのかについてと必要な資格や条件、1日の仕事内容、辞める理由、女性でもなれるのかについて解説します。

このお仕事で働きたい方や生活費レベルまで稼ぎたい方、仕事探しで迷っている方はこの記事をご参考ください。

スポンサードリンク

バキュームカーとは

意味を説明しますと、生活するときに出るゴミや汚物などの産業廃棄物をタンクに入れてそのタンクを指定の場所まで運搬します。

タンクの積み込みや積み下ろしを行うときは、悪臭がどうしてもしてしまうので、避けることはできません。悪臭でも耐えられる方であれば、働ける環境です。

最近では、その車両をあまり見かけなくなったものの、それでも隠れたところでまだ活躍しています。求人サイトや求人アプリを見て頂ければわかりますが、募集しているところはあります。

バキュームカーに必要な資格や条件とは

必要な資格からお伝えしますと、必要な資格は最低でも普通免許を取得しておくことです。

その後に重要なのが、中型免許と大型免許を取得することです。このお仕事で扱う車両は、中型車から大型車のサイズの車両が多いため、その免許が必要になるわけです。

必要な条件は、運転スキルです。

運転スキルがある程度ないと、このお仕事では働けませんのである程度の運転スキルを身につけてから応募することをおすすめします。

バキュームカーの1日の仕事内容とは

1日の仕事内容で基本的に行う作業はいくつかあります。

その中でも代表的なのが、工事現場や人が集まるイベント会場などに設置されている汲み取り式トイレの糞尿を吸引ポンプでタンクに吸い込む作業です。

後は、産業廃棄物をタンクを利用して処理することも行います。このような作業が原因で、悪臭が発生しやすくなりますので、あらかじめ知識として知っておくと良いです。

重い荷物を手作業で運ぶ機会も少ないため、肉体的な負担は少ないです。

バキュームカーはきつい?

結論から言いますと、きつくないです。

なぜなら、ストレスもあまり溜まりませんし重い荷物を頻繫に運ぶわけでもありません。

実際に筆者は、そのお仕事で働いている方の話を見たことがありますが、あまり苦労したことは語っていませんでした。給料や年収の面でも良かったですし、良いでしょう。

最初のうちは慣れるのに大変ですが、徐々に慣れていけば上手く働けます。

バキュームカーを辞める理由とは

それでも、このお仕事を辞めていく方も中にはいます。

辞める理由としては、悪臭に耐えることができなくて辞めたという理由や人間関係の面で上手くいかなくて辞めた方もいます。

このお仕事では、人間関係の良い職場もあれば悪い職場もありますので、企業情報がわかるところで口コミやレビューを確認することもおすすめします。

辞める人が多い企業で働くこともおすすめできません。自分に合った職場で働くことが重要です。

バキュームカーは女性でもなれる?

女性でもなれます。

なぜなら、肉体的に負担のくる作業が少ないので女性でも働ける環境だからです。ここ最近では、女性でも採用している企業が増えてきていますので、中型免許と大型免許を取得して目指すと良いです。

女性の方も男性の方と同じく、必要な免許を取得して必要な条件に満たしていれば、働きやすいです。

自分に適していそうな仕事であれば、求人サイトや求人アプリなどで応募してみましょう。

スポンサーリンク