ダンプ運転手はきつい?必要な資格や1日の仕事内容とは!

ダンプ運転手きつい?

ダンプ運転手とは、一体どういった仕事なのか気になる方も多いはず。

他の運送業種と比べてもダンプカーは大型であり、荷物を運ぶことではなく土砂を運ぶとイメージできます。

この仕事をやるには、必要な資格や条件も知って取得したいところ。

1日の仕事の流れも把握しておきたいですよね。

今回の記事では、ダンプ運転手に必要な資格や条件、1日の仕事内容について解説します。

ダンプカーを運転してみたい方や転職をしたい方、肉体的な仕事をやってみたい方などはこの記事をご参考ください。

ダンプ運転手の給料や年収、給料明細に関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

ダンプ運転手という職業をご存知の方も多いはず。 工事現場などでよく見かけ土砂を運ぶイメージが強いです。 このお仕事の給料や年収、給料...

スポンサードリンク

ダンプとは

そもそもダンプとは、土砂や砂石を指定された工事現場などの場所に運ぶ仕事のことです。

工事現場によく出入りを繰り返したりしますので、肉体的な仕事でもあると言えます。

ただし、トラックドライバーやトレーラードライバー、タンクローリードライバーと比べてみると、荷物を運ぶ作業が少ないためあまり身体に負担はかかりません。

ときには、長距離運転も行いますので運転スキルはある程度必要です。

ダンプ運転手に必要な資格や条件とは

ダンプ運転手になるためには、必要な資格や条件を多く持っておくと有利です。

必要な資格については、最低限として普通免許を取得しておくことです。

大半の企業では、大型免許で採用してくれるところが多いため、普通免許だけでなく大型免許も取得しましょう。

中型免許も持っておけばさらに良いです。

必要な条件については、運転スキルが重要です。

ダンプカーの運転は難しいため、運転スキルを身につけてからその仕事で働くことをおすすめします。

ダンプ運転手の1日の仕事内容とは

1日の仕事内容についてお伝えします。

基本は、土砂や砂石を積む積み場と土砂や砂石を積み降ろす捨て場が存在しており、積み場と捨て場の往復を繰り返しやります。

出勤時間は、その現場の仕事内容によって違います。

朝早く出勤することもあれば朝遅く出勤するときもあります。

労働時間は、朝は早いときもあれば遅くなるときもありますが、夜は21時過ぎまで働くということは少ないです。

トラックドライバーなど他の運送業種と比べて、夜は早く終わります。

ダンプ運転手はきつい?

常に運転で集中力を使ったり走行距離が長いため、運転スキルがないときつい仕事です。

確かに、長距離運転の仕事も珍しくないため運転スキルがない方にとっては、きつい仕事と感じやすいです。

あとは、仲間との連絡も頻繁にやるため、挨拶と言ったマナーも身につけておくのも重要でした。

ダンプ運転手を辞める理由とは

ダンプ運転手の仕事は、長く続けている方もいる一方、辞めてしまう方も多いです。

辞める理由として一番多いのが給料に関してのことです。

なぜなら、ダンプ運転手の給料は他の運送業種と比べてみると一番安く、仕事内容も大変であるからです。

ここ最近では、給料が上がらないと呟いている方も見受けられましたので、大金を稼ぎたい方には向いていません。

他にも、運転に自信がなく辞めた方もいれば仲間との連絡の取り合いが苦手で辞めた方もいます。

ダンプ運転手は女性でもなれる?

女性の方でもなれます。

なぜなら、ダンプ運転手の人材不足の問題が出ているため、人材不足の問題を解消しようと男性だけでなく女性も採用しようとどこの企業もその方針でやっています。

女性の方がダンプ運転手になるときは、運転スキルを身につけて普通免許や中型免許、大型免許も取得して採用される確率をアップしましょう。

そうすれば、女性の方でも問題なくその仕事で働けます。

スポンサーリンク