トラック運転手の年収ランキングとは!年収700万円や1000万って本当?

トラック運転手年収ランキング

トラック運転手の年収ランキングや年収の平均が気になる方も多いはず。

トラック業界で働くと、世代別や会社ごとで年収が違ってきます。

できれば、高収入な会社のところで働きたいところ。

そこで、今回の記事では、世代別や業種別で年収ランキングを見ていきます。

年収の平均についても解説していきますので、これからトラック業界で働こうか迷っている方や年収が気になる方もこの記事を参考にしてください。

スポンサードリンク

トラック運転手の年収ランキングはこちら!

世代別、業種別でランキング形式にしてみました。

世代別年収ランキング

1位 40代およそ470万円

2位 50代およそ460万円

3位 30代およそ450万円

4位 20代およそ420万円

5位 60代およそ370万円

世代別で見てみると、40代の方の年収が一番多いのがわかります。

20代30代の方はやや低い傾向です。

60代になってくると、体力的な問題もあるのか年収が他の世代と比べて低いです。

業種別年収ランキング

1位 物流

2位 運送

3位 引っ越し

4位 宅配

1位の物流は、運送や梱包、荷物の保管など任される仕事がたくさんあります。

トラック業界の全体では、長距離運転の運びや大型トラックでの運転、小型トラックでの運転など業種はさまざまです。

自分に合った業種を選ぶのが大事。

トラック運転手の年収の平均はどれくらい?

平均で言うと400万~500万円です

20代30代あたりだと、年収平均はやや低くなりますが、40代50代になってくると、年収平均は高くなっていきます。

実際にトラック運転手をやっている知り合いも40代に入ってから、会社から評価され年収が高くなっていきました。

今では、長距離運転も任されているので、さらに高くなっていくはずです。

長距離運転の仕事をたくさんやっていれば、平均の年収も高くなっていく仕組みです。

トラック業界では、40代50代あたりになってくるとそのような仕事も任されますので、平均の年収は高くなるのでは?と感じます。

トラック運転手は年収700万円もらえる?

トラック運転手で働いていると年収700万円もらえる確率は50%と言って良いです

実際に、普段は短距離で仕事をしている知り合いは、長距離運転のお仕事を何回か任されて年収700万円越えたことがあります。

ですので、年収700万円を越えるためには長距離運転の仕事をたくさんこなしていかないと、越えることはできません。

20代30代場合だと年収700万円を越えることは難しいですが、40代50代あたりになっていくと、頑張れば越えることはできます。

知り合い以外にも、年収700万円を越えるドライバーはたまに見かけますので、難易度は高くないかなと思います。

トラック運転手で年収1000万はありえない?

年収1000万円はいけるのか、結論から言うとできません

知り合いのトラック運転手でも、「年収1000万円を越えるドライバーはいない」と言っていたので、年収1000万円稼ぐのは難しいです。

会社から誰よりも認められるほどの努力をしたり、休みを減らして長距離運転の仕事をたくさん頑張ったりしていかないと難しいです。

20代30代の方はまず無理です。

40代50代あたりで相当な努力をしないと難しいところです。

難易度も高いので、年収1000万円稼ぐのはおすすめしません。

スポンサーリンク