トラック運転手は定年後に何をしているの?

長距離トラック運転手のイッシーです。

僕が新人だった頃の先輩ドライバーが次々に定年を迎えられています。

その後の人生はそれぞれのようです。

今回は定年を迎えたトラック運転手は何をしているのか?

について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

トラック運転手の定年後とは!

若い時から大変お世話になった先輩ドライバーが毎年のように定年を迎えていきます。

大きな事故もなく定年を迎えられた事を後輩として本当に喜ばしく思います。

さて僕の会社では60歳で定年です。

会社によっては65歳の所があったり、定年制を引いていない会社もあるようです。

ここでは数人の先輩の定年後を書いてみます。

定年後も契約社員で走り続ける!

あくまで僕の会社での話ですが、僕の会社ではほとんどの先輩が60歳ではドライバーを辞めていません

一年更新の契約社員としてドライバーを続けられています。

正直、最近の60歳ってまだまだ若いんですよね。

会社もそれなりの楽な仕事を与えてくれ休みも多いです。

だいたい平均して65歳くらいまで現役のドライバーとして活躍されています。

長距離をやめて地場の仕事をしている

そんな元気な先輩ですが、中には長距離をやめて比較的に昼間の仕事で近距離(地場)の仕事をされる方もいます。

理由は長時間の運転がキツイ、毎日家に帰りたいとのことです。

ホーム作業のアルバイト

定年を迎えて仕事は辞めたけど、1日、4時間ほどホーム作業のアルバイトをしている方もいます。

ホーム作業とは集荷した荷物の振り分け作業などです。

長年お世話になってきたお客さん(荷主)にお願いして直で雇ってもらってます。

さすが顔だなと思いますね。

昼間のんびりして、忙しくなる夕方だけ週に 3、4回ほど出勤されてるようです

実家に帰って隠居生活

田舎から出てきた先輩で田舎に帰りのんびりと過ごされている方もいます。
 
バリバリ長距離に乗っていた先輩ですが、60歳できっちりと定年されました。

遊びに来いと誘われていますが、本当に羨ましいですね。

スポンサーリンク

さいごに

今回は定年を迎えたドライバーは何をしているのか?

という話を書いてみました。

僕の先輩の一部を紹介しましたが、60歳で定年を迎えてもまだまだ働いている方がほとんどです。

大手の運送会社でも嘱託で会社に残られる方が多いです。

僕も無事故で定年を迎えたいものです^ ^

スポンサーリンク