中距離ドライバーになると後悔だらけ?辞めたい理由とは?

中距離ドライバー後悔だらけ

中距離ドライバーをしていてよく聞かれるのが、『中距離ドライバーって大変なの?』ということです。

ドライバーの仕事は一応、肉体労働なのでそれなりに大変です。

しかし、そんな仕事ばかりではないのも事実です。

パレットの上に乗っている荷物を降ろすだけの仕事、カゴ車、カート車の中にある荷物を降ろす仕事などなど。

それでは、なにが理由で辞めたくなるのでしょうか?

今回は、中距離ドライバーになると後悔だらけなのか?辞めたくなってしまう理由などについて書いていこうと思います。

最後まで読んで参考にしてください。

※中距離ドライバーへの転職や給料、勤務時間、勤務地の相談はこちらのエージェントが最適です。

登録は簡単で一切料金はかかりません。
アドバイザーがあなたの希望する会社を探してくれます。
登録しても絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

>>中距離ドライバーへの転職の相談はこちらからどうぞ

スポンサードリンク

中距離ドライバーはやめたほうがいい?

中距離ドライバーは「どんな荷物を配達するのか」で全てが決まります。

ようは、荷降ろし場(センター)での待機時間がどれほどかあるのか?

手降ろし作業が多いのか?

前日から降ろし場(センター)で待機する内容の仕事なのか?

などなど、色んな種類があります。

こういった仕事の内容が性格的、肉体的に合わない人は向いていないと思います。

決まったルートの配達ばかりならいいですが、毎日がランダムで変わる内容の仕事もあります。

すべては、持っていく荷物次第です。

中距離ドライバーで後悔する理由とは

中距離ドライバーは、多くの人が抱いているイメージよりも動き回ります。

例えば大型自動車なのに何回戦も積み荷場を往復したりとか、中型車であればその作業+手降ろし作業になったりだとか、殆どの場合は意外と重労働です。

体力に自信がなくて、それが大変だ!といった感じになるかもしれませんね。

基本的には、その日のうちに家に帰れる場合がほとんどですが、物流の世界はセンター運営が主流になってきています。

『明日は朝6時に○○のセンターに荷物を降ろしてきてほしい』という内容の仕事であれば、場所によってはその日のうちに向かわなくていけない場合があります。

車中泊もしくは深夜からの出発ですね。

移動距離に限らず、こういったケースもあるのでイメージよりも中距離ドライバーは大変です。

中距離ドライバーを辞めていく最大の理由とは

やはり、どの業界にも言える事ですが「お金」です。

そんなに給料が安いのか?と言えばもっと少ない業種もあるので何ともいえませんが「肉体労働の対価に見合っていない」に尽きるかと思います。

例えば、大型で中距離を走るなら、長距離を走ったほうが給料は高いですよね?

中型なら手降ろし作業が多くて肉体的にしんどいですよね?

言ってみれば中距離は中途半端なんです。

だったら「長距離を走るよ」「近場で配達するよ」などと、別に選択が中距離じゃなくても…といった感じで別のジャンルに移動する人も多いです。

私自身も中距離から近場に移りました。

その時の心境をいうと「労働時間が長かったから」です。

結局はその日のうちに家に帰れるだけで、夜が遅く朝が早かったからですね。

だったら近場で配達した方がいいと考えるようになりました。

中距離ドライバーの転職を成功させるコツとは

その会社がどんな荷物を、どのようにして配達するのかをよくチェクした方がいいと思います。

休みの日数も大切ですし、給料も大切でしょうが、一番大切な事は自分の体力でいかに長く働き続けられるかどうかではないでしょうか?

女性のドライバーさんも、ここ最近では増えていますので肉体的にキツイだけの仕事ばかりではありません。

よく仕事内容を確認すれば自分にあった仕事が見つかると思います。

失敗しない中距離ドライバーへの求人募集や転職のコツ

リクルートエージェントアドバイザー

中距離ドライバーは非常に人気が高く需要のあるドライバー職です。

人手不足が続く運送業界では転職するには絶好のチャンスと言えます。
そしてどうせ就職するなら給料が高くて休みの多い会社がいいですよね。

でもそんな会社どうやって見つけるの?

答えは超簡単です。

転職エージェントに「◯◯市で給料が高くて休みの多い運送会社を探して下さい」と伝えればオッケーです。

さらに「手取りは35万以上で」「週休二日制の会社で」など細かな条件でも探してもらえます。

さらに面接に行かなくてもアドバイザーがあなたに変わって給料や労働時間などの確認や交渉をしてくれます。
いちいち自分で面接に行って聞きにくいお金の話や希望する条件を聞いて回らなくてもすみます。
つまり希望する条件をお互いに確認し合っている状態で面接を迎えれるわけです。

会社もエージェントの手前、嘘はつけません。
ブラック企業の多い運送業界で非常にありがたいサービスです。

ではどこのエージェントがいいの?

運送業界に強いエージェントは「リクルートエージェント」です。

求人数も日本一なのであなたの希望する会社がある可能性が最も高いエージェントです。

自分の希望する会社や条件の合うドライバー職を見つけてくださいね。

登録は簡単で料金も一切かかりません。

>>中距離ドライバーの無料相談はこちらからどうぞ

もちろん絶対に転職しないといけないわけではありません。

情報収集にお役立てください。

まとめ

まとめ

中距離ドライバーはイメージより動き回ります。

長距離のように2~3か所で荷物を降ろして、帰りの戻しの荷物を積んで終わるような事は殆どないでしょう。

しかし、メリットはその日のうちに自宅に帰れるという事です。

肉体的にキツくなりがちな中型車でも、自宅に帰れます。

その分、給料は少なくなるかもしれませんが、プライベートを充実しやすいとも言えます。

どんな荷物を扱う会社に入るかによって左右さるかもしれませんが、自分にあった仕事をみつけるまでが仕事だと思ったほうがいいかもしれませんね。