トラック運転手は朝早い!?睡眠時間が少ないのは本当?

トラック運転手睡眠時間少ない

トラック運転手さんの睡眠時間のイメージはどのようなものですか?

少ないのか?多いのか?

それとも平均的な睡眠時間が確保できているのか?

これからトラック運転手を目指す人、もしくは今現在働いている人は、自分の睡眠時間がどうなのか?

睡眠時間は人それぞれですが、トラック運転手さん実際の睡眠時間についてお話したいと思います。

スポンサードリンク

トラック運転手は朝早いの?

早い人もいれば、遅い人もいます!

それには理由があります。

それはトラック運転手さんと言っても色々な働き方や、ルートあるからです。

朝早くから荷物を積んで運転する人もいれば、逆に夜中の間に走って朝方に帰ってくるような運転手さんもいます。

なので、朝早くから働いている運転手さんに関して言えば早いです。

私の親戚も一人運転手がいますが、夜中の三時くらいに起床するため、夕方くらいに会いにいくと、もう寝るからと言われることが多いです。

そのように朝早くから運転する人は早いです。

なので仕事内容にもよります。

トラック運転手の睡眠時間てどれくらい?

平均は約5時間くらいだそうです。

これが少なく感じるか、多く感じるか、普通か、捉え方は人それぞれですが、私は少ないと感じます。

人の平均睡眠時間が約6~7時間みたいなので、トラック運転手さんの睡眠時間は、他と比べても少ないようです。

少なくなる理由は様々ですが、主な原因は人手不足、運転ルートの混雑が多く挙げられています。

集配・宅配ドライバーの睡眠時間は少ない?

トラック運転手さんのなかでも比較的平均的な睡眠時間があるそうです。

理由は、運転する場所や道、時間に規則性があるからです。

最初は慣れないと時間がかかるかもしれませんが、慣れてくると近道を使ったり、混雑を避けるような働き方が出来るからです。

なので比較的に平均的な睡眠時間が取れています。

中距離ドライバーの睡眠時間は多い?

中距離運転手さんの睡眠時間は平均よりは少なめだそうです。

そもそも中距離運転手さんって?っと思う人もいるかもしれませんので簡単に説明します。

中距離運転手さんは簡単にいえば日帰りできる運転手さんの事です。

この日帰りというのが会社によって、物凄く拘束時間が長くなる人も出てきます。

当然人が多く、安定した会社だと日帰りでも早く帰れる環境で働いている人もいます。

しかし、今はどこも運転手不足が多いので、どうしても一人にかかる負担があるため睡眠時間が少なくなります。

長距離ドライバーの睡眠時間は少しだけ?

長距離運転手さんも少なめになります。

長距離運転手さんは日帰りではなく、何日かかけて運転することが多いです。

そして、長距離運転手さんの乗るトラックはかなり大きいものになります。

トラックが大きいため、駐車して睡眠をとる場所を探すのも一苦労です。

トラック運転手さんのためのサービスエリアというのがありますが、数としては少なめです。

そうなると広い場所、なおかつ駐車してもいい場所を探すだけでも大変です。

配達は終わったのに、トラックを停める場所を探す時間が長ければ長いほど睡眠時間が削られていきます。

なので、長距離運転手さんの睡眠時間も少なくなっています。

しっかりと寝れる運送会社に就職するには

運送業界は24時間常に稼働している業界です。

そんな運送業でしっかり仕事をこなすためには、十分な睡眠を取ることが何より大事かもしれません。

長時間運転は当然のこと、積み下ろし作業もあるので体力も必要です。

そうはいっても、労働時間が不規則なのでなかなか休憩が取りにくいのも事実。

そんな中、少しでも休憩時間がしっかり取れる運送会社を選びたいですよね。

自分で探すとなると、どの会社が良いのか見極めるのも大変ですし、ブラックな体質がまだまだ残る会社も残念ながら存在します。

個人で探すのが難しい場合はエージェントへ相談することをおすすめします。

>>リクルートエージェントはこちらから

労働時間や給料面での交渉までしてくれて、無料で利用することができます。

また、運送業界に強いのがリクルートエージェントです。

転職に不安がある人は是非活用してみてください。

\寝れる運送会社の相談はこちら/

公式サイトはこちらから>>

さいごに

あなたのお役に少しでも立てたでしょうか?

捉え方は人それぞれですが、運転が好き、大きいトラックに乗ってみたい、一人の時間が好きという人にはいいお仕事かもしれません。

どちらにしても、人材不足で困っている業界なので、今ものすごく働きやすい環境に変わってきています。

興味のある方は是非仕事として働いてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク