ユニック車の運転手は稼げる?最高月収や評判を暴露!

ユニック車は稼げるのか

特殊車両にもさまざまな種類がありますが、ユニック車がどんな車両か知っている人はどれくらいいるでしょうか?

今回の記事では、ユニック車の運転手は稼げるのか、給料や年収、給料明細などについてお話していきます。

スポンサードリンク

ユニック車の運転手の給料や年収はいくら?

まずユニック車とはクレーンのついたトラックのことです。

ユニック車の「ユニック」とは古河ユニック株式会社の商標登録です。

市場でのシェアが高いことから広く浸透していますが、正式名称積載型トラッククレーンです。

ユニック車にも2トン車や4トン車などの普通免許や、中型免許で乗れる車両や、それ以上の大型免許で乗れる車輌など様々な車両があります。

ユニック車での平均的な年収や給料などは、普通免許や中型免許での場合月収25から40万円前後です。

大型車両の場合は、35から50万円前後の会社が多いようです。

ユニック車の運転手の最高月収はどれくらい?

一番多い月収では、だいたい大型のユニック車運転手で60万円ほどでした。

残業や勤続年数にもよると思いますが、運転手としてはいい方ではないかと思います。

ユニック車の運転手の給料明細は

4トンユニック車での総額になります。

◎基本給    270,000 

◎残業代   平均30,000

◎住宅手当    10,000

◎皆勤手当    5,000

◎総額      315,000 

ちなみにですが、隔週土曜日と日曜日は休日になります。

残業などは仕事の内容によって前後すると思います。

移動式クレーンや玉掛けの資格手当などは基本給に入っています。

ユニック車の運転手の年間休日について

私の場合は年間休日、年末年始、夏期それに日曜日、隔週土曜日ですが、配達先の事情によってかわってくる事があります。

もちろん有給もあります。

夏季休暇や年末年始など、配達先が休みならばそれに合わせて休みになる場合がある為、その行く先々で休日の日数は変わってくる事が多々あります。

平均して100日程はあると思います。

ユニック車の運転手の評判とは

まずは移動式クレーンや玉掛けなどの資格保持者でない場合は、会社が資格取得などの援助をしてくれる事が多いと思います。

玉掛けの資格は荷物をクレーンなどで吊り上げ作業を行うときに必要になります。

この場合ユニック車での作業以外でも使える資格になります。

つぶしが利く資格ですので持っていても損はありません。

ユニック車の運転手の場合は、運転での移動もそうですが現場での荷物の積み降ろし作業も主な仕事になってきます。

現場には、その現場の荷降ろしや積みこみをしてくれるフォークマンがいたり、職人さんなどがいたりします。

その方々とコミュニケーションを取りながら作業をしていくのは、普通のドライバーにはない仕事内容だと思います。

ユニック車は、車両に付いているクレーンで荷降ろしや積み込みをする為、手降ろし出来ないまとまった荷物や重い荷物の積み込みが多くなります。

なので、普段なら手で降ろさなければいけない場合でも、クレーンで楽に降ろせるというメリットがあります。

荷崩れさせないように、荷物を積んでいく技術やクレーン操作などのバランスの取り方などは初めのうちは慣れないと思います。

ですが、経験を積んで思うように積み込みが出来るようになれば、年齢を重ねていてもそこまでの力仕事ではないので、長く続けていけることかと思います。

スポンサーリンク