トラックのバッテリー交換のタイミングとは!交換方法や手順を解説

トラックのバッテリー交換

トラックを長く使っていると、さまざまなメンテナンスが必要になってきます。

定期的に点検をすることで、トラックの状態も悪くなりにくいですよね。

これは トラックに限らず車全般に言えることです。

さて今回は、トラックのバッテリー交換のタイミングや交換方法、手順について解説していきます。

スポンサードリンク

トラックのバッテリー交換時期のタイミングはいつ?

トラックの通常の交換は3から4年ごとが目安と言われております。

長くても5年ほどが最長になります。

ただ、乗車頻度など運転状況によって大きくことなります。

特に、夜間走行が主な運転の場合は非常にバッテリーの負担になりますので注意が必要です。

さらには、1日の間にエンジンを切ったり入れたりすることが多いとさらにバッテリーの消耗が激しくなります。

目安ではありますが、3から4年ごとに交換することをおすすめしています。

また、バッテリーの異常があったときは速やかに変更することが望ましいです。

そのポイントは主に3つです。

①ヘッドライトが暗い

②エンストすることが多くなった

③エンジンがかかりにくくなった

こういった症状が現れ始めたら、速やかに変更する必要があります。

特に、最後のエンジンがかかりづらいことは致命傷になりかねませんので早急な対応が必要です。

トラックのバッテリー交換方法と手順について

正しく作業をしないと感電などといった命の危険性もありますので安全に十分に配慮した上で作業を行ってください。

バッテリーの交換は非常に簡単な作業になりますが、ショートが起こらないように細心の注意が必要です。

バッテリーを取り外して、端子を接続していくだけです。

工程は少ないので簡単ですが、この間にいくつもの危険がありますので安全第一で進行してください。

トラックのバッテリー交換の価格はいくら?

本体持ち込みの場合や全てお任せの場合などケースバイケースです。

また、作業場所でも多少金額が異なりますので目安と思ってご覧ください。

また、カー用品などは大幅なキャンペーンなどもあり一概に言えないこともありますのでご了承ください。

参考ケースになりますが、ディーラーに全てお任せすると8万5千円ほどかかります。

日頃の関係性があれば多少の値引きも可能なのかなと思います。

カー用品の場合は、バッテリーを交換すると作業は無料というところがほとんどです。

最近では、人手不足もあり500円程度とる用品店もあります。

バッテリーは多種多様な種類があり、値段も振り幅も非常に大きくなります。

2000円の安価なものから5万円ほどの高級バッテリーなどあります。

自分のトラックの使い方を考えて選択することが必要です。

ガゾリンスタンドは、バッテリー本体を多く保持していませんので場合によっては高額のバッテリーを購入することになるかもしれません。

工賃は用品店と同額くらいになります。

金額で交換を選択することは危険になります。

技術がない整備士さんに交換されてトラブルになったケースも耳にしますのできちんと説明をして同意した上で進めることが必要です。

トラックのバッテリー交換を自分でやる方法とは

自分で交換を行うときの重要なポイントは決して間違わないことです。

誤った作業を行うとショートしてしまう恐れがあり命に関わる危険性も発生します。

バッテリーの交換中にプラスとマイナスを触れさせないことが最重要ですのでしっかり確認しながら行いましょう。

これを間違うと感電したり火傷など重大事故に繋がる可能性があります。

バッテリーの交換で火災になったケースもありますので火気厳禁のものが周囲にないことを確認してください。

実際の作業は、バッテリーを取り外します。

最初に外すのは、トラック側のマイナス端子です。

ナットを緩めて外します。

次は、トラック側のプラス端子を外します。

このときは金属部分に触れうるとショートする可能性がありますので注意が必要になります。

外すことが終わったら、取り付けになります。

取り付けの前にバッテリーの土台をきれいに拭いて端子を接続させると交換は終了になります。

簡単な作業にはなりますが、非常に危険が伴う作業となります。

知識がない人は必ず知識や専門の人を見つけてから交換作業をお願いします。