トレーラー運転手はきつい?必要な資格や1日の仕事内容とは!

トレーラー運転手きつい?

トレーラー運転手の仕事をやってみたい方も多いはず。

この仕事の業務内容はきついのか、必要な資格や1日の仕事内容の流れも気になるところ。

他の運送業種でも言えることですが、多くの種類の免許が必要になってくるのがトレーラー運転手です。

今回の記事では、トレーラー運転手はきついのかについてと、必要な資格や1日の仕事内容の流れなどについて解説します。

トレーラーを運転してみたい方や仕事探しで迷っている方は、この記事をご参考ください。

トレーラー運転手の年収や給料明細に関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

トレーラー運転手の仕事は、どれくらいまで稼げるのか気になる方も多いはず。 給料や年収、給料明細が気になります。 運送業種の中では、ト...

スポンサードリンク

トレーラーとは

トレーラーとは、トラックと似ているところがありますが違いとしては牽引して運ぶかの違いです。

トラックの場合、牽引する必要がなくトレーラーの場合は牽引して運送を行う仕組みです。

長距離運転で走ることもあれば、短距離や中距離を任されることも少なくありません。

実際に中距離の仕事を任されていましたが、それでも苦と感じることなく長く続けられました。

肉体的に負担のくる積み込み作業も行いますので、運動が得意な方であればスムーズに働けます。

トレーラー運転手に必要な資格や条件とは

トレーラー運転手になるためには、必要な資格や条件に満たしていることが重要です。

まず必要な資格は、最低限として普通免許。

大型免許と中型免許、トレーラー運転手なら取得しておくべき牽引免許がさらにあると採用されやすいです。

必要な条件については、大型車を長距離運転できるほどのスキルがあると採用されやすいでしょう。

トレーラー運転手の1日の仕事内容とは

1日の仕事内容について見ていきます。

トレーラー運転手の場合は、長距離運転を任されることが多いです。

そのため、日帰りでいける場所まで運送する機会はあまりなく日付をまたいでの長距離運転もあります。

夜間に、高速を使うときもありますので運転スキルがないと難しいです。

長距離運転が多いですが、その他にも運送先まで運ぶ荷物の積み込み作業も行います。

荷物の積み込み作業は、肉体的に負担がきやすい作業ですので、運動が得意であるようにしましょう。

トレーラー運転手はきつい?

運転スキルがなかったり運動が得意でないときついです。

トラックドライバーやタンクローリードライバー、ダンプドライバーなど他の運送業種でも言えることですが、運転スキルを身に付けるのと運動も得意にすることが重要です。

特に、積み込み作業では腕をよく使いますので事前準備として筋トレもしておくと良いです。

私自身も積み込み作業で苦労しないようにと筋トレで鍛えていました。

あなたはトレーラー運転手に向いてる?

トレーラー運転手には向き不向きがあります。

向いていないと絶対に長続きはしません

向き不向きが分かる性格診断テストはこちらから簡単に受けれます。

トレーラー運転手を目指すなら一度は受けましょう!

🔗自分がトレーラー運転手に向いているかチェックしてみる

トレーラー運転手を辞める理由とは

辞める理由として一番多かったのが、労働時間でした。

他の運送業種と比べても労働時間は多いです。

なぜ労働時間が多いのかと言うと、日付をまたいでの長距離運転の仕事が多いからです。

そのため、毎日家に帰宅する方は半分かもしくは少数でしょう。

労働時間も多いため、応募ページや求人サイトや求人アプリなどでどれほどの労働時間なのかしっかり確認した上で申し込むことです。

トレーラー運転手は女性でもなれる?

女性の方でも充分になれます。

なぜなら、近年男性で働く方が減少してきた影響で人材確保が難しくなってしまいました。

ですので、人材不足を解消しようと男性だけでなく女性も採用しようという動きが広まっています。

今後もさらに、女性を多く採用していく方針です。

トレーラー運転手の求人募集や転職のコツ

リクルートエージェントアドバイザー

トレーラー運転手は非常に人気が高く需要のあるドライバー職です。

人手不足が続く運送業界では転職するには絶好のチャンスと言えます。
そしてどうせ就職するなら給料が高くて休みの多い会社がいいですよね。

でもそんな会社どうやって見つけるの?

答えは超簡単です。

転職エージェントに「◯◯市で給料が高くて休みの多い運送会社を探して下さい」と伝えればオッケーです。

さらに「手取りは35万以上で」「週休二日制の会社で」など細かな条件でも探してもらえます。

さらに面接に行かなくてもアドバイザーがあなたに変わって給料や労働時間などの確認や交渉をしてくれます。
いちいち自分で面接に行って聞きにくいお金の話や希望する条件を聞いて回らなくてもすみます。
つまり希望する条件をお互いに確認し合っている状態で面接を迎えれるわけです。

会社もエージェントの手前、嘘はつけません。
ブラック企業の多い運送業界で非常にありがたいサービスです。

ではどこのエージェントがいいの?

運送業界に強いエージェントは「リクルートエージェント」です。

求人数も日本一なのであなたの希望する会社がある可能性が最も高いエージェントです。

自分の希望する会社や条件の合うドライバー職を見つけてくださいね。

登録は簡単で料金も一切かかりません。

>>トレーラー運転手の無料相談はこちらからどうぞ

もちろん絶対に転職しないといけないわけではありません。

情報収集にお役立てください。