ユニック車の吊り上げ荷重は?メーカーや特徴について

ユニック車の種類

ユニック車はどんな特徴の車か知っていますか?

今回はユニック車の吊り上げ荷重やメーカー、そしてユニック車の特徴などについても解説していきます。

スポンサードリンク

ユニック車とは

ユニック車とは、正式名称「積載型トラッククレーン」のことで、平ボディーの車両にクレーンが付いている移動式クレーンのことです。

ユニック車の「ユニック」とは、古河ユニックの積載型トラッククレーンの商標登録ですが。

一般的に「ユニック車」=「積載型トラッククレーン」という感じになっています。

ユニック車の吊り上げ荷重/2t.4t.10t

吊り上げ荷重は、3t未満のものがほとんどです。

3tを超えるクレーンの場合、クレーン等安全規則が厳しくなるので3t未満のクレーンが主流になります。

2t.4t.10.ユニック車もクレーン自体の吊り上げ荷重は3t未満が一般的になってきます。

ユニック車の運転で注意するべきポイント

ユニック車の場合だけではなく、トラックの場合は普通車よりも車高がたかいため高さの注意が必要になります。荷物を運ぶ場合や積み込みでも、あまり高く積み込みを行ったり、背のたかい荷物を積んだときなど、高さがどのくらいあるのかを把握しておかなければ高さ制限などがある道など幹線道路いがいは制限がある道が多々あります。

行きは通れた道も、現場で荷物をつんだら通れないなんてことにはならないようにしましょう。

運送の場合、よくあることなのですが荷物の積載重量にも注意しないといけません、倉庫から現場などへの運送はまだいいのですが、現場での積み込みの場合は積載重量がそのトラックの積載重量を超えることがあります。

これは現場では総重量をなかなか把握しづらいなどの問題があるためです。

過積載は道路交通法違反や事故の原因にもつながる大変なことです、適正な積載重量を守って運送しましょう。

あとはユニック車の場合はクレーンが付いているので、クレーンを荷台方向に固定できれば問題ないのですが、荷物を積んでいる場合に荷台方向にクレーンを固定できない場合があります。

そうなるとクレーンを前方ほうこうの固定になるためトラックのキャビンよりも前にクレーンの先端がくることになりますから、前方の間隔に注意しなければならなくなります。

それと他のトラックにないものとして、ユニック車にはアウトリガーが付いているので、しまい忘れなどは事故の原因などになり大変危険です。

ユニック車の運転のコツとは?

注意すべきポイントでも出したように、高さの把握は大事なことです。

運連のコツではないですが、クレーンやアウトリガーなどがしっかりと、しまえているかの確認も運転前に重要なことです。

背のたかい重量物などは急カーブなどで横転の可能性があるので、慎重に運転しましょう。

何よりも「安全運転」がいちばんの運転のコツだと思います。

ユニック車のメーカーはどこ?

ユニック車のクレーンメーカーには「古川ユニック」と「タダノ」のメーカーが主に有名だと思います。

それぞれクレーンの色やリモコンの仕様が異なり、ユニックの場合はクレーンやアウトリガーが赤い塗装で塗られています。

タダノの場合は青い塗装で塗られています。

tユニックに必要な免許とは

4tユニック車の場合、これから普通自動車運転免許の取得をかんがえている人は重量の制限があるため中型運転免許や、大型運転免許の取得が必要になります。

免許制度の変更があり、平成16年6月1日までに免許を取得した人は車両総重量8t未満まで運転できるので、4tユニック車のだいたいの総重量が7,990㌔程ですからそのまま運転が可能になります。

平成23年3月12日から運転免許が細分化され、普通免許・準中型・中型・大型免許と分かれています。

それぞれ積載重量や車両総重量によって必要な免許がかわってっきますので、乗るユニック車にあった免許が必用になります。

4tユニック車には中型免許以上が必用です。

クレーンの操作関係では移動式クレーン免許と玉掛けの資格が必用です。

以上3点があれば4tユニック車の運転作業はできることになります。