過積載の許容範囲や罰則について!荷主責任は問えるの?

トラックの過積載とは

荷物を積んで運ぶのがトラックの重要な役目ですが、その荷物の重量はトラックの車種によってあらかじめ設定されています。

大きなトラックになればなるほど積める荷物の量も増えますが、積載量をオーバーしてはいけないことになっています。

今回は、トラックの過積載とはなにか、許容範囲や罰則について詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

トラックの過積載とはなに?

過積載とは、トラック運転手が働く上で大きな問題となっています。

トラックやダンプトラックなどの貨物自動車の荷台部分にどれだけ荷物を積めるかというものになります。

また、道路運送車両法で定められた車両の最大積載量を超えて走行することはできません。

さらには、過積載を超えて走行したことにより事故が多発しています。

トラックの運転手不足も影響していることもあり、過積載になるケースが多発していますので、注意することが必要です。

場合によっては、厳しい処分をさせらることもあります。

この問題は運転手だけの問題ではありません。

雇主も理解している必要があります。

トラックの過積載の基準とは!許容範囲はあるの?

基準は、車両総重量ー(車両重量+乗車定員×55kg)となります。

車両総重量を超えることなく積載できる荷物が基準になります。

また、トラックの場合は、タイプによって異なりますので要注意になります。

小型と呼ばれる2トンから3トンは通常3トン未満と基準になっています。

中型の4から8トンは最大積載量が3から6.5トンになります。

大型の場合は、6.5トン以上となります。

ただ、車両総重量によって多少に変化がありますのでご容赦ください。

重大事故の原因にもなりますので、許容範囲はありません

安全な走行をするために定められています。

トラックの過積載は交通違反!?罰則は?

トラックなどに最大積載量を上回る大量の荷物を載せて走行することは違法行為になります。

重大事故にもなりますので、きちんと管理をすることが大切です。

6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金をはじめ、車両使用停止処分やそれより重い業務停止にもなる可能性もあります。

近年は、事故が多発していることもあり、事業停止になるケースが増加するなど非常に厳しい判決を下されています。

点数も引かれることになりますので、簡単に考えずきちんと確認しないとなりません。

特に点数は2から3点ほど引かれますので、場合によっては免停などになる可能性もあります。

また、超過積載量によっても点数や罰金金額が異なるケースもあります。

過積載は荷主の責任にできる?

簡単にいうと、運送業者・荷主・ドライバー全ての人が責任を問われることになります。

事情聴取など聞かれる可能性がでてきます。

特に、企業にとっては厳しく調査が入ります。

ドライバーなどの責任と思う方々も多くいますが、荷主にも責任が問われる時があります。

相場よりも安く発注すると何らかの圧力がかかっていると判断されるケースもありますので、必ずしも運ぶ人だけの責任ではありません。

最近の傾向として、配送業者に対して厳しく調査が入っています。

契約などの文面を提出するなど非常に手間です。

また、配送業者に過失があると判断された場合は、事業停止など非常に重たい処分を科せられます。

この場合、1発でアウトというケースが多いです。

さらには、一度発覚するとマークされるようになり定期的に調査や監査が入ることになりますのでとても面倒なことにもなります。

トラックの過積載の危険性

トラックの横転や死亡事故につながるケースが増加しています。

特に、巻き込み事故が多発しています。

横転したときに他の乗用車を押しつぶすなどの事故が多いです。

トラックは車両総重量が重いこともあり、簡単に車を押しつぶすことができてしまいます。

また、カーブなど曲がりきれないこともありますので非常に危険な行為にも繋がってしまうのです。

高重量なほどブレーキが効かなくなりますので要注意!

道路の走行状況によっては車体にかなりの負担を背負うことになりますので、エンストなど車のトラブルに繋がるケースにも十分な注意が必要です。

スポンサーリンク