トラック運転手はいつまで出来る?年齢制限はあるの?

トラック運転手はいつまでできる?

トラック運転手はいつまでできるのか、年齢制限はあるのか気になる方も多いはず。

50代の方ならまだしも60代70代あたりになってくると、体力的な問題にも立ち向かわないといけない頃でしょう。

それでも、トラック運転手として働いて稼いでみたいところ。

今回の記事では、トラック運転手で働けるのはいつまでなのか、年齢制限はあるのかについて解説していきます。

年齢制限はあるのか気になる方や稼いでみたいという方は、この記事を参考にしてください。

スポンサードリンク

トラック運転手に年齢制限はなし?

結論から言うと、年齢制限はありません。

なぜなら今の時代は、トラックドライバーの高齢化と人材不足が問題となっているからです。

実際に、私の知り合いのトラック運転手は、その働いている会社で年配の方をよく見かけるようです。

高齢化が問題になっているのがわかります。

求人サイトも見ていただければわかりますが、年齢不問で募集しているところが多く目立ちます。

これから先も高齢化や人材不足による問題で、年齢制限は設けないでしょう。

ですので、高齢の方でも働くことは可能です。

60歳から長距離トラック運転手転職は厳しいか?

60歳から長距離トラック運転手転職は厳しいか?についてですが、結論は『厳しくない』です。

高齢化や人材不足による問題もあり、60代の方でも長距離での仕事は可能です。

長距離運転でも、運転スキルや大型免許を事前に取得していれば、60代の方でもスムーズに転職できます。

私の知り合いが働く会社でも、長距離運転で仕事をしている60代のドライバーをよく見かけます。

なので、運転スキルや大型免許を事前に取得すれば60代の方でも問題ありません。

60才を過ぎた大型トラック運転手の賃金とは?

60才を過ぎた大型トラック運転手の賃金は、40代50代のドライバーよりも年収は低くなるものの、生活に困ることはありませ

大半の会社は、65歳まで多く貰えますが65歳を過ぎてからになると、減っていく確率が高いです。

ただし、会社によって賃金の額や待遇に関しても大きく変わる場合があるので、転職をするときは募集ページのところでよく確認することが大事です。

面接のときでも、賃金についてよく確認したりわからないことがあれば、すかさず面接の人に相談をしましょう。

トラック運転手に70代っているの?

70代の方は、他の世代と比べて少ないですが70代の方でもいます。

私の知り合いが働く会社でも、生活のために70代で働く方はたまに見かけるようです。

ただし、70代になってくると、60代と比べて給料が少なくなる傾向にあるようなのでその点だけ要注意。

70代の方は短距離運転で仕事される場合がありますが、長距離運転で仕事される70代の方は少ないです。

今では、トラック業界も高齢化や人材不足による影響で、70代のドライバーも増えてきました。

70代の方でも、運転スキルや大型免許を取得していれば、働くことは可能です。

70才でも出来る運転業務はある?

結論から言うと、たくさんあります。

70才の方でも年齢関係なく、例えば長距離運転や短距離運転、大型トラックの運転も可能です。

運転スキルや大型免許を持っていれば、さらに優遇されやすいです。

70才でもたくさんの運転業務をやりたい方は、事前に運転スキルを身につけて大型免許を取得する方が良いです。

ただし、一部では年齢制限設けている運転業務もありますし持病がなく健康であることが大前提です。

求人サイトなどの募集ページを見るときは確認してみてください。

自分でもできる運転業務をやることをおすすめします。

スポンサーリンク