4tトラックの大きさってどれくらい!?寸法や積載量とは!

4tトラックの大きさってどれくらい

4tトラックは、大型トラックよりも小さい中型のトラックで、車両総重量が8t未満のトラックです。

最大積載量が4t未満であることから4tトラックと呼ばれることも有ります。

簡単に説明しますと4tトラックは、全長12m以下、全幅2.5m以下、全高3.8m以下で定められています。

それぞれ使用する目的や荷物によって変わります。

今回は、4tトラックの大きさなどの車両について細かく説明していきます。

スポンサードリンク

トラックの大きさ

4tトラックの大きさは、使用する用途でその大きさが変わってきます。

運転席部分をキャブと言い、このキャブの大きさはボディタイプによって変わるのが特徴です。

荷台の大きさも、ボディタイプが運ぶ荷物によって変わります。

例えば…

ダンプ ⇒ 車両長さが短め

一般貨物 ⇒ 車両長さが長め

寸法は大きく分けて2つになり、車両寸法と荷台寸法とに分けられます。

ボディの種類ですが、標準ボディ~ショートボディまで5種類あります。

ボディタイプによってそれぞれ大きさが変わります。

4tトラックの幅や高さ・長さの寸法

ボディタイプは運ぶ荷物によって違い、そのボディタイプによって4tトラックの大きさが変わります。

種類は5種類あり、詳しい寸法は以下の通りです。

・標準ボディ

車両寸法:全長7600㎜×全幅2200㎜×全高2680㎜
荷台寸法:長さ6200㎜×幅2130㎜×あおり高さ400㎜
 

・ロングボディ

車両寸法:全長8600㎜×全幅2200㎜×全高2680㎜
荷台寸法:長さ7200㎜×幅2130㎜×あおり高さ400㎜
 

・スーパーロングボディ

車両寸法:全長9600㎜×全幅2200㎜×全高2680㎜
荷台寸法:長さ8200㎜×幅2130㎜×あおり高さ400㎜
 

・ワイドボディ

車両寸法:全長8600㎜×全幅2490㎜×全高2680㎜
荷台寸法:長さ6200㎜×幅2340㎜×あおり高さ400㎜
 

・ショートボディ

車両寸法:全長6140㎜×全幅2170㎜×全高4350㎜
荷台寸法:長さ4350㎜×幅2040㎜×あおり高さ400㎜

 ※車両によっては細かいサイズが変わります。

4tトラックの荷台の寸法は?

4tトラックは運ぶ荷物でボディタイプが違い、荷台の大きさが変わります。

それはボディタイプで分類されています。

ボディタイプ別の荷台寸法はそれぞれ以下の通りです。

・標準ボディ

荷台寸法:長さ6200㎜×幅2130㎜×あおり高さ400㎜

・ロングボディ

荷台寸法:長さ7200㎜×幅2130㎜×あおり高さ400㎜

・スーパーロングボディ

荷台寸法:長さ8200㎜×幅2130㎜×あおり高さ400㎜

・ワイドボディ

荷台寸法:長さ6200㎜×幅2340㎜×あおり高さ400㎜

・ショートボディ

荷台寸法:長さ4350㎜×幅2040㎜×あおり高さ400㎜

※車両によっては細かいサイズが変わります。

4tトラックの積載量は?

4tトラックの荷台の部分に『最大積載量4000㎏』と表示されていますが、実際には荷物が4000㎏積めない場合が有ります。

積載量とは、トラックに積み込める荷物の重さの基準で、最大積載量とは、その荷物が積める最大値の事です。

配送する時は最大積載量以上の荷物を積むことは出来ません。

積んで配送してしまうと、法律で会社やドライバーが罰せられますので、十分に気を付けましょう。

最大積載量は条件によって変わってくる場合が有ります。

計算式が以下の通りです。

最大積載量=車両総重量-車両重量-乗車定員

※車両総重量や車両重量、乗車定員が変われば積載できる荷物の量(重さ)が変わってきます。

4tトラックの価格はいくら?

メーカーやボディタイプで値段は変わってきます。

ほぼ同じと考えてよいかと思います。

但し、トラックにユニック(クレーン)や保冷が付いた特殊車両は、その分価格が高くなります。

メーカー別の価格が以下の通りです。

・日野:約910万円~1200万円

・三菱:約900万円~1100万円

・いすゞ:約810万円~1200万円

トラックのグレードによっても違ってきますが、4tトラックの価格はどのボディタイプでも一般的に1000万円ぐらいだといわれています。

まとめ

まとめ

 4tトラックの大きさや寸法は、それぞれのボディタイプによって変わってきます。

積載量に関しても車両総重量や車両重量、乗車定員が変われば積載できる荷物の量(重さ)が違ってきますので注意しましょう。

価格自体もユニック・保冷・ミキサーなどの特殊車両を除けば約1000万円ぐらいです。

スポンサーリンク